第26回世界男子バドミントン選手権(トマス杯)大会

及び
第23回世界女子バドミントン選手権(ユーバー杯)大会

(2010.5.9-16 マレーシア クアラルンプール市)
 
組合せ
日程表
【1日目】
本日より開催されました世界国別団体戦「トマス杯・ユーバー杯」大会、大会1日目の試合
結果をご報告いたします。
本日は女子ユーバー杯予選リーグ第1戦がおこなわれ、ドイツチームとの対戦となりまし
た。第1シングルスの廣瀬選手が初戦での戦いでなかなかリズムがつかむことができず
敗退するものの、第2ダブルスの藤井・垣岩ペアが後半追い上げられるものの勝利し、第
2シングルスの後藤選手が圧勝で流れをつくると、第1ダブルスの末綱・前田ペアが第2
ゲームこそリズムを崩すものの第3ゲームはしっかり立て直し勝負を決めたあとも、第3シ
ングルスの平山選手が完勝で4−1で勝利しました。
ユーバー杯第2戦は11日にロシアと対戦します。
       (コーチ:舛田 圭太)
【2日目】
本日は男子トマス杯予選リーグ第1戦がおこなわれ、ナイジェリアチームとの対戦となりま
した。昨日の夜にようやく現地に到着し、昨日のマレーシアとの試合は不戦敗となったナイ
ジェリアチームはルールの関係で本日の試合開始前に5−0での日本チームの勝利が決
定した状態での試合スタート(双方チームともに試合要望があったため)となりましたが、
第1シングルスの田児選手を始め、全試合落ち着いた試合運びで快勝し、予選リーグを通
過を決めました。明日は予選リーグ1位通過を目指し地元で強豪のマレーシアと対戦します。
       (コーチ:舛田 圭太)
【3日目】
男子トマス杯は本日、予選リーグ第2戦マレーシアと対戦となりました。
地元開催で優勝を狙うマレーシアの重圧に第1シングルス田児選手、第1ダブルスの平田
・橋本ペアがなかなかリズムがつかめず敗退するものの、第2シングルスの佐々木選手が
素晴らしい試合内容で流れを引き戻すと、第2ダブルスの数野・早川ペアが格上相手に思
い切ったプレーで快勝し、完全に日本ペースとなった第3シングルスで佐藤選手がファイナ
ルゲームで見事勝利し3−2でグループリーグ1位で通過となりました。
明日の準々決勝は予選リーグの試合終了後の抽選でドイツとの対戦となりました。
女子ユーバー杯は本日、予選リーグ第2戦ロシアとの対戦となりました。
第1シングルスの廣瀬選手が2−0のストレート勝ちでいい流れを作ると、第1ダブルスの
末綱・前田ペアが第1ゲームこそ落とすものの、第2、3ゲームは冷静に試合を進め勝利
すると、第2シングルスの後藤選手が快勝で試合を決めました。その後も第2ダブルスの
藤井・垣岩ペア、第3シングルスの佐藤選手もしっかり勝利を収め、5−0でヨーロッパ予
選2位のロシアに完勝しました。
ユーバー杯日本チームは予選リーグ2勝で1位通過を果たし、決勝トーナメント第3シード
となり、明日は準々決勝でデンマークとの対戦となります。
       (コーチ:舛田 圭太)
【4日目】
男子トマス杯は本日、準々決勝ドイツとの対戦となりました。
第1シングルスの田児選手がコーナーをきれいにつくプレーになかなかリズムを作ることが
できず、第3ゲームも18−18と競り合いますがなんとか振り切り、先制ポイントを奪います
が、第1ダブルスの廣部・遠藤ペアが第1ゲームを奪うも、第2、3ゲームともに19−17と
リードしながらも逆転負けしましたが、第2シングルスの佐々木選手が粘り強い長いラリー
を見事に制し、最後は第2ダブルスの数野・早川ペアが勢いにのり快勝し3−1で勝利しま
した。男子トマス杯で日本チームが準決勝に進出したのは1979年以来31年ぶりとなりま
した。トマス杯準決勝は14日にインドネシアとの対戦になります。
女子ユーバー杯は本日、準々決勝デンマークとの対戦となりました。
第1シングルスで廣瀬選手が落ち着いたプレーで相手を寄せ付けず勝利しますが、第1ダ
ブルスの末綱・前田ペアが長身でパワーで押してくる相手ペアに対応できず敗れますが、
第2シングルスの後藤選手が大切なポイントをしっかり奪い2−1と王手をかけたところで、
第2ダブルスの藤井・垣岩ペアが第1ゲームを簡単に奪いますが、第2ゲームの競り合い
を落とし、第3ゲームも終盤まで競り合いますが20−17と抜け出しますが20−19と追い
上げられるものの最後は振り切り勝利。3−1で勝ち3大会ぶりの準決勝進出を決めまし
た。準決勝は明日、韓国との対戦になります。
       (コーチ:舛田 圭太)
【5日目】
 本日はユーバー杯準決勝、韓国との対戦となりました。
第1シングルスの廣瀬選手が第1ゲームを失いますが、第2ゲーム12−7と大きくリード
してペースをつかみかけますが、そこから9連続失点と逆転され敗れ、第1ダブルスの末
綱・前田ペアも第1ゲームの競り合いを奪うことができず敗退。苦しい展開の中、第2シン
グルスの後藤選手が素晴らしい球回しで相手を翻弄して勝利するものの、第2ダブルス
の藤井・垣岩ペアが2−0で敗れ、1−3で韓国に敗れました。3位決定戦はおこなわれ
ないため、3大会ぶりの銅メダルが確定しました。
明日は男子トマス杯準決勝、インドネシア戦がおこなわれます。
       (コーチ:舛田 圭太)
【6日目】
 本日はトマス杯準決勝、インドネシアとの対戦となりました。
経験豊富で大舞台をたくさん経験している選手が多い、相手チームに第1シングルスの田
児選手、今大会で好調でこの試合第1ダブルスに出場した早川・数野ペアともに相手に翻
弄されて敗れますが、第2シングルスの佐々木選手が粘り強いプレーと力強いプレーがう
まく利用できポイントを奪いファイナルゲームの末に見事勝利し、いい流れをつかみかけま
すが、第2ダブルスの平田・遠藤ペアが第2ゲーム15−20から20−20まで追いつきます
が奪い切れず1−3で敗退となりました。
3位決定戦はおこなわれないため、79年以来の31年ぶりに銅メダルを獲得しました。
本日をもちましてすべての試合が終了いたしました。みなさまの応援のおかげで目標であ
った、メダルを男女ともに獲得することができました。
みなさまのご声援本当にありがとうございました。
       (コーチ:舛田 圭太)
ユーバー杯 グループC
日  本ド イ ツ
S1廣瀬 栄理子
(三洋電機)
15
12
21
21
SCHENK Juliane
D2藤井 瑞希
垣岩 令佳
(ルネサスSKY)
21
21
16
18
NELTE Johanna
GOLISZEWSKI Johanna
S2後藤  愛
(NTT東日本)
21
21
15
10
SCHNAASE Karin
D1末綱 聡子
前田 美順
(ルネサスSKY)
21
18
21
17
21
11
SCHENK Juliane
OVERZIER irgit
S3平山  優
(日本ユニシス)
21
21
16
3
DEPREZ Fabienne
ユーバー杯 グループC
日  本ロ シ ア
S1廣瀬 栄理子
(三洋電機)
21
21
18
10
DIEHL Ella
D1末綱 聡子
前田 美順
(ルネサスSKY)
17
21
21
21
10
16
SOROKINA Veleria
VISLOVA Nina
S2後藤  愛
(NTT東日本)
21
21
16
10
GOLOVANOVA Olga
D2藤井 瑞希
垣岩 令佳
(ルネサスSKY)
21
21
14
18
RUSSKIKH Anastasia
POLIKARPOVA Ksenia
S3佐藤 冴香
(日本体育大学)
21
21
13
10
PERMINOVA Natalia
ユーバー杯 準々決勝
日  本デンマーク
S1廣瀬 栄理子
(三洋電機)
21
21
17
11
Sorensen Camilla
D1末綱 聡子
前田 美順
(ルネサスSKY)
13
15
21
21
Juhl Kamilla Rytter
Pedersen Christinna
S2後藤  愛
(NTT東日本)
21
21
14
10
Jorgensen Karina
D2藤井 瑞希
垣岩 令佳
(ルネサスSKY)
21
13
21
13
21
19
Kristiansen Lena Frier
Ropke Marie
S3佐藤 冴香
(日本体育大学)
    Poulsen Mette
ユーバー杯 準決勝
日  本韓  国
S1廣瀬 栄理子
(三洋電機)
12
16
21
21
BAE Seung Hee
D1末綱 聡子
前田 美順
(ルネサスSKY)
19
10
21
21
LEE Hyo Jung
KIM Min Jung
S2後藤  愛
(NTT東日本)
21
22
10
20
BAE Youn Joo
D2藤井 瑞希
垣岩 令佳
(ルネサスSKY)
14
18
21
21
LEE Kyung Won
HA Jung Eun
S3佐藤 冴香
(日本体育大学)
    LEE Yun Hwa
トマス杯 グループB
日  本ナイジェリア
S1田 児 賢 一
(NTT東日本)
21
21
10
14
OLAOLUWA Fagbemi
D2数 野 健 太
早 川 賢 一
(日本ユニシス)
21
21
5
13
IBRAHIM Adamu
OCHOLI Edicha
S2佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
21
21
4
14
JINKAM Ifraimu
S3佐 藤 翔 治
(NTT東日本)
21
21
9
11
ENEOJO Adah
D1平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
21
21
4
13
OLAOLUWA Fagbemi
MORGAN Jade
トマス杯 グループB
日  本マレーシア
S1田 児 賢 一
(NTT東日本)
12
13
21
21
LEE Chong Wei
D1平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
13
17
21
21
KOO Kean Keat
TAN Boon Heong
S2佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
21
21
17
18
WONG Choong Han
D2数 野 健 太
早 川 賢 一
(日本ユニシス)
21
21
15
12
TAZARI Mohd Fairuzizuan Mohd
LATIF Mohd Zakry Abdul
S3佐 藤 翔 治
(NTT東日本)
21
14
21
10
21
18
HASHIM Mohd Hafiz
トマス杯 準々決勝
日  本ド イ ツ
S1田 児 賢 一
(NTT東日本)
15
21
21
21
18
18
Zwiebler Marc
D1遠 藤 大 由
廣 部 好 輝
(日本ユニシス)
21
19
22
16
21
24
FuchsMichael
Hopp Kristof
S2佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
21
21
19
17
Domke Dieter
D2数 野 健 太
早 川 賢 一
(日本ユニシス)
21
21
16
16
Kinderwater Ingo
Schoettler Johannes
S3佐 藤 翔 治
(NTT東日本)
    Reuter Marcel
トマス杯 準決勝
日  本インドネシア
S1田 児 賢 一
(NTT東日本)
9
14
21
21
Hidayat Taufik
D1数 野 健 太
早 川 賢 一
(日本ユニシス)
9
11
21
21
Kido Markis
Setiawan Hendra
S2佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
21
13-21
21
19
21
11
Santoso Simon
D2平 田 典 靖
(トナミ運輸)
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
14
20
21
22
Widianto Nova
Chandra Alvent Yulianto
S3佐 藤 翔 治
(NTT東日本)
    Rumbaka Dyonisius Hayom