第23回日韓中ジュニア交流競技会バドミントン競技

第23回日韓中ジュニア交流競技会バドミントン競技
8/24-8/28 韓国 済州特別自治道

【1日目】
上記大会 1日目の結果を報告します。
上記大会が、大韓民国済州島で25日韓国戦・26日済州戦・27日中国戦の日程で行われる。
本日、韓国戦が行われ男子は3-2で勝ったが、女子は0-5で敗れた。
男子単の小倉は、韓国の3番手と対戦した。序盤ミスを連発し1ゲーム目取られた。しかし、そこから本来のスピードあるプレーで終始リードし勝った。2-2で回った第3シングルの佐藤は、初めての遠征での試合とは思えない、落ち着いた試合を展開しファイナルで韓国選手を
振り切り、チームの勝利に大きく貢献した。
女子は、どの試合もスピードとパワーで圧倒され、1ゲームも取れず大敗した。
明日は、地元済州島チームとの対戦となる。特に女子は、試合に対する気持ちを作り、中国戦につながる試合をしたいと思う。

(コーチ:明神 憲一)
男子団体
日本
3-2
×
韓国
男子団体
男子シングルス
小 倉 由 嵩
(東大阪大学柏原)
16-21
21-18
21-17
SON Seong Hyun
中 村 友 哉
(東大阪大学柏原)
17-21
13-21
LEE Jun Su
男子ダブルス
小 倉 由 嵩
小 川 桂 汰
(東大阪大学柏原埼玉栄)
17-21
15-21
LIM Su Min
EE Hong Sub
渡 辺 勇 大
三 橋 健 也
(富岡)
21-18
21-11
CHOI Jong Woo
ANG Mim Hyuk
男子シングルス
佐 藤 烈
(東大阪大学柏原)
21-11
13-21
21-16
KANG Min Hyuk
女子団体
日本
0-5
×
韓国
女子団体
女子シングルス
髙 橋 明 日 香
(富岡)
20-22
14-21
KIM Hyang Im
安 田 美 空
(青森山田)
13-21
16-21
JANG Na Ra
女子シングルス
志 田 千 陽
安 田 美 空
(青森山田)
9-21
15-21
MIM Hye Jeond
ARK Keun Hye
保 原 彩 夏
德 能 あ す か
(聖ウルスラ学院英智)
12-21
15-21
KIM Hyang Im
HIM Ye Rim
女子シングルス
保 原 彩 夏
(聖ウルスラ学院英智)
13-21
11-21
BYUN Soo In
【2日目】
上記大会 2日目の結果を報告します。
大会2日目は、地元済州と対戦し、男女とも5-0で勝利した。
男子は、力の差はあったが集中力を切らすことなく最後まで戦い、1ゲームも落とすことなく勝利した。
女子は、シングルの高橋と志田がファイナルまで縺れたが、粘り強いプレーで相手を退けた。
明日は、最大の敵である中国と対戦となっている。世界ジュニアに向けても重要な試合と思うので、しっかりとサポートしたいと思います。

(コーチ:明神 憲一)
男子団体
日本
5-0
×
済州
男子団体
男子シングルス
渡 辺 勇 大
(富岡)
21- 9
21- 6
JO Chol Woo
三 橋 健 也
(富岡)
21-13
21-12
SON Jong Hyun
男子ダブルス
小 倉 由 嵩
(東大阪大学柏原)
三 橋 健 也
(富岡)
21-10
21-16
JO Chol Woo
PARK Sun Beom
小 川 桂 汰
(埼玉栄)
佐 藤 烈
(富岡)
21-12
21- 8
OH Jae Ho
SON Jong Hyun
男子シングルス
中 村 友 哉
(東大阪大学柏原)
21-12
21-12
SHIN Jong Min
女子団体
日本
5-0
×
済州
女子団体
女子シングルス
髙 橋 明 日 香
(富岡)
19-21
21-5
21-16
KO Hye Ju
志 田 千 陽
(青森山田)
21-18
20-22
21-18
KO Su Ji
女子ダブルス
保 原 彩 夏
德 能 あ す か
(聖ウルスラ学院英智)
21- 9
21-16
KO Hye Ju
YANG Yun Jung
志 田 千 陽
安 田 美 空
(青森山田)
21-16
21-14
PARK So Hee
KO Seong Hee
女子シングルス
德 能 あ す か
(聖ウルスラ学院英智)
21- 9
21- 9
YANG Yun Jung
【3日目】
上記大会 3日目の結果を報告します。
本日、対中国戦が行われ、男子0-5、女子1-4で敗れた。
男子単では、渡辺が1ゲーム目終盤18点までリードするも、ミスを連発し取られた。2ゲーム目は、終始リードを保ち取り返しての3セット目、15点まで互角だったが、スピードをあげた中国選手についていけず敗れた。男子複の中村・小川組は、1ゲーム目初めて組んだダブ
ルスとは思えないコンビネーションで攻め込み勝った。2ゲーム目終盤19-20まで追いついたが負け。ファイナルは15オールまで互角だったが、最後はスピードで押され敗れた。
女子複の志田・安田は組は、世界Jrチャンピオンと対戦し、内容あるラリーを展開し2ゲーム目、19本まで追い詰めたが、敗れた。女子単の保原は、ネットからの切れの良いロブで、相手を追い込み甘いリターンを強打するパターンがはまり、唯一の勝利をもたらした。

(コーチ:明神 憲一)
男子団体
日本
×
0-5
中国
男子団体
男子シングルス
渡 辺 勇 大
(富岡)
20-22
21-14
15-21
YE Bing Hong
小 倉 由 嵩
(富岡)
10-21
7-21
SUN Fei Xiang
男子ダブルス
渡 辺 勇 大
三 橋 健 也
(富岡)
17-21
18-21
ZHENG Si Wei
HE Ji Ting
小 川 桂 汰
(埼玉栄)
中 村 友 哉
(東大阪大学柏原)
21-17
19-21
16-21
ZHOW Had Dong
YE Bing Hong
男子シングルス
佐 藤 烈
(東大阪大学柏原)
6-21
10-21
LIU Hai Chao
女子団体
日本
×
1-4
中国
女子団体
女子シングルス
髙 橋 明 日 香
(富岡)
16-21
10-21
CHEN Yu Fei
德 能 あ す か
(聖ウルスラ学院英智)
14-21
10-21
CHEN Xiao Xin
女子ダブルス
保 原 彩 夏
德 能 あ す か
(聖ウルスラ学院英知)
11-21
11-21
LI Yin Hui
CHEN Yu Fei
志 田 千 陽
安 田 美 空
(青森山田)
14-21
19-21
CHEN Qing Chen
JIA Yi Fan
女子シングルス
保 原 彩 夏
(聖ウルスラ学院英智)
21-13
21-18
JI SHU Ting