2007年アジアユースU16バドミントン選手権大会
(ベトナム ハノイ市 2007/8/24-8/26)

【1日目終了まで】
 22〜23日が団体戦、24〜26日個人戦が16カ国が集まり行われている。
 日本は全国中学大会と日程が重なり個人戦だけの参加となった。
 24日、女子単1回戦 松友はエアコンの風とシャトルの飛びに悩まされ苦戦したが
ファイナルの末下した。混合複 長谷川・福万組は慣れない環境の中コンビネーションが
合わないながらも我慢しファイナルの末下した。
 明日も頑張ります。 (監督:明神 憲一)
【2日目終了まで】
 個人戦各種目準々決勝まで行われた。男子シングルスでは長谷川がマレーシア選手に
前半リードしながらも勝負どころで我慢できず敗退した。女子シングルス2回戦松友は
ミスが多かったが無難に勝った。同じく福万は中国選手にスピードと高さで押されながらも
粘り強さで相手のミスを誘い1ゲームを取った。2ゲーム目11点を先に取り、これからと
いう時に息が上がりミスを連発し、2,3ゲームを落とし逆転負けを喫した。
 女子シングルス3回戦 松友は1ゲーム目相手のフォアからのスマッシュ、カットが
まったく取れず、あっさり落とした。2ゲーム目は早いクリアーとネットで大きく動かし
終始リードしていたが18オールから勝負球が3本連続サイドを割り負けた。
 以上のような結果で全日程終了した。(監督:明神 憲一)
男子シングルス
2回戦
長 谷 川 達 也
(埼玉栄高等学校)
16-22
16-21
LOH,Wei Sheng
(マレーシア)
女子シングルス
1回戦
松 友 美 佐 紀
(聖ウルスラ学院英智高等学校)
19-21
21- 6
21-16
HIMAWAN Gebby Ristiyani
(インドネシア)
2回戦
松 友 美 佐 紀
(聖ウルスラ学院英智高等学校)
21-19
21-18
YEUNG,Yik Kei
(ホンコンチャイナ)
福 万 尚 子
(樟蔭東高等学校)
21-19
14-21
14-21
TANG,Jinhua
(中国)
3回戦
松 友 美 佐 紀
(聖ウルスラ学院英智高等学校)
10-21
18-21
BAO,Yinxin
(中国)
混合ダブルス
2回戦
長 谷 川 達 也
(埼玉栄高等学校)
福 万 尚 子
(樟蔭東高等学校)
21-18
17-21
21-13
AMPUNSUWAN
KITITHARAKUL
(タイ)
3回戦
長 谷 川 達 也
(埼玉栄高等学校)
福 万 尚 子
(樟蔭東高等学校)
11-21
15-21
KARANDASUWARDIR
HARIS,Della D
(インドネシア)