第12回世界国別対抗バドミントン選手権(スディルマンカップ)

 
第12回世界国別対抗バドミントン選手権(スディルマンカップ)


(2011.5.22-29 中国 青島市)
 

【第1日目予選リーグ第1試合】
世界国別男女混合団体戦「第12回スディルマンカップ」予選リーグ第1戦の試合結果をご報告いたします。
本日はドイツとの対戦となりました。
ミックスダブルス(池田・潮田ペア)
3月の全英オープンでベスト4入りを果たしたドイツペアを相手に第1ゲームを奪われ、第2ゲー
ムは終盤で逆転され18-20大ピンチとなりますが、そこから逆転で奪いファイナルゲームとな
ります。ファイナルゲームも中盤で大量リードをしながらが逆転されますが、終盤の競り合いで
ポイントを奪い、貴重な先制ポイントを奪いました。
男子シングルス(田児)
ミックスダブルス同様に3月の全英オープンでベスト4入りを果たし、ラリーがうまい相手との対戦
となりましたが、第1ゲームから我慢強いラリーを制していた田児選手が第2ゲームも有利に試
合を進めて勝利しました。
男子ダブルス(平田・橋本ペア)
第1ゲーム序盤堅さが見られ3-9とリードされますが11-10と逆転しこのゲームを奪います。
第2ゲームは相手のサービス周りの旨さに奪われますが、第3ゲームは気持ちを切り替え、落ち
着いてラリーを続け勝利しました。
女子シングルス(廣瀬選手)
第1ゲームを相手の早い展開で試合が進み奪われますが、第2ゲームは終盤の競り合いを奪い
ますが、ファイナルゲームは終盤リードするものの19-19に追いつかれると力尽き敗退となり
ました。
女子ダブルス(末綱・前田ペア)
試合は決まっていたものの、手を抜く事なく試合を有利に進め、快勝で最終試合を締めくくった。
本日のドイツ戦の勝利で予選リーグ突破が確定し、決勝トーナメント(準々決勝)進出が確定い
たしました。明日は予選リーグ第2戦で前回大会優勝の中国との対戦となります。
    (コーチ:舛田 圭太)
日  本  ド イ ツ
XD池田 信太郎
潮田 玲子
(日本ユニシス)
17-21
22-20
21-18
FUCHS Michael
MICHELS Birgit
MS田児 賢一
(NTT東日本)
21-11
21-18
ZWIEBLER Marc
MD平田 典靖
橋本 博且
(トナミ運輸)
21-16
16-21
21-15
KINDERVATER Ingo
SCHOETTLER Johannes
WS廣瀬 栄理子
(パナソニック)
15-21
21-18
19-21
SCHENK Juliane
WD末綱 聡子
前田 美順
(ルネサスSKY)
21-16
21-11
MARINELLO Sandra
MICHELS Birgit
【第2日目予選リーグ第2試合】
本日は前回優勝国で開催国の中国との対戦となりました。
男子ダブルス(佐藤・川前ペア)
4月のアジア選手権初戦でも対戦した、強豪ペアとの対戦となりました。第1・2ゲームともに序盤は
競り合いますが、中盤で連続失点で大量リードを許す展開で試合が進み、0-2で敗退した。
女子シングルス(佐藤選手)
第1ゲーム序盤はいいラリーで競り合いますが、そこからラリーを続け追い込むシーンも多かったです
が、最後の決め球をミスをする展開が連続で続いてしまい、思うようにポイントを奪えず0-2で敗退
男子シングルス(佐々木選手)
4月のアジア選手権準々決勝でも大激戦を演じたLIN選手との再戦となりました。今回も序盤から1点
を争うシーソーゲームで試合が進み、終盤で佐々木選手が抜け出し20-18と追い込みますが、
相手選手もそこから踏ん張り奪い切る事がでず20-22で奪われます。第2ゲームも序盤から激しい
ラリーで競り合いますが、中盤で15-18とリードされるものの、そこから佐々木選手も食らいつき
18-18まで追いつきますがそこから18-20と追い込まれ、19点まで追い上げますが敗退。
女子ダブルス(松尾・内藤ペア)
男子選手並みの力強い相手に過去の対戦で第1ゲーム出足から一気に攻め込まれる展開が続いて
いたため、今回はアップから男子選手を相手に対策を立てて、臨みましたが第1ゲーム序盤こそ予定
通り対応できたものの、終盤で攻め込まれると対応できず0-2で敗退となった。
ミックスダブルス(橋本・藤井ペア)
第1・2ゲームともに序盤からよく動き、しっかり攻撃を仕掛けますが、中国ペアの完璧な試合運びに
なかなかポイントに結びつける事ができずに試合が進み0-2で敗退となった。
残念ながら0-5で敗れたものの、予選リーグを2位で通過し決勝トーナメント(準々決勝)に進出と
なりました。準々決勝の対戦相手は明日の各リーグ試合終了後に抽選が行われ、対戦相手及び
試合日程が決定いたします。準々決勝は26日又は27日に行われる予定です。明日は午後より練習
を行い、準々決勝の試合に備えたいと思います。
    (コーチ:舛田 圭太)
日  本  中  国
MD佐藤 翔治
川前 直樹
(NTT東日本)
15-21
14-21
CAI Yun
FU Haifengs
WS佐藤 冴香
()
12-21
11-21
WANG Xin
MS佐々木 翔
(トナミ運輸)
20-22
19-21
LIN Dan
WD松尾 静香
内藤 真実
(パナソニック)
15-21
10-21
YU Yang
WANG Xiaoli
XD橋本 博且
(トナミ運輸)
藤井 瑞希
(ルネサスSKY)
14-21
10-21
XU Chen
MA Jin
【第4日目準々決勝】
本日は第2シードインドネシアとの対戦となりました。
男子ダブルス(平田・橋本ペア)
お互い本来のペアを組み替えてきたインドネシアペアを相手に、第1・2ゲームともになかなかリ
ズムを作る事ができず、常に相手にリードされ追いかける展開が最後まで続き0-2で敗退。
女子シングルス(廣瀬選手)
第1ゲーム序盤で大きくリードするも、中盤で追いつかれ逆転される苦しい展開が続き16-19
とリードされますが、そこから連続ポイントで見事な逆転で奪います。第2ゲームこそ奪われます
が、第3ゲームは1-3から連続ポイントで一気に9-3と引き離すと、終盤でも大きくリードを続
け勝利しました。
男子シングルス(田児選手)
第1ゲーム序盤から気迫のプレーで相手を翻弄する素晴らしい内容でこのゲームを奪います。
第2ゲームはさらに加速し、11-9から一気にポイントを奪い21-9で勝利した。
女子ダブルス(松尾・内藤ペア)
第1ゲーム序盤は堅さが見られるものの13-9とリードし有利な展開かと思われましたが、そこ
から相手の力強い攻撃に得点を奪われ、このゲームを落とします。第2ゲームは中盤から常に
追いかける展開で試合が進み敗退しました。
ミックスダブルス(池田・潮田ペア)
2-2で迎えた最終試合となり、お互い第1ゲームから気迫のプレーで競り合い18-18、19-
19となりますが、こちらのチャンス球をミスした事などが響き、このゲームを奪われます。第2ゲ
ームは18-20からのピンチから見事追いつき25-23で奪いますが、第3ゲームはスタミナ切
れもあったのか序盤から離され敗退しました。
以上の結果、2-3でインドネシアに敗れ、メダル獲得まであと1歩でしたが準々決勝敗退とな
りました。本日の試合をもちまして日本チームの試合は終了いたしました。
みなさんのご声援ありがとうございました。
    (コーチ:舛田 圭太)
日  本  インドネシア
MD平田 典靖
橋本 博且
(トナミ運輸)
17-21
16-21
CHANDRA Alvent Yulianto
AHSAN Mohammad
WS廣瀬 栄理子
(パナソニック)
21-19
17-21
21-14
FIRDASARI Adriyanti
MS田児 賢一
(NTT東日本)
21-15
21- 9
SANTOSO Simon
WD松尾 静香
内藤 真実
(パナソニック)
17-21
16-21
POLII Greysia
JAUHARI Melilanai
XD池田 信太郎
潮田 玲子
(日本ユニシス)
19-21
25-23
14-21
TENG Fran Kurniawan
BERNADET Pia Zebadiah