2006年世界ジュニアバドミントン選手権大会
(韓国 仁川市 2006/11/2-11/11)

1日目
10月26日〜31日までの韓日交流戦が終わり、いよいよ世界ジュニアバドミントン
選手権大会が始まった。選手達はケガ人もなく体調が万全である。2日〜5日が
国別対抗戦、6〜10日が個人戦が行われる。今日は国別対抗の予選リーグ2試合
が行われ、カナダに5−0、南アフリカにも5−0で快勝し、リーグ2位以内が
確定した。明日は予選リーグの強敵デンマークと対戦する。互角の勝負になると
思うのでチーム一丸となって頑張ります。(コーチ:明神 憲一)
2日目
大会2日目、予選リーグと決勝トーナメント準々決勝が行われた。
対デンマーク戦は予想通り白熱した試合になり、3時間を越えた。混合複は相手
のスピードに圧倒され手も足も出ず完敗。続く藤井は鋭いカットに苦しめられた
が勝ち、チームに勢いをつけた。続くアジアチャンピオン田児は速いスマッシュ
にミスを連発、しかし後半うまく対応しファイナルの末勝った。
王手をかけての男子複は長身からのスマッシュとタッチの速いドライブに苦戦し
たが相手のミスに助けられ勝ちチームの勝利を決めた。
対マレーシア戦は接戦をものにできず敗れた。
明日、5位〜8位決定戦を戦う。(コーチ:明神 憲一)
3日目
大会3日目、決勝トーナメント順位決定戦が行われ、日本チームは5位〜8位決定戦
に出場した。選手は昨日の負けをバネに全力でプレーをし、インドを3−1で破り、
5位か6位が確定した。
明日はシンガポールと5位決定戦を行う。頑張ります。(コーチ:明神 憲一)
4日目
大会4日目、決勝トーナメント決勝、順位決定戦が行われた。
第一試合混合複上田・樽野は肝心な所で噛み合わずミスを連発し敗れた。
続く田児は持ち前のタッチの速さで相手の動きを封じ込め勝利した。
藤井は長いラリーを我慢できず接戦を落とした。王手をかけられた田児・上田ペアは
終始リードし安定した試合運びで勝ち、2対2となった。
最終試合藤井・垣岩は相手ペアのタッチの速さに苦戦したが強打でポイントを重ね勝ち。
トータル3対2でシンガポールを下し5位が確定した。
明日から個人戦が始まりますが頑張ります。(コーチ:明神 憲一)
5日目
大会5日目、混合ダブルス、男女シングルス1,2回戦が行われた。
混合ダブルスでは佐々木・打田ペアが香港のシードペアを下した。
女子シングルスの奥は中国選手に2ゲーム目15点まで競り合うが最後は
ミスを連発し敗れた。
本日2回戦の勝者はベスト32が確定している。
明日は男女ダブルス1,2回戦と男女シングルス3回戦が行われる。
   (コーチ:明神 憲一)
6日目
大会6日目、個人戦、男女ダブルス1,2回戦、混合ダブルス、男女シングルス3回戦が
行われた。本日の結果ベスト16に男子単.田児、松川、同複.佐々木・上田組、
松川・井谷組、女子単.藤井、樽野、同複.藤井・垣岩組、混合複.佐々木・打田組が
勝ち残った。
女子単3回戦樽野は強敵シンガポール選手に1ゲーム目一進一退の攻防で18点まで
競り合ったが相手が疲れたところを樽野が絶妙な配球でポイントを重ね1ゲーム目を
取った。2ゲーム目相手が疲れたところでポイントを重ねたが中盤ミスを連発し逆転で
負けた。ファイナルゲーム相手がスピードを上げてきたが樽野がうまく対応し相手の息を
上がらせ動きを止め12本で勝利した。アジア王者田児は順当に勝ちあがった。
   (コーチ:明神 憲一)
7日目
大会7日目、混合複、男女シングルス4回戦、男女ダブルス3回戦が行われた。
ベスト8に男子単.田児、松川、女子複.藤井・垣岩組、男子複.松川・井谷組が残った。
女子単藤井は中国選手にファイナルゲームまで持ち込んだが18対16とリード
しながら逆転負け。男子単松川は長身のタイ選手に1ゲーム目攻撃が面白いように決まり
1ゲーム目を取った。2ゲーム目相手のペースでゲームが流れたが終盤相手が疲れた
ところを攻め逆転で勝った。田児はミスが目立ち点数を取られたが危なげなく勝った。
準々決勝は中国選手と対戦する。明日は全種目準々決勝が行われる。
   (コーチ:明神 憲一)
8日目
大会8日目、各種目準々決勝が行われた。
男子単田児は1ゲーム目相手のラウンドからのスマッシュをディフェンスできずリードを
ゆるす。終盤リズムを掴み反撃するも届かず。2ゲーム目は田児の得意のネットプレーで
チャンスを作りポイントを重ね前半リードで折り返した。後半14-17とリードを許すが
そこから我慢し20-18とゲームポイントを握ったが決め急ぎ20オールとなった。最後は長い
ラリーをスマッシュで決めファイナルに持ち込んだ。ファイナルは田児ペースで試合が進ん
だが中盤疲れが見えた所を相手に攻め込まれ14-21で敗れた。田児は「緊張しすぎて
1ゲーム目の入りがすべてだった」と話していた。その他日本人選手も敗れ、日本人選手は
全日程終了した。 (コーチ:明神 憲一)
団体 グループX2
日   本
 
カ ナ ダ
XD
佐々木  啓
樽 野 恵
21- 8
21- 8
FULTZ, BEN
DESJARDINS, GEORGIA
GS
奥 幸 那
21- 5
21-13
MAN, ALICE
BS
田 児 賢 一
21-17
21- 8
SNIDER, DAVID
GD
藤 井 瑞 希
垣 岩 令 佳
21-10
21- 6
DESJARDINS, GEORGIA
CHEUNG, CARA
BD
佐々木  啓
上 田 拓 馬
21- 9
21-10
CHEONG, ANDREW
ROGERS, JOSEPH
日   本
 
南アフリカ
XD
佐々木  啓
樽 野 恵
21- 7
21-13
BROWN, ROWEN
FRY, JENNIFERA
GS
藤 井 瑞 希
21- 2
21- 5
JOHNSON, SHERILEE
BS
和 田 周
21- 5
21-10
ABRAHAMS, ROBERT
BD
松 川 直 弘
井 谷 和 弥
21-10
21- 2
ABRAHAMS, ROBERT
BROWN, ROWEN
GD
樽 野 恵
打 田 しづか
21- 5
21- 5
JOHNSON, SHERILEE
FRY, JENNIFER
日   本
 
デンマーク
XD
佐々木  啓
樽 野 恵
15-21
11-21
KRUSE,LINE
PIELER KOLDING, MADS
GS
藤 井 瑞 希
21-13
21-12
KARINA,JORGENSEN
BS
田 児 賢 一
21-12
19-21
21-18
CONRADS,MADS
BD
佐々木  啓
上 田 拓 馬
21-17
9-21
21-16
SKOVGAARD,CHRISTIAN
LARSEN, CHRISTIAN
GD
藤 井 瑞 希
垣 岩 令 佳
21-14
21-15
THORBERG,MARIA
KRUSE, LINE
団体 決勝トーナメント 準々決勝
日   本
 
マレーシア
BS
田 児 賢 一
20-22
18-21
ABDUL LATIF,MOHD ARIF
GS
樽 野 恵
13-21
21-18
15-21
CHEAH,LYDIA, LI YA
GD
藤 井 瑞 希
垣 岩 令 佳
21-12
21-17
WOON,KHE WEI
GOH, LIU YING
BD
佐々木  啓
上 田 拓 馬
14-21
16-21
LIM,KHIM WAH
MAK, HEE CHUN
XD
田 児 賢 一
藤 井 瑞 希
 
 
 
TAN,WEE KIONG
WOON, KHE WEI
団体 決勝トーナメント 5〜8位決定戦
日   本
 
イ ン ド
XD
上 田 拓 馬
樽 野 恵
21-11
21-15
PONAPPA,ASHWINI
TARUN
BS
田 児 賢 一
21-10
21-10
NANDALURI,SRUJAN
GS
奥 幸 那
9-21
13-21
NEHWAL,SAINA
BD
松 川 直 弘
井 谷 和 弥
26-24
21-16
SANYAL,JISHNU
DEWALKER, AKSHAY
GD
藤 井 瑞 希
垣 岩 令 佳
 
 
 
SOSALE,NITYA
PONAPPA, ASHWINI
日   本
 
シンガポール
XD
上 田 拓 馬
樽 野 恵
18-21
16-21
TANG, YEW LOONG JOHNATHAN
SARI, SHINTA MULIA
BS
田 児 賢 一
21-15
22-20
WONG, ZI LIANG DEREK
GS
藤 井 瑞 希
13-21
25-27
XING, AIYING
BD
田 児 賢 一
上 田 拓 馬
21-15
21-11
YEO, ZHAO JIANG TERRY
THNG, BOON SEONG
GD
藤 井 瑞 希
垣 岩 令 佳
21-18
21-12
SARI, SHINTA MULIA
SITI, NOR ASHIKIN
男子シングルス
1回戦
上 田 拓 馬
21- 9
21-11
LARSEN, Christian
(デンマーク)
和 田 周
17-21
10-21
SAENSOMBOONSUK
(タイ)
2回戦
田 児 賢 一
21- 6
21- 8
BURLAKA, Artur
(ウクライナ)
上 田 拓 馬
21-16
21- 9
DUONG, Phuong Nam
(ベトナム)
松 川 直 弘
18-21
21-18
21-17
RDUCH, Sebastian
(ドイツ)
3回戦
田 児 賢 一
21-17
21-16
VILAILAK, Pakkawat
(タイ)
上 田 拓 馬
11-21
21-17
14-21
ABDUL LATIF
(マレーシア)
松 川 直 弘
21-19
17-21
21-15
ULLDAHL, Gabriel
(スウェーデン)
4回戦
田 児 賢 一
21-10
21-19
NANDALURI, Srujan
(インド)
松 川 直 弘
21-13
21-19
SAENSOMBOONSUK
(タイ)
準々決勝
田 児 賢 一
16-21
22-20
14-21
ZHOU, Wenlong
(中国)
松 川 直 弘
9-21
11-21
SUGIARTO, Tommy
(インドネシア)
男子ダブルス
1回戦
井 谷 和 弥
松 川 直 弘
21-10
21-11
SNIDER, David
FULTZ, Ben
(カナダ)
2回戦
佐々木  啓
上 田 拓 馬
21-17
21-12
TAM, Henry
DENNERLY-MINTURN
(ニュージーランド)
井 谷 和 弥
松 川 直 弘
21-10
21-15
LAU, Chi Yin
CAI, Kelvin Lun
(香港チャイナ)
3回戦
佐々木  啓
上 田 拓 馬
21-14
15-21
19-21
CHEN, Ping Min
HSIAO, Hsiang Chun
(チャイニーズタイペイ)
井 谷 和 弥
松 川 直 弘
21-18
16-21
21-16
KURNIAWAN, Fernando
(CJ), Subakti
(インドネシア)
準々決勝
井 谷 和 弥
松 川 直 弘
15-21
11-21
LIU, Xialong
LI, Tian
(中国)
女子シングルス
1回戦
藤 井 瑞 希
21-12
19-21
21-11
HALD JENSEN, Anne
(デンマーク)
玉 木 絵里子
21-14
21-16
PANAPPA, Ashwini
(インド)
2回戦
奥 幸 那
8-21
16-21
HAN, Li
(中国)
藤 井 瑞 希
21-15
21- 6
LUDIKOVA, Kristina
(チェコ)
樽 野 恵
21-13
21- 8
BARNING, Samantha
(オランダ)
玉 木 絵里子
21-12
21-14
EPICE, Ezgi
(トルコ)
3回戦
藤 井 瑞 希
21- 9
21- 8
TEE, Jing Yi
(マレーシア)
樽 野 恵
21-18
17-21
21-12
XING, Aiying
(シンガポール)
玉 木 絵里子
18-21
15-21
CHENG, Wen
(中国)
4回戦
藤 井 瑞 希
19-21
21-11
18-21
LIU, Jie
(中国)
樽 野 恵
21-16
11-21
6-21
CHENG, Wen
(中国)
女子ダブルス
1回戦
藤 井 瑞 希
垣 岩 令 佳
21- 3
21- 7
LEE, Wing Ki,joyce
LAO, Meiha
(マカオ)
2回戦
樽 野 恵
打 田 しづか
11-21
9-21
MA, Jin
WANG, Xiaoli
(中国)
藤 井 瑞 希
垣 岩 令 佳
21- 2
21- 9
TUNG, Han Chun
HUNG, Shih Han
(チャイニーズタイペイ)
3回戦
藤 井 瑞 希
垣 岩 令 佳
21- 8
21-10
WHITE, Gabriela
AGATHANGELOU
(イングランド)
準々決勝
藤 井 瑞 希
垣 岩 令 佳
17-21
18-21
WANG, Si Yun
LIAO, Jingmei
(中国)
混合ダブルス
1回戦
和 田 周
玉 木 絵里子
18-21
17-21
LEE, Tai An
HSIAO, Hsiang Chun
(チャイニーズタイペイ)
2回戦
佐々木  啓
打 田 しづか
21-16
21- 6
WONG, Shu Ki
CHAN, Tsz Ka
(香港チャイナ)
井 谷 和 弥
垣 岩 令 佳
17-21
17-21
BARNING, Samantha
OEY, Lester
(オランダ)
3回戦
佐々木  啓
打 田 しづか
21-14
21-10
YEO
SITI, Noor Ashikin
(シンガポール)
4回戦
佐々木  啓
打 田 しづか
6-21
8-21
LEE, Yong Dae
YOO, Hyun Young
(韓国)
  平成18年度 韓・日高校生バドミントン交流競技会
及び
2006年世界ジュニアバドミントン選手権大会
への選手団派遣について


このことにつきまして、次の通りですので、よろしく、ご支援の程、お願い申し上げます。

                                    記
1.派遣日程  
  10月26日  18:45  東 京 発  NW007便
     28日
      ↓   韓日交流競技会        = 仁川市 =
     30日
  11月 2日
      ↓   世界ジュニア選手権大会    = 仁川市 =
     11日
        12日    13:30  東 京 着  NW008便
  (*印の選手役員は韓日交流競技会のみ。10/31 NW008便にて帰国)

2.派遣役員
   監   督  清 水  文 武     福 岡 県     本会ジュニア強化部部員
   コ ー チ  朴   星 宇     広 島 県     同
   同        明 神  憲 一     福 岡 県     同
   同       *谷 田  尚 嗣     大 阪 府     同
   選   手  松 川  直 弘     福 井 県     県立勝山高等学校3年
   同     井 谷  和 弥     大 阪 府     柏原高等学校3年
   同      上 田  拓 馬   埼 玉 県     埼玉栄高等学校3年
   同     佐々木  啓   同      同      3年
   同     田 児  賢 一     同        同      2年
   同     和 田     周     同      同      1年
   同     *川 下  剛 士     滋 賀 県     比叡山高等学校3年
   同     *園 田  啓 悟     熊 本 県     県立八代東高等学校2年
   同      藤 井  瑞 希   青 森 県     青森山田高等学校3年 
   同      奥     幸 那   岐 阜 県     県立岐阜商業高等学校3年
   同     樽 野     恵     石 川 県     県立金沢向陽高等学校3年
   同      垣 岩  令 佳     青 森 県     青森山田高等学校2年
   同     打 田 しづか     愛 知 県     岡崎城西高等学校2年
   同     玉 木 絵里子     宮 城 県     聖ウルスラ学院英智高等学校1年
   同     *三 木 佑里子     埼 玉 県     県立越谷南高等学校2年
   同     *野尻野 匡 世     福 島 県     尚志高等学校2年

                        以  上