スマイリングフィッシュアジア(タイ)サテライト2008
(タイ トラン県 2008/5/1-5/6)

【1日目終了まで】
 大会オープニングセレモニー後大会1日目が始まり、男女シングルス予選、
女子ダブルス本戦1回戦が行われた。男子シングルスでは和田がマレーシア、タイ
の選手に順当に勝ちあがり予選突破。長谷川は2回戦でタイの選手にリードして
いながら自分のミスでファイナルゲームで敗退。続く女子シングルスは松友は
タイの選手に2試合ともストレート勝ちし、また米元は2回戦でファイナルゲーム
の末に勝利し、松本、米元2人が本戦へ勝ち進んだ。女子ダブルスは玉木・松友の
ペアがマレーシアのペアに1ゲーム最初リードされ後半追いついたが21-23で
1ゲーム落し、2ゲーム3ゲームとも安定した攻めで11本、15本と取りベスト16に
勝ち進んだ。
 本日(5/2)はミックス、男女シングルス、男子ダブルス本戦1回戦。1回でも多く
勝てるように頑張らせます。 (監督:田所 光男)
【2日目終了まで】
 大会2日目は男女シングルス、男子ダブルス、ミックス各1回戦が行われた。
 シングルスは和田がマレーシアの選手にファイナルゲームにもつれこみ、
スピードのあるスマッシュと粘りとで3ゲーム22-20で勝ち、松友はマレーシアの
選手に2-1で勝ち、高橋もタイの選手に2-0で勝ち、玉木はスマッシュなどで相手に
2ゲームは粘られたが2-0で勝った。米元はインドネシアの選手と対戦、前半は
互角な戦いであったが後半ミスが続き、0-2で敗退した。ミックス和田・松友組は
0-2のストレートで敗れた。和田・長谷川の男子ダブルスは深夜0時に始まり、
ファイナルゲームでマレーシアに勝った。和田、松友、玉木、高橋のシングルス、
和田・長谷川のダブルスはベスト16に入った。
 本日の2回戦ベスト8目指して頑張らせます。 (監督:田所 光男)
【3日目終了まで】
 大会3日目は各種目ベスト8をかけて2回戦が行われた。
 男子シングルスの和田はインドネシアの選手と前日の疲れからショットにミスが
多く1ゲームは17本で取るが2ゲームは15本で落とし、3ゲームは力強いスマッシュ
で15本で取り2-1で勝った。女子シングルスの玉木はインドネシアの選手と1ゲームは
19本で競り負けはしたものの2、3ゲームとも安定した攻撃で14本、11本で勝ち、
高橋はマレーシアの選手とファイナルゲームの末に競り負けた。松友はタイの選手と
1ゲームは互角の戦いになったが17本で落とし、2ゲームは足が動かず9本で取られ
0-2で負けた。女子ダブルスの高橋・米元組はマレーシアの選手と1時間30分の激戦
で米元の前衛のさばきと高橋の後衛からの攻撃が終始相手のペアを上回り勝った。
 和田・長谷川のダブルスは0-2でタイの選手に負けた。和田、玉木、高橋・米元組が
ベスト8に入り準々決勝に勝ち進んだ。 (監督:田所 光男)
【4日目終了まで】
 大会4日目は各種目準々決勝が行われた。
 男子シングルスの和田はタイの選手と対戦、2ゲームとも相手のスマッシュが取れず
12本、9本で負けた。女子シングルスの玉木はタイの選手と対戦し、1ゲームは前半
リードしていたが中盤に追いつかれ14本で落とし、2ゲームはリードを許していたが
後半の粘りで20オールまでいったが最後、相手のスマッシュが取れず惜しくも敗退した。
続く女子ダブルスの高橋・米元のペアはホンコンチャイナ(第1シード)と対戦、1ゲーム
は両ペアとも互角の戦いであったが後半、高橋のスマッシュが決まり16本で取り、
2ゲームは中盤まで互角で18オールから19オールになり20本を先に取ったが追いつかれ
20オールになり最後は日本ペアが粘りを見せ25-23で勝ち、ベスト4に入った。
    (監督:田所 光男)
【5日目終了まで】
 大会5日目は各種目準決勝が行われた。
 女子ダブルスで高橋・米元ペアはマレーシアの選手と対戦、1ゲームの立ち上がり
いきなり0-8まで引き離され後半はローテーションも良くなり16本まで追い上げたが
1ゲームを落とした。2ゲームの展開は1ゲームの後半の追い上げのリズムがさらに
良くなり接戦で18本で勝利した。3ゲームは7オールまでは互角の戦いであったが
それから3本連取し11-7でコートチェンジし、後半も互角で、後半はお互いのミスもあり
18-20でマッチポイントを取られたがそこから米元の前衛の動きが良くなり後衛からの
高橋の攻撃が冴え、20オールとなり一気に高橋のスマッシュにより22-20で勝利した。
 明日は決勝戦で高校生らしいプレーで優勝目指し頑張らせます。
      (監督:田所 光男)
【6日目終了まで】
 大会6日目は各種目決勝が行われた。
 高橋・米元ペアは苦戦しながらも決勝まで上がってきて相手は日本ナショナルユースの
ペアと対戦、1ゲーム前半は決勝の硬さと緊張感から思ったショットが打てず1-8と
離され、後半はラリーが続くようになったが15本で1ゲーム落とした。2ゲームは
1ゲーム後半のラリーの展開で互角で中盤まで競り合い18-14まで離し2ゲームの勝利が
見えたが、18オールまで追い上げられ20オールになったが相手からのスマッシュを
レシーブできず20-22で優勝を逃した。
 しかし高校生らしく元気いっぱいの戦いで準優勝で終わったが収穫のあった大会であった。
      (監督:田所 光男)
男子シングルス
予選1回戦
和 田  周
(埼玉栄高校)
21-17
21-11
Vimal Paipisut
(タイ)
長 谷 川 達 也
(埼玉栄高校)
不戦勝
×
Pravee Tangprasert
(タイ)
予選2回戦
和 田  周
(埼玉栄高校)
21-15
21-12
JO Yew Lee
(マレーシア)
長 谷 川 達 也
(埼玉栄高校)
21-11
20-22
20-22
Soon Huat Gan
(マレーシア)
予選3回戦
和 田  周
(埼玉栄高校)
21-17
21-17
Ping Phodgaat
(タイ)
1回戦
和 田  周
(埼玉栄高校)
21-17
19-21
22-20
CHAN Kwong Beng
(マレーシア)
2回戦
和 田  周
(埼玉栄高校)
21-17
15-21
21-15
ADECHANDRA Indra Bagus
(インドネシア)
準々決勝
和 田  周
(埼玉栄高校)
12-21
9-21
SAENSOMBOONSUK Tanongsak
(タイ)
男子ダブルス
1回戦
和 田  周
長 谷 川 達 也
(埼玉栄高校)
21-17
19-21
22-20
LIM Fang Yang
ZAINUDIN Zairul Hafiz
(マレーシア)
2回戦
和 田  周
長 谷 川 達 也
(埼玉栄高校)
16-21
19-21
T. CHUCHAPTPONG
R. SANSANAWANEE
(タイ)
女子シングルス
予選1回戦
松 友 美 佐 紀
(聖ウルスラ英智高校)
21-10
21-11
Vatanya Maneerat
(タイ)
米 元 小 春
(青森山田高校)
不戦勝
×
Touchsamont Sungkavatana
(タイ)
予選2回戦
松 友 美 佐 紀
(聖ウルスラ英智高校)
21-16
21-14
Pijitan Wangpaiboonkij
(タイ)
米 元 小 春
(青森山田高校)
15-21
21-16
21-11
Pavita Issariyaneth
(タイ)
1回戦
松 友 美 佐 紀
(聖ウルスラ英智高校)
17-21
21-16
21-10
NG. Daphne Chew Yen
(マレーシア)
高 橋 礼 華
(聖ウルスラ英智高校)
21-10
21- 4
MANEEPIPAT Chanuporn
(タイ)
米 元 小 春
(青森山田高校)
16-21
13-21
ANGGUNI Fe Bby
(インドネシア)
玉 木 絵 里 子
(聖ウルスラ英智高校)
21-19
21-14
CHASE Currier Tiffany
(マレーシア)
2回戦
玉 木 絵 里 子
(聖ウルスラ英智高校)
17-21
21-14
21-11
PUTRI Yuan Kartika
(マレーシア)
高 橋 礼 華
(聖ウルスラ英智高校)
19-21
21-11
13-21
SANIRU Sannatasah
(マレーシア)
松 友 美 佐 紀
(聖ウルスラ英智高校)
17-21
13-21
BURNAPRASERTSUK Porntip
(タイ)
準々決勝
玉 木 絵 里 子
(聖ウルスラ英智高校)
14-21
20-22
JINDAPON Nichaon
(タイ)
女子ダブルス
1回戦
玉 木 絵 里 子
松 友 美 佐 紀
(聖ウルスラ英智高校)
21-23
21-11
21-15
Ee Van Lim
HUI Em Ng
(マレーシア)
2回戦
高 橋 礼 華
(聖ウルスラ英智高校)
米 元 小 春
(青森山田高校)
22-20
19-21
21-17
LIM Yin Loo
OOI Swee Wenn
(マレーシア)
玉 木 絵 里 子
松 友 美 佐 紀
(聖ウルスラ英智高校)
11-21
19-21
R. CHUTHABUNDITKUL
S. TAERATTANACHAI
(タイ)
準々決勝
高 橋 礼 華
(聖ウルスラ英智高校)
米 元 小 春
(青森山田高校)
21-16
25-23
MONG Kwan Yi
NG Ka Shun
(ホンコンチャイナ)
準決勝
高 橋 礼 華
(聖ウルスラ英智高校)
米 元 小 春
(青森山田高校)
16-21
21-18
22-20
VIVIAN Hoo Mun
SANIRU Sanatasah
(マレーシア)
決勝
高 橋 礼 華
(聖ウルスラ英智高校)
米 元 小 春
(青森山田高校)
15-21
20-22
奥  幸 那
樽 野  恵
(NTT東日本)
混合ダブルス
1回戦
和 田  周
(埼玉栄高校)
松 友 美 佐 紀
(聖ウルスラ英智高校)
15-21
11-21
LEE Lingga
KESHYA Nurvita Hanadla
(インドネシア)