フィリピンオープン2007
(フィリピン マニラ市 2007/7/10-7/15)

【1日目終了まで】
 本日行われました予選において女子シングルス藤井が接戦の末2.3回戦を突破し
本戦に進出しました。
 明日、全種目の本戦1回戦が行われます。上位目指し頑張ります。
 ご声援の程よろしくお願いいたします。 (コーチ:町田 文彦)
【2日目終了まで】
 今日は各種目の1回戦が行われました。
 本日勝ち上がったのはMS.佐藤、佐々木、WS.廣瀬、森、平山、MD.舛田・大束、
川口・川前、WD.末綱・前田、XD.舛田・前田、以上になりました。
 負けてしまいましたがMSの中西と佐伯は最後の1.2本がとれず本当に悔いの
残るゲームでした。明日はMSの2回戦、3回戦とWS、MD、WD、XDの2回戦
が行われるわけですが精一杯頑張ります。(コーチ:町田 文彦)
【3日目終了まで】
 今日は全種目のベスト8までを行いました。
 WSの平山はフランスのWeny相手にしっかりラリーをし常にリードを保ちながらの
展開でストレートで勝利した。廣瀬は1ゲーム目を簡単に勝利し、2ゲーム目も圧倒
していたにもかかわらず足を負傷し残念ながら途中棄権となった。MDの舛田・大束
は韓国の若手ペア相手に1ゲーム目パワーで圧倒され落とすも2ゲーム目集中力を
とりもどし落ち着いてプレーし勝利し勝負はファイナルゲームに、15-17とリードされ
ていたが最後は執念で逆転勝ちをした。WDの末綱・前田は1ゲーム目ゲームポイント
を握りながら逆転負けをしたが2ゲーム目、3ゲーム目は気持ちを切り替えてプレーし
力の差を見せつけて勝利した。明日は準決勝進出を目指しがんばります。
   (コーチ:町田 文彦)
【4日目終了まで】
 今日の準々決勝ですが、WDの末綱・前田がインドネシアペア相手に最初からゲームの
主導権を握った展開で常にリードし落ちついてプレーし、サービスミスもあったものの
きっちりストレートで勝利し、準決勝へ進出した。MDの舛田・大束はファイナルゲーム
までもつれる大接戦でレシーブ力は上回っていたもののサービスまわりとネット前が
相手の方が少々上手だった。それから勝負どころでのミスが出てしまい、残念ながら
延長ゲームの末に敗退した。WSの平山はフットワークのスピードでは上回っていたもの
のキャリアとテクニックの差でストレートで敗退した。明日の準決勝では力を十分出し
きるとともに執念で勝ちとりたいと思います。(コーチ:町田 文彦)
【5日目終了まで】
 本日の準決勝、WDの末綱・前田は1ゲーム目はレシーブが安定せず落とし、2ゲーム
目はレシーブ力も攻撃力でも勝り、1−1としました。しかし、3ゲーム目ではレシーブ
のミスや相手のクロスドライブに対応できずポイントを連取され、また、ドライブゲーム
からロングディフェンスへの切り替えがうまくできず、残念ながら決勝戦への切符を逃が
しました。  (コーチ:町田 文彦)
男子シングルス
1回戦
中 西 洋 介
(日本ユニシス)
20-22
21-23
LIM Kenn
(マレーシア)
佐 伯 浩 一
(東日本電信電話)
19-21
21-19
20-22
PUKHO_V Stanislav
(ロシア)
佐 々 木 翔
(北都銀行)
22-20
21-16
LIEW Daren
(マレーシア)
佐 藤 翔 治
(東日本電信電話)
21-19
6-4
棄権
×
MILROY Bobby
(カナダ)
2回戦
佐 藤 翔 治
(東日本電信電話)
21-19
21-23
22-20
AYOB Sairul Amar
(マレーシア)
佐 々 木 翔
(北都銀行)
19-21
14-21
BAO Chunlai
(中国)
3回戦
佐 藤 翔 治
(東日本電信電話)
14-21
21-23
GONG Weijie
(中国)
男子ダブルス
1回戦
坂 本 修 一
池 田 信 太 郎
(日本ユニシス)
19-21
16-21
TSAI Chia Hsin
HU Chung Hsien
(チャイニーズタイペイ)
舛 田 圭 太
大 束 忠 司
(トナミ運輸)
21-15
21-16
WARFE Glenn
SMITH Ross
(オーストラリア)
川 口 馨 士
川 前 直 樹
(東日本電信電話)
21-14
21-13
DURKIN Vitalij
NIKOLAENKO Alexandr
(ロシア)
2回戦
舛 田 圭 太
大 束 忠 司
(トナミ運輸)
14-21
21-16
21-19
KWON Yi Goo
KO Sung Hyun
(韓国)
川 口 馨 士
川 前 直 樹
(東日本電信電話)
15-21
21-11
17-21
HAN Sang Hoon
CHO Gun Woo
(韓国)
準々決勝
舛 田 圭 太
大 束 忠 司
(トナミ運輸)
19-21
24-22
21-23
NJOTO Albertus Susanto
WIRATAMA Yohan Hadikusumo
(ホンコンチャイナ)
女子シングルス
予選1回戦
藤 井 瑞 希
(九州日本電気)
不戦勝
×
SANTOS Telma
(ポルトガル)
予選2回戦
藤 井 瑞 希
(九州日本電気)
7-21
21-17
21-15
CHEN Jiayuan
(シンガポール)
予選3回戦
藤 井 瑞 希
(九州日本電気)
22-24
21-12
21-11
OOI Wenn Swee
(マレーシア)
1回戦
廣 瀬 栄 理 子
(三洋電機)
21-11
21-17
CHANSRISUKOT Soratja
(タイ)
森 か お り
(三洋電機)
21-18
21-18
PONSANA Salakjit
(タイ)
米 倉 加 奈 子
(ヨネックス)
15-21
15-21
SCHENK Juliane
(ドイツ)
平 山  優
(早稲田大学)
21-16
21- 8
MEEMEAK Molthila
(タイ)
藤 井 瑞 希
(九州日本電気)
9-21
9-21
PAI Min Jie
(チャイニーズタイペイ)
2回戦
廣 瀬 栄 理 子
(三洋電機)
×
21- 9
10- 4
棄権負け
RICE Anna
(カナダ)
森 か お り
(三洋電機)
12-21
11-21
ZHOU Mi
(ホンコンチャイナ)
平 山  優
(早稲田大学)
21-16
21-14
RAHMAWATI Weny
(フランス)
準々決勝
平 山  優
(早稲田大学)
17-21
14-21
ZHOU Mi
(ホンコンチャイナ)
女子ダブルス
1回戦
小 椋 久 美 子
潮 田 玲 子
(三洋電機)
16-21
25-27
CHOU Chia Chi
KU Pei Ting
(チャイニーズタイペイ)
末 綱 聡 子
前 田 美 順
(九州日本電気)
21- 8
21- 7
CHAU Hoi Wah
KOON Wai Chee Louisa
(ホンコンチャイナ)
2回戦
末 綱 聡 子
前 田 美 順
(九州日本電気)
21-23
21-10
21-14
KURIAN Shruti S
GUTTA Jwala P
(インド)
準々決勝
末 綱 聡 子
前 田 美 順
(九州日本電気)
21-16
21-15
NURSUGIANTI Endang
MUNDIASTI Rani
(インドネシア)
準決勝
末 綱 聡 子
前 田 美 順
(九州日本電気)
12-21
21-11
9-21
PAN Pan
TIAN Qing
(中国)
混合ダブルス
1回戦
舛 田 圭 太
(トナミ運輸)
前 田 美 順
(九州日本電気)
21-12
21-11
HSIEH Yu-Hsing
CHIEN Yu Chin
(オーストラリア)
大 束 忠 司
(トナミ運輸)
末 綱 聡 子
(九州日本電気)
16-21
16-21
XIE Zhongbo
ZHANG Yawen
(韓国)
2回戦
舛 田 圭 太
(トナミ運輸)
前 田 美 順
(九州日本電気)
17-21
19-21
HSIEH Yu-Hsing
CHIEN Yu Chin
(インドネシア)