バドミントンポーランドオープン2016

バドミントンポーランドオープン2016
(開催地:ポーランド ワルシャワ市 3/23-3/26)
 
【1日目】
本日は女子ダブルス以外の全ての予選が行われました。
男子シングルスは常山幹太、下農走、渡邊達哉、山口容正の4名が予選から出場。
常山、下農、山口は予選を3試合勝ち抜き本選出場を果たす。渡邊は予選1回戦は勝利するも、2回戦でインドネシア選手にファイナルゲームまでもつれたものの、敗退し本選へは進めなかった。
女子シングルスには荒木萌が出場。予選1・2回戦ともにファイナルゲームまでもつれるが、最後まで足を止めずに勝利し、本選へ進んだ。
男子ダブルスには、常山幹太・下農走組が出場。ともにシングルスも兼ねており試合数の多い中1回戦をストレートで勝利すると、2回戦は相手の途中棄権により勝利し、本選出場を決めた。
明日は、各種目の本選がスタートします。

(日本選手団コーチ:ハルモノ・ユウォノ)
男子シングルス
予選1回戦
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
21-6
21-12
LIDMAN Douglas
(スウェーデン)
下 農 走
(トナミ運輸)
21-7
21-11
VATTANIRAPPEL Vilson
(オーストリア)
渡 邊 達 哉
(トナミ運輸)
21-12
21-10
PETROVIC Dragoslav
(セルビア)
山 口 容 正
(トナミ運輸)
21-13
21-12
SZYMCZAK Michal
(ポーランド)
予選2回戦
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
21-5
21-17
SHAFIRA Enzi
(インドネシア)
下 農 走
(トナミ運輸)
21-16
21-17
PRATAMA Adi
(インドネシア)
渡 邊 達 哉
(トナミ運輸)
10-21
22-20
11-21
PANGISTHU Muhammad Bayu
(インドネシア)
山 口 容 正
(トナミ運輸)
21- 8
21-16
JOSHI Aditya
(インド)
予選3回戦
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
21-11
21-11
RAMADHANI Muhammad Zulkifli
(インドネシア)
下 農 走
(トナミ運輸)
21-11
21-12
MENDREK Adam
(チェコ)
山 口 容 正
(トナミ運輸)
21-16
21-12
WEISSKIRCHEN Max
(ドイツ)
女子シングルス
予選1回戦
荒 木 萌 恵
(西武台千葉高等学校)
16-21
21-14
21-18
LE Thu Huyen
(ベトナム)
予選2回戦
荒 木 萌 恵
(西武台千葉高等学校)
21-18
14-21
21-13
GHANIYU Ghaida Nurul
(インドネシア)
男子ダブルス
予選1回戦
常 山 幹 太
下 農 走
(トナミ運輸)
21-4
21-5
KALNINS Kristaps
PODOSINOVIKS Niks
(ラトビア)
予選2回戦
常 山 幹 太
下 農 走
(トナミ運輸)
21-17
11-1キ
BITMAN Jakub
DRANCAK Pavel
(チェコ)
【2日目】
本日は全ての1回戦と2回戦が行われました。
男子シングルスは常山幹太、下農走、山口容正の3名が本選に出場。
常山選手は1回戦をストレートで勝利すると、2回戦は1ゲーム目を奪ったところで相手選手が棄権し明日の3回戦へと駒を進めた。下農選手は、1・2回戦ともにヨーロッパ選手との対戦となったが、力のある長身の相手に対してもラリーをつなぎ、ミスを誘いストレートで勝利した。 山口選手は、1回戦はストレートで勝利したが、2回戦でフランス選手に敗れた。
女子シングルスには荒木萌恵が出場。1回戦はインドネシア選手と点差が開かず接戦となるが、しっかりと対応して、勝ちを収めるが、続く2回戦で同じインドネシアの選手にストレートで敗れた。
男子ダブルスに、権藤公平・渡邊達哉組、島田大輝・竹内義憲組、常山幹太・下農走組が出場。島田・竹内組は、1回戦でインドネシア組をファイナルまでもつれる接戦となる中で最後まで積極的に攻撃を仕掛けて勝利。2回戦も相手の強打に苦しみ2ゲーム目は大きくリードを許す場面もあったが、ストレートで勝利し3回戦へと進出した。
2回戦から出場の、権藤・渡邊組は地元ポーランド選手と対戦。1ゲーム目は点の取り合いとなるが、落ち着いてレシーブし1ゲーム目を21-17でとる。2ゲーム目も点を取り合いお互いにリードを広げられないまま終盤まで行くが、最後は連続ポイントを奪い2-0勝利した。
常山幹太・下農走組はベトナム選手にストレートで敗れ、1回戦敗退となった。
明日は、各種目の準々決勝・準決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:ハルモノ・ユウォノ)
男子シングルス
1回戦
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
21-14
21-19
Vladimir MALKOV
(ロシア)
下 農 走
(トナミ運輸)
23-21
21-18
Erik MEIJS
(オランダ)
山 口 容 正
(トナミ運輸)
21-11
21-18
Firman Abdul KHOLIK Profile
(インドネシア)
2回戦
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
21-12
0-0キ
Kestutis NAVICKAS
(リトアニア)
下 農 走
(トナミ運輸)
21-11
21-15
Adrian DZIOLKO
(ポーランド)
山 口 容 正
(トナミ運輸)
20-22
12-21
Thomas ROUXEL
(フランス)
女子シングルス
1回戦
荒 木 萌 恵
(西武台千葉高等学校)
21-18
21-18
Dinar Dyah AYUSTINE
(インドネシア)
2回戦
荒 木 萌 恵
(西武台千葉高等学校)
19-21
9-21
Hana RAMADHINI
(インドネシア)
男子ダブルス
1回戦
常 山 幹 太
下 農 走
(トナミ運輸)
23-25
15-21
Tuan Duc DO
Hong Nam PHAM
(ベトナム)
島 田 大 輝
竹 内 義 憲
(ヨネックス)
21-13
21-23
23-21
Muhammad FACHRIKAR
Muhammad Reza Pahlevi ISFAHANI
(インドネシア)
2回戦
島 田 大 輝
竹 内 義 憲
(ヨネックス)
21-16
23-21
Christopher COLES
(イングランド)
Adam HALL
(スコットランド)
権 藤 公 平
渡 邊 達 哉
(トナミ運輸)
21-17
21-19
Milosz BOCHAT
Lukasz MOREN
(ポーランド)
【3日目】
本日は全ての種目の3回戦と準決勝が行われました。
男子シングルスは常山幹太、下農走の2名が3回戦に出場。
常山選手は3回戦でウクライナの選手と対戦。序盤からラリーの主導権を握ると、相手に自分のプレーをさせずにストレートで勝利。  続く準決勝は、フランス選手と対戦。序盤からお互いにラリーで粘るが、相手の強打を警戒するあまり慎重になりすぎ、ミスが続き19-21で1ゲーム目を落とす。2ゲーム目は早い段階から攻撃を仕掛けてポイントを重ね取り返す。ファイナルゲームは中盤までは競り合うものの、中盤で再びミスが出てしまい点差を広げられると1-2で敗退した。下農選手は、3回戦でフランス選手と対戦、1ゲーム目は選手するものの、2ゲーム目は相手の攻撃を受けてミスが続いてしまい落とすものの、ファイナルゲームでは落ち着いて相手を動かしポイントを重ね2-1で勝利する。準決勝はフィンランドの選手と対戦、1ゲーム目は点の取り合いになるものの、中盤以降相手にリードを許すと、そのまま引き離され19-21で落とす。2ゲーム目は奪い返すもファイナルゲームでは再び中盤でミスから引き離され17-21で準決勝敗退となりました。
男子ダブルスに、権藤公平・渡邊達哉組、島田大輝・竹内義憲組が出場。
島田・竹内組は、地元ポーランドの選手と対戦。1ゲーム目は積極的に攻撃を繰り出し、相手に対してプレッシャーをかけて主導権を握ったまま1ゲーム目を取る。2ゲーム目は終盤にかけて競り合いになり、相手の攻撃をレシーブで粘るものの落とすと、3ゲーム目は勢いにのった相手に押し切られ2-1で敗れてベスト8どまりとなった。
権藤・渡邊組はマレーシア選手と対戦。1ゲーム目からお互い積極的に攻めるも点差が広がらない展開が続きファイナルゲームまでもつれるが、終盤に逆転して2-1で勝利した。
準決勝ではインドネシア選手と対戦。相手のスマッシュをレシーブしきれなくなると、ラリーの主導権を握られ、ストレートで敗れベスト4となった。
本日を持ちまして全日程を終了しました。 多くの方にご声援いただき、誠にありがとうございました。

(日本選手団コーチ:ハルモノ・ユウォノ)
男子シングルス
3回戦
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
21-7
21-10
POCHTAREV Artem
(ウクライナ)
下 農 走
(トナミ運輸)
21-14
17-21
21-17
CORVEE Lucas
(フランス)
準決勝
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
19-21
21-13
18-21
ROUXEL Thomas
(フランス)
下 農 走
(トナミ運輸)
19-21
21-15
17-21
HEINO Eetu
(フィンランド)
男子ダブルス
3回戦
島 田 大 輝
竹 内 義 憲
(ヨネックス)
21-16
24-26
13-21
CWALINA Adam
WACHA Przemyslaw
(ポーランド)
権 藤 公 平
渡 邊 達 哉
(トナミ運輸)
21-17
20-22
24-22
TAN Chee Tean
TAN Wee Gieen
(マレーシア)
準決勝
権 藤 公 平
渡 邊 達 哉
(トナミ運輸)
12-21
15-21
HARDIANTO Hardianto
HARYANTO Kenas Adi
(インドネシア)