みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

第67回 全日本総合選手権大会

大会概要ページ

12月4日の見どころ

男子シングルス

今年のインターハイを制した常山幹太(東大阪大学柏原高校)が昨年度3位の池田雄一(東京都協会)に挑戦する。今大会限りで現役を引退するベテランの池田であるがまだまだその実力は超一線級、若き勢いを相手にどのようなプレーで応えるか注目だ。他にもハードヒッターの実力者である園田啓吾(トナミ運輸)と若手の成長株である社会人チャンピオン桃田賢斗(NTT東日本)の対戦など、ハイレベルな試合が満載だ。




女子シングルス

予選突破を果たした中学3年生の仁平菜月(富岡第一中)が社会人優勝の髙橋沙也加(日本ユニシス)と対戦する。国際大会でも活躍している髙橋が相手だけに仁平にとっては厳しい戦いが予想されるが、向かっていく気持ちで大金星を狙う。




男子ダブルス

第1シードの早川賢一/遠藤大由(日本ユニシス)は教職員優勝の笹木里司(福井県立勝山高校教職員)/千京尚将(福井県立奥越特別支援学校教職員)と対戦する。国際大会で安定した活躍を続ける早川/遠藤の速く華麗なプレーは一瞬たりとも見逃せない。また、ナショナルメンバーで成長著しい松居圭一郎/三浦光將(日本体育大学)の青山天将/松井夏希(金沢学院クラブ)との一戦も注目だ。




女子ダブルス

順調に予選を勝ち上がった末綱聡子/藤井瑞希(ルネサス)が脇田侑/山口ソヨカ(岐阜トリッキーパンダース)と対戦する。藤井の復帰戦ながら非常にいい内容で実力通り勝ち上がった末綱/藤井であるが、実力者の脇田が引っ張るペア相手にもいいパフォーマンスで勝利をつかめるかが注目だ。また、昨年に続く2度目の総合となったインターハイ優勝の宮浦玲奈/永原和可那(青森山田高校)は09年総合王者の松尾静香(NTT東日本)/内藤真実(ヨネックス)に挑戦する。




混合ダブルス

確かな実力者ペアである川前直樹/松尾静香(NTT東日本)が1回戦から登場し、学生3位の樋渡元志(金沢学院大学)/樋口亜依美(関西学院大学)と対戦する。圧倒的身体能力を誇る川前と抜群の配球センスを誇る松尾のハイレベルなプレーは必見だ。