2009年世界ジュニアバドミントン選手権大会
(マレーシア アロールスター市 2009/10/23 - 11/1)

1日目
 今大会の国別対抗はスディルマン方式で行われ、日本チームは予選リーグ・グループZ
(マレーシア、フランス、シンガポール、カンボジア)の初戦、シンガポール戦を迎えた。
各選手とも序盤は若干硬さが見られるものの徐々に本来のリズムを取り戻し、すべてで
ストレート勝ちを収めた。続く2戦目、フランスとの対戦ではミックスダブルスおよび
男女ダブルスでファイナルゲームにもつれこむ展開となったが、それぞれ後半、素晴らしい
集中力を発揮し勝利を収めた。明日は予選リーグの最大の山場となるマレーシア戦が予定
されている。この相手にはアジアジュニア大会で敗れているだけに、チーム一丸となり
雪辱を期したいと思う。 (コーチ:大堀 均)
2日目
 本日9時より予定されていたカンボジア戦は、相手チームの不参加により不戦勝。続いて
予選リーグ最終戦となるマレーシア戦を全勝同士という形で迎えた。アウェイということも
あり、緊張感と異様な雰囲気の中でゲームがスタートした。Mix:大滝・古西は攻撃的なプレー
で1ゲームを奪ったものの、ファイナルの終盤でミスが続き敗退。続くBS:渡邊も健闘虚しく
ストレート負け。鍵を握ると見られたBD:星野・小林は気合十分のプレーおよび星野のスピード感
あふれるネットプレーと小林のカウンターショットが噛みあいストレート勝ち。続くGS:三谷は
本来の力を発揮できずに敗退。ここでチームの敗戦が決定した。しかし最終GD:福万・高橋は
気を抜くことなく完勝を収め意地を見せてくれた。日本チームは明日から5〜8位決定戦に参加
する。 (コーチ:大堀 均)
3日目
 昨日のマレーシア戦の敗戦を糧に、チーム一丸となって戦うことを改めて確認し、
5〜8位決定戦の初戦に挑んだ。オーダーは下記の順番に決定し、迎えたBS:渡邊は
自ら仕掛ける攻撃的なプレーを随所に見せていたものの、レシーブ力やネットプレーで
相手が一枚上手であり、粘ったもののファイナルの末敗退。続くGS:三谷は長い手足を
武器に丁寧につないでくる相手に対し、それを上回る粘りを見せ決定打につなげるパターンで
勝利。続く今大会好調のBD:星野・小林はタッチの早いプレーで終始リードし危なげなく勝利。
リーチをかけ迎えたGD:福万・高橋は2人のコンビネーションも良く第1ゲームを先取したが
第2ゲームは相手の粘りにあい苦戦を強いられたものの最後は厳しいドライブを中心に攻撃し
チームの勝利を決めた。明日は5位をかけて強敵インドネシアと対戦する。
 (コーチ:大堀 均)
4日目
 強豪インドネシアとの5位決定戦は下記の順番に決定した。まずBD:星野・小林は第1ゲーム
素早いネットプレーと厳しいドライブ攻撃で優位に立ち、ゲームポイントを握ったものの逆転負け。
第2ゲームは相手のやわらかいラケットワークに翻弄され敗退。続くGS:三谷はイージーミスが
多く第1ゲームを失ったが、第2ゲーム以降立ち直り強気の攻撃を見せ勝利。BS:渡邊は粘りの
プレーを見せたものの相手の正確なストロークとネットプレーで主導権を握られ接戦の末
第1ゲームを落とすと集中力を欠きストレート負け。今大会全勝中のGD:福万・高橋は声を出して
気迫十分のプレーで接戦をものにした。2−2で迎えた最終Mix:大滝・古西は激しいラリーの
応酬となったが、先に上げてしまい守勢にまわる展開が多く、またインドネシアチームの迫力ある
応援にも押され惜敗した。
 国別対抗は6位という結果に終わったが、選手達自身、国別対抗特有の雰囲気を肌で感じたと
同時に明確な課題を見つけたようである。明後日より個人戦が開始となる。
 (コーチ:大堀 均)
5日目
 1日の休息を挟み、本日より個人戦が開始となった。9時から21時までのタイムテーブルが
組まれ、男女シングルス・ダブルス1回戦、ミックスダブルス1〜2回戦が行われた。
 今大会最年少出場の桃田(中3)は中国選手と対戦したが、パワーで押され完敗した。しかし
世界のトップレベルのプレーを肌で感じることができたことは、彼にとって大きな収穫となった
はずである。他の選手達は全員が勝利し、次のRoundに駒を進めた。国別対抗で敗れた悔しさ、
そして日本代表としてのプライドを胸に明日以降も戦ってほしいと思う。
 (コーチ:大堀 均)
6日目
 本日は、男女シングルス2〜3回戦、男女ダブルス2回戦、ミックスダブルス3回戦が行われた。
男子シングルス:渡邊、女子シングルス:三谷、男子ダブルス:星野・小林、女子ダブルス:
福万・高橋、ミックスダブルス:渡邊・新玉、小林・福万がそれぞれの持ち味を十分に発揮し、
ベスト16入りした。今回シード選手として期待されていた高橋はゲーム中盤まで大量リードを
してていたものの、イージーミスを連発し第1ゲームを失うと、第2ゲームに入っても調子が戻らず
ストレート負け、痛い敗戦を喫した。他の選手達も力を発揮することができずに敗れた者もおり、
課題を残した。明日は全種目で準々決勝までの試合が行われる。
 (コーチ:大堀 均)
7日目
 本日は、全種目の準々決勝までが行われた。
ミックスダブルスは2ペア:渡邊・新玉、小林・福万がそれぞれ粘りを見せたものの、共に4回戦で
敗れた。女子ダブルスは福万の粘り強いガードとカウンターショット、高橋の強打を武器に中国
ペアと激しいラリーを展開したが、大事な場面での厳しいジャッジ(サービスフォルト)により
リズムを崩し惜敗した。女子シングルスの三谷は粘り強いラリーでチャンスを待ち決定打に
つなげるプレーで勝利し、準々決勝に進出したものの、続くタイの選手とのゲームではやわらかい
フォームから丁寧にコースをついてくるプレーに対しミスが続き敗退、ベスト8に終わった。
男子ダブルスの星野・小林ペアは速いタッチから繰り出す厳しいドライブを武器に相手に付け入る
隙を与えず勝利し迎えた準々決勝では、アジアジュニア大会No1のインドネシアペアを相手に
激しいドライブ戦を展開したが、なかなか決定打につなげることができず惜敗しベスト8に
終わった。男子シングルスは試合を重ねるごとに調子を上げてきている渡邊が粘り強いガード
と豪快なジャンピングスマッシュを武器に4回戦、準々決勝共にストレート勝ちを収め、
ベスト4入りした。明日は、全種目準決勝が行われる。
 (コーチ:大堀 均)
8日目
渡邊達哉が銅メダル
 本日は、全種目の準決勝が行われ、男子シングルスで渡邊が中国のエースと対戦した。
第1ゲーム渡邊は速い球まわしからチャンスをつくり決定打を打つ展開で先にゲームポイントを
奪ったが、そこからスピードを上げてきた相手の猛攻にあい惜しくも第1ゲームを失った。
続く第2ゲームは中盤まで一進一退の好ゲームであったが、相手の速く正確な配球の前に後半
は息切れしてしまい、ストレート負けを喫した。しかしハイレベルの戦いの中で価値ある3位
入賞であった。
 今回、選手達は、それぞれの持ち味を発揮し健闘したものの世界の壁は厚かった。何よりも
強く感じたのは、トップ選手たちの勝つことに対する執着心や貪欲さ。勝つためにさまざまな
プランを持ち、なりふり構わず戦う姿勢は見ている我々にも伝わってくるものがある。
これこそが現時点での日本選手との差であると感じる。
 合宿も含め約3週間寝食を共にしたメンバーでの戦いもこれで終了となった。男女共に
キャプテンを中心によくまとまり、随所に代表選手としてのプライドを見せてくれた。
限りない可能性を秘めた選手達の次なるステージでの活躍を期待したい。
 (コーチ:大堀 均)
団体 予選リーグ1回戦
日   本
 
シンガポール
XD
大 滝 直 人
古 西 佳 那 子
21-13
21-15
Wong Hao Cong
Thng Ting Ting
BS
渡 邊 達 哉
21-16
21-11
Koh Jia Yi
GS
三 谷 美 菜 津
21-14
21-16
Chen Jiayuan
BD
星 野 翔 平
小 林  晃
21- 9
21-16
Thng Ting Ting
Chen Jiayuan
GD
福 万 尚 子
高 橋 沙 也 加
21- 9
21-10
TUNALI Ebru
CALISKAN Oznur
団体 予選リーグ2回戦
日   本
 
フ ラ ン ス
XD
大 滝 直 人
古 西 佳 那 子
22-20
17-21
21-19
Fontaine Audrey
Baumann Marin
BS
渡 邊 達 哉
21-15
21-10
Rouxel Thomas
GS
高 橋 沙 也 加
21- 5
21- 7
Maunoury Marie
BD
星 野 翔 平
小 林  晃
21-17
20-22
21-16
Gauthier Florian
Claerbout Lucas
GD
三 谷 美 菜 津
新 玉 美 郷
21-10
20-22
21-12
Meheust Lauren
Fontaine Audrey
団体 予選リーグ3回戦
日   本
 
マ レ ー シ ア
XD
大 滝 直 人
古 西 佳 那 子
21-16
16-21
16-21
Chooi Kah Ming
Ng Hui En
BS
渡 邊 達 哉
12-21
15-21
Zainuddin Iskandar Zulkamain
BD
星 野 翔 平
小 林  晃
21-16
21-19
Pang Zheng Lin
Goh Sze Onn
GS
三 谷 美 菜 津
18-21
11-21
Tee Jing Yi
GD
福 万 尚 子
高 橋 沙 也 加
21-16
21- 2
Ng Hui En
Lai Pei Jing
団体 5〜8位決定1回戦
日   本
 
イ  ン  ド
BS
渡 邊 達 哉
20-22
21-17
18-21
Reddy Sumeeth
GS
三 谷 美 菜 津
21-16
21-17
P.C Thulasi
BD
星 野 翔 平
小 林  晃
21- 8
21-16
Reddy Sumeeth
H.S Prannoy
GD
福 万 尚 子
高 橋 沙 也 加
21- 8
21-19
P.V Sindhu
Rane Saili
XD
大 滝 直 人
古 西 佳 那 子
 
打ち切り
 
K Nandagopal
Ninan Meghan Merin
団体 5位決定戦
日   本
 
イ ン ド ネ シ ア
BD
星 野 翔 平
小 林  晃
20-22
12-21
Ulinnuha Muhammad
Pratama Angga
GS
三 谷 美 菜 津
20-22
21-17
21-10
Lestari Qoryatin Siti Anida
BS
渡 邊 達 哉
20-22
8-21
Sakamta Evert
GD
福 万 尚 子
高 橋 沙 也 加
21-14
21-19
Haris Della Destaria
Ayu Wigaya Ni Made Claudia
XD
大 滝 直 人
古 西 佳 那 子
17-21
20-22
Sugiarto Rendy
Nuraidah Tiara Rosalia
個  人  戦
男子シングルス
1回戦
竹 内 宏 気
21-15
21- 9
Cheang Wailok
(マカオ)
桃 田 賢 斗
9-21
12-21
Li Qi
(中国)
渡 邊 達 哉
21-13
22-24
21- 6
Escueta Philip Joper
(フィリピン)
星 野 翔 平
21-15
15-21
21-16
Heinz Andreas
(ドイツ)
2回戦
竹 内 宏 気
12-21
14-21
Misbun Misbun Ramdan Mohmed
(マレーシア)
渡 邊 達 哉
21-14
21- 6
Mattew Nottingham
(イギリス)
星 野 翔 平
21-16
13-21
20-22
Jordy Hilbink
(オランダ)
3回戦
渡 邊 達 哉
21-15
21- 9
Gabriel Magnaya Peter
(フィリピン)
4回戦
渡 邊 達 哉
21-13
21-10
Flemming Quach
(デンマーク)
準々決勝
渡 邊 達 哉
21-14
21-19
Chih Hsun Yang
(ホンコンチャイナ)
準決勝
渡 邊 達 哉
20-22
13-21
Houwei Tian
(中国)
男子ダブルス
1回戦
大 滝 直 人
桃 田 賢 斗
21-13
21-11
Femand Omesh
Perera Harsha
(スリランカ)
2回戦
星 野 翔 平
小 林  晃
21-19
22-20
Rasmus Fladberg
Kim Astrup Sorensen
(デンマーク)
大 滝 直 人
桃 田 賢 斗
15-21
15-21
Jian Hao Goh
Zheng Lin Pang
(マレーシア)
3回戦
星 野 翔 平
小 林  晃
21-13
21-15
Mark Middleton
Toby Penty
(イギリス)
準々決勝
星 野 翔 平
小 林  晃
15-21
14-21
Angga Pratama
Yohanes Rendy Sugiarto
(インドネシア)
女子シングルス
1回戦
三 谷 美 菜 津
21-12
21- 7
Jensen Sabdra-Maria
(デンマーク)
高 木 美 季
21-16
21-16
Nguyen Thi Sen
(ベトナム)
古 西 佳 那 子
21-11
21- 5
Havlova Lucie
(チェコ)
2回戦
高 橋 沙 也 加
21- 9
21- 5
Thi Mai Anh Nguyen
(ベトナム)
三 谷 美 菜 津
21-11
21- 9
Line Kjaersfeldt
(デンマーク)
高 木 美 季
21-13
23-21
Michelle Li
(カナダ)
古 西 佳 那 子
18-21
8-21
Sarah Milne
(イギリス)
3回戦
高 橋 沙 也 加
20-22
16-21
Cheah Su Ya Sonia
(マレーシア)
三 谷 美 菜 津
12-21
21-17
21-12
Perminova Natalia
(ロシア)
高 木 美 季
21-19
16-21
15-21
Rovita Anna
(インドネシア)
4回戦
三 谷 美 菜 津
21-13
21-19
Lok Yan Poon
(ホンコンチャイナ)
準々決勝
三 谷 美 菜 津
13-21
14-21
Porntip Buranaprasertsuk
(タイ)
女子ダブルス
1回戦
三 谷 美 菜 津
新 玉 美 郷
21-10
21-13
KOMENDROVSKAYA Erena
NAZARCHUK Anastasia
(ロシア)
福 万 尚 子
高 橋 沙 也 加
21-11
17-21
21-10
Nao Hua
Wu Yun Ting
(チャイニーズタイペイ)
2回戦
三 谷 美 菜 津
新 玉 美 郷
15-21
17-21
W.Ayu
D.Della
(インドネシア)
福 万 尚 子
高 橋 沙 也 加
21- 9
21- 5
Soi Cheng Fong
Mei Ha Iao
(マカオ)
3回戦
福 万 尚 子
高 橋 沙 也 加
21-18
23-25
19-21
Yixin Bao
Yu Luo
(中国)
混合ダブルス
1回戦
大 滝 直 人
古 西 佳 那 子
21-18
22-20
Wong Hao Cong Jeffrey
Thun Ting Ting
(シンガポール)
竹 内 宏 気
高 木 美 季
21-15
21-14
Oud Danny
Stepleton Madeline
(ニュージーランド)
渡 邊 達 哉
新 玉 美 郷
21-17
21-15
Hettiarachchi Nuwan
Rathnasiri Achini
(スリランカ)
2回戦
大 滝 直 人
古 西 佳 那 子
21-18
21-19
Florian Gauther
Marie Maunoury
(フランス)
竹 内 宏 気
高 木 美 季
13-21
23-21
21-16
Berry Anggriawan
Wijaya Ni Made Claudia
(インドネシア)
渡 邊 達 哉
新 玉 美 郷
21-13
21- 8
Nandagopal K.
Megha Merin Ninan
(インド)
小 林  晃
福 万 尚 子
21-14
21-13
Dick Long Chan
Kin Yan Leung
(ホンコンチャイナ)
3回戦
大 滝 直 人
古 西 佳 那 子
16-21
13-21
N.Phuangphuapet
A.Serithammarak
(タイ)
竹 内 宏 気
高 木 美 季
19-21
18-21
Kim Astrup Sorensen
Sara Thygesen
(デンマーク)
渡 邊 達 哉
新 玉 美 郷
21-19
21-11
Wee Tat Tan
Shevon Jemie Lai
(マレーシア)
小 林  晃
福 万 尚 子
18-21
21-19
21-16
Jia Yi Koh
Wei Han Tan
(シンガポール)
4回戦
渡 邊 達 哉
新 玉 美 郷
12-21
21-18
7-21
Chih Hsun Yang
Yun Ting Wu
(チャイニーズタイペイ)
小 林  晃
福 万 尚 子
14-21
7-21
Peixuan Liu
Huan Xia
(中国)