マカオオープン2010
(中国 マカオ特別行政区 2010/7/27-8/1)

【1日目】
 いつもお世話になっております。
本日より開催されました「マカオオープン2010」大会1日目の試合結果をご報告いたします。
本日は各種目予選及び男子シングルスの1回戦がおこなわれました。日本勢は全員本戦か
らの出場となり、男子シングルス1回戦で日本チーム最初の試合となった山田選手が2−0
のストレート勝ちで勝利しましたが、佐々木選手、早崎選手は敗れました。
明日は男子シングルス2回戦とその他の種目の1回戦がおこなわれます。
       (コーチ:舛田 圭太)
【2日目】
男子ダブルスの早川・遠藤ペアが第4シードの韓国ペアをファイナルゲームで破り、廣部・
数野ペアも第7シードのタイペイペアをファイナルゲーム16−19から5連続ポイントの逆転
勝ちで勝利しました。また、女子シングルスの後藤選手も第8シードのタイ選手をファイナル
ゲーム22−20の大激戦の末に勝利しました。その他、男子シングルスの山田選手が2回
戦を突破、女子シングルスの廣瀬選手、平山選手、佐藤選手、女子ダブルスの末綱・前田
ペア、ミックスダブルスの早川・松尾ペアも初戦を突破しました。
       (コーチ:舛田 圭太)
【3日目】
本日は各種目の準々決勝進出をかけた試合がおこなわれました。試合会場に強い風が
吹く影響か本日も全試合の50%以上がファイナルゲームとなりました。勝利するために
はファイナルゲームの出足が重要になるなか、女子シングルスの廣瀬選手、後藤選手、
男子ダブルスの早川・遠藤ペア、廣部・数野ペアともに見事ファイナルゲームを制しべス
ト8入りを決めたほか、女子ダブルスの第1シード末綱・前田ペアは安定した試合運びで
快勝しました。明日は各種目の準々決勝がおこなわれます。
       (コーチ:舛田 圭太)
【4日目】
本日は各種目の準々決勝がおこなわれました。日本勢は女子ダブルスの末綱・前田ペア
が我慢強いラリーと安定した試合運びで韓国ペアを寄せつけずベスト4入りを決めました。
その他の試合は男子ダブルスの早川・遠藤ペアがファイナルゲーム18−17とリードした
場面で際どいサービスフォルトを取られると流れに乗りきれず競り合うものの敗退。女子シン
グルスの廣瀬選手、後藤選手、男子ダブルスの廣部・数野ペアともに1、2回戦の激戦の疲
れと、相手の力強い攻撃に本来の動きができず残念ながら敗退しました。
       (コーチ:舛田 圭太)
【5日目】
本日は各種目の準決勝がおこなわれました。女子ダブルスの末綱・前田ペアは第3シード
のタイペイペアと対戦。第1ゲーム序盤までは互角のラリーを展開しますが、中盤から連続
失点が続き奪われました。第2ゲームは序盤からタイペイペアの力強い攻撃に翻弄され、
なかなかポイントが奪えない展開が続きこのゲームも奪われ0−2で敗退しました。
本日の試合をもちまして日本チームすべての試合が終了しました。
ご声援ありがとうございました。
       (コーチ:舛田 圭太)
男子シングルス
1回戦
山 田 和 司
(日本ユニシス)
21-16
21-13
HSIEN Lin Yu
(チャイニーズタイペイ)
佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
18-21
16-21
PONSANA Boonsak
(タイ)
早 崎 修 平
(日立情報通信エンジニアリング)
9-21
7-21
LEE Hyun Il
(韓国)
2回戦
山 田 和 司
(日本ユニシス)
13-21
21-15
21-17
1
RAJAH MANURI VENKATA Gurusaidatt
(インド)
3回戦
山 田 和 司
(日本ユニシス)
16-21
21-11
17-21
PONSANA Boonsak
(タイ)
男子ダブルス
1回戦
平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
1
16-21
21-16
13-21
CHALARDCHALEAM Patipat
LAPHO Thitipong
(タイ)
佐 藤 翔 治
川 前 直 樹
(東日本電信電話)
13-21
17-21
PRATAMA Angga
SAPUTRO Rian Agung
(インドネシア)
早 川 賢 一
遠 藤 大由
(日本ユニシス)
21-15
14-21
21-16
JUNG Jae Sung
LEE Yong Dae
(韓国)
廣 部 好 輝
数 野 健 太
(日本ユニシス)
17-21
21-16
21-19
LING Chen Hung
LANG Lin Yu
(チャイニーズタイペイ)
2回戦
早 川 賢 一
遠 藤 大由
(日本ユニシス)
21-11
17-21
21-18
PRATAMA Angga
SAPUTRO Rian Agung
(インドネシア)
廣 部 好 輝
数 野 健 太
(日本ユニシス)
21-13
19-21
21-19
MAK Hee Chun
TAN Wee Kiong
(マレーシア)
準々決勝
早 川 賢 一
遠 藤 大由
(日本ユニシス)
21-17
14-21
20-22
KO Sung Hyun
YOO Yeon Seong
(韓国)
廣 部 好 輝
数 野 健 太
(日本ユニシス)
11-21
16-21
KIDO Markis
SETIAWAN Hendra
(インドネシア)
女子シングルス
1回戦
廣 瀬 栄 理 子
(三洋電機)
22-20
16-21
21-17
PAI Hsiao Ma
(チャイニーズタイペイ)
後 藤 愛
(東日本電信電話)
21-17
12-21
22-20
PONSANA Salakjit
(タイ)
平 山 優
(日本ユニシス)
21-17
21-18
HAN Hung Shih
(チャイニーズタイペイ)
佐 藤 冴 香
(日本体育大学)
15-21
21-13
22-20
CHEAH Lydia Li Ya
(マレーシア)
2回戦
廣 瀬 栄 理 子
(三洋電機)
13-21
21- 9
21- 6
SUO Di
(中国)
後 藤 愛
(東日本電信電話)
22-24
21-15
21-16
DENG Xuan
(中国)
平 山 優
(日本ユニシス)
15-21
21- 9
16-21
ZHOU Mi
(ホンコンチャイナ)
佐 藤 冴 香
(日本体育大学)
19-21
9-21
WANG Rong
(マカオ)
準々決勝
廣 瀬 栄 理 子
(三洋電機)
17-21
15-21
FIRDASARI Adriyanti
(インドネシア)
後 藤 愛
(東日本電信電話)
12-21
9-21
ZHOU Mi
(ホンコンチャイナ)
女子ダブルス
1回戦
末 綱 聡 子
前 田 美 順
(ルネサス SKY)
21-13
21- 8
CHENG Chi Ya
PO Pai Yu
(チャイニーズタイペイ)
松 尾 静 香
内 藤 真 実
(三洋電機)
15-21
13-21
CHENG Wen Hsing
CHIEN Yu Chin
(チャイニーズタイペイ)
藤 井 瑞 希
垣 岩 令 佳
(ルネサス SKY)
18-21
12-21
CHAN Tsz Ka
CHAU Hoi Wah
(ホンコンチャイナ)
2回戦
末 綱 聡 子
前 田 美 順
(ルネサス SKY)
21- 7
21-13
BERNADET Pia Zebadiah
SUSANTO Debby
(インドネシア)
準々決勝
末 綱 聡 子
前 田 美 順
(ルネサス SKY)
21-13
21-15
LEE Kyung Won
YOO Hyun Young
(韓国)
準決勝
末 綱 聡 子
前 田 美 順
(ルネサス SKY)
11-21
11-21
CHENG Wen Hsing
CHIEN Yu Chin
(チャイニーズタイペイ)
混合ダブルス
1回戦
早川 賢一
(日本ユニシス)
松 尾 静 香
(三洋電機)
21- 8
21-14
VEERAN Raj
VEERAN Renuga
(オーストラリア)
平 田 典 靖
(トナミ運輸)
前 田 美 順
(ルネサス SKY)
16-21
14-21
PRAPAKAMOL Sudket
THOUNGTHONGKAM Saralee
(タイ)
数 野 健 太
(日本ユニシス)
垣 岩 令 佳
(ルネサス SKY)
20-22
17-21
WONG Wai Hong
CHAU Hoi Wah
(ホンコンチャイナ)
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
藤 井 瑞 希
(ルネサス SKY)
15-21
14-21
SHIN Baek Cheol
YOO Hyun Young
(韓国)
2回戦
早川 賢一
(日本ユニシス)
松 尾 静 香
(三洋電機)
15-21
15-21
RIJAL Muhammad
SUSANTO Debby
(インドネシア)