ドイツオープン2010
(ドイツ ミュルハイム・アン・デア・ルール市 2010/3/2-3/7)

【1日目終了】
本日よりGerman Open 2010が始まりました。 1日目は各種目予選が行われ、日本からは四選
手が登場しました。WSでは1回戦から日本選手同士の対戦となり、日本ユニシスの野尻野選手
がファイナルゲーム11−2から追いつかれマッチポイントを奪われるという苦しい展開でしたが、再度
逆転し2回戦へ。次の試合も勝ち抜き明日の本戦へ駒を進めました。
MDでは武下・佐藤という新しいペアで海外大会初出場いたしましたが、残念ながら1回戦敗退と
なりました。
明日は、本戦1回戦が行われます。
    (監督:中西 洋介)
【2日目終了】
大会2日目は各種目一回戦が行われました。MSでは上田、園田、武下の三選手が二回戦へ
進出。佐藤、和田は敗れはしましたが、シード選手に善戦しました。WSではNTT東日本の樽野
がイングランドの実力者相手に一歩も引かない大接戦を演じ勝利し、明日の二回戦へ進出しまし
た。MDではナショナルBは全ペアが敗退。唯一ナショナルAからの出場となりました、廣部・遠藤
ペアが接戦を勝ち抜きました。 WDでは三洋電機の三木・米元ペアが危なげなく勝利しました。
最後に行われましたXDでは昨年よりペアを結成した嘉村・米元ペアのみの出場でしたが、イング
ランドペアに逆転負けを喫し敗退しました。明日も全力を尽くします。
    (監督:中西 洋介)
【3日目終了】
大会3日目は各種目二回戦が行われました。MSではYKKの園田がデンマークのシード選手を
相手に大接戦を演じましたが、惜しくもものに出来ず敗退。早稲田大学の上田は1ゲーム途中で
足を痛め棄権致しました。MDでは廣部・遠藤ペアがマレーシアと対戦。 激しい打ち合いとなる
試合でしたが、最後は押し切られ敗退しました。WSではNTT東日本の樽野が、インドの実力者
と対戦し、1ゲームを大逆転で奪われるという悪い流れでしたが、2ゲームから巻き返し見事逆転
勝ちを収めました。 WDでは三洋電機の三木・米元ペアがデンマークに敗退しました。
明日の日本人選手の試合はWS樽野のみとなりました。
    (監督:中西 洋介)
【4日目終了】
WS準々決勝に挑んだNTT東日本の樽野は第3シードの地元ドイツ代表Schenkと対戦。
序盤は力強いクリアーを武器に互角の戦いを見せます。しかし徐々に相手にスピードで上回られ、
1ゲームを落としました。 続く2ゲームも最後まで集中力を切らさずプレーしましたが、残念ながら
敗退いたしました。 これで日本選手のすべての試合が終わりました。
最後まで暖かいご声援ありがとうございました。
    (監督:中西 洋介)
男子シングルス
1回戦
上 田 拓 馬
(早稲田大学)
21-11
25-23
Andreas Heinz
(ドイツ)
園 田 啓 悟
(YKK AP)
21-19
21- 8
Kay Bin Yeoh
(マレーシア)
佐 藤 黎
(日本体育大学)
21-18
11-21
14-21
Dicky Palyama
(オランダ)
和 田 周
(日本体育大学)
17-21
15-21
Muhammad Hafiz Hashim
(マレーシア)
武 下 利 一
(敬和学園大学)
21- 7
21-14
Kristian Nielsen
(デンマーク)
2回戦
上 田 拓 馬
(早稲田大学)
18-20
棄権
Chun Seang Tan
(マレーシア)
園 田 啓 悟
(YKK AP)
14-21
25-23
18-21
H.Vittinghus
(デンマーク)
武 下 利 一
(敬和学園大学)
10-21
8-21
Chen Long
(中国)
男子ダブルス
予選1回戦
武 下 利 一
(敬和学園大学)
佐 藤 黎
(日本体育大学)
15-21
21-13
18-21
Dharma Gunawi
(ドイツ)
Ardiansyah Putra
(インドネシア)
1回戦
上 田 拓 馬
(早稲田大学)
和 田 周
(日本体育大学)
18-21
21-17
15-21
Fang Chieh Min
Lee Sheng Mu
(チャイニーズタイペイ)
廣 部 好 輝
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
13-21
21-18
21-15
Peng Soon Chan
Khim Wah Lim
(マレーシア)
園 田 啓 悟
(YKK AP)
嘉 村 健 士
(早稲田大学)
16-21
17-21
Michael Fuchs
Ingo Kindervater
(ドイツ)
2回戦
廣 部 好 輝
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21-18
17-21
16-21
Hee Chun Mak
Wee Kiong Tan
(マレーシア)
女子シングルス
予選1回戦
野 尻 野 匡 世
(日本ユニシス)
21-12
15-21
23-21
三 木 佑 里 子
(三洋電機)
予選2回戦
野 尻 野 匡 世
(日本ユニシス)
21-10
23-21
Sabrina Jaquet
(スイス)
1回戦
樽 野 恵
(NTT東日本)
16-21
22-20
21-18
Elisabeth Cann
(イングランド)
野 尻 野 匡 世
(日本ユニシス)
17-21
8-21
Ella Diehl
(ロシア)
打 田 し づ か
(日本ユニシス)
12-21
15-21
Mee Choo Wong
(マレーシア)
2回戦
樽 野 恵
(NTT東日本)
20-22
21-13
21-13
Trupti Murgundi
(インド)
準々決勝
樽 野 恵
(NTT東日本)
18-21
15-21
Juliane Schenk
(ドイツ)
女子ダブルス
1回戦
三 木 佑 里 子
米 元 小 春
(三洋電機)
21-12
21-18
Natalia Pocztowiak
Agnieszka Wojtkowska
(ポーランド)
打 田 し づ か
野 尻 野 匡 世
(日本ユニシス)
11-21
19-21
Chang Hsin Yun
Wang Pei Rong
(チャイニーズタイペイ)
2回戦
三 木 佑 里 子
米 元 小 春
(三洋電機)
18-21
13-21
Lena Frier Kristensen
Marie Ropke
(デンマーク)
混合ダブルス
1回戦
嘉 村 健 士
(早稲田大学)
米 元 小 春
(三洋電機)
21-23
14-21
Robin Middleton
Mariana Agathangelou
(イングランド)