みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

スディルマンカップ2015

スディルマンカップ2015
5月10日(日)~17(日) 中国 東莞市

スディルマンカップ2015観戦記

5/10 5/12 5/15(準々決勝) 5/16(準決勝) 5/17(決勝)

共同通信社運動部記者
森安楽人

5月16日
準決勝組韓国戦

 前日の準々決勝・デンマーク戦に続くクロースゲームを制して初の決勝進出を決めた。1勝2敗から女子ダブルス、混合ダブルスが連勝して大逆転。昨年のトマス杯、ユーバー杯に続き、日本チームが世界の決勝に駒を進めた。  日本は当初提出したオーダーから男子シングルスを変更。左脚負傷の桃田賢斗に代わり、上田拓馬が初登場となった。

第1試合(男子ダブルス)
●平田典靖/橋本博且 18-21/16-21 李龍大/柳延星

 ここまで3戦2敗だった早川/遠藤組に代わって、ヒラハシが今大会初出場。必要以上に気負う様子もなく、世界トップのペアと互角の勝負を演じた。「サーブ回りはいい部分が出せて、上げさせることができた」と平田。「普通のドライブではかなわないので、少しでも沈める」と試合前に橋本が語っていたように、ネットぎりぎりを狙う攻防が続く。
しかし第1ゲームは18-19で柳のサーブプッシュがネットイン、最後は平田のドライブがネットにかかって失った。第2ゲームに入っても苦心して攻めに持ち込むまではいくが、鉄壁の守りを打ち崩すまでには至らずストレート負け。 橋本が「沈めてもさらに沈み返してこられた」と言うように、ナンバーワンの実力を示される敗戦だった。
 それでも奥原やタカマツが異口同音に「勇気をもらった」と語ったように、勇敢な姿勢が後続の日本チームに好影響をもたらした。

第2試合(女子シングルス)
○奥原希望 11-21/21-17/21-14 成池鉉

 出だしから我慢のラリーを展開するが、相手もミスがなく、ズルズルと点差が付いていった。「飛ぶ方のコートでシャトルのコントロールに苦労した」とアウトのミスが多かった。最後は長身・成池鉉のラウンドからのクロスカットがエースになって11点で失った。しかし、155センチの奥原が体全体を使って粘る姿に会場はざわつき始め、徐々に奥原への拍手が増えていった。
 風下のセカンドは「思い切り打てて、それで状態も良くなった」と開始からギアを一段上げた。スマッシュやフェイントの効いたドロップエースが飛び出し、11-4リードする。相手は苦しそうな表情になったものの必死に追いすがって16-15。逃げる奥原はここで再加速し、スピンネットを駆使して奪い返した。
ファイナルは1点ビハインドで折り返したが、ここから底力を発揮。「体力は厳しかったが、向こうもきつそうだった。絶対負けない気持ちでスピードを上げた」と奥原らしさ全開のスタミナ勝ち。ここまで完全アウェーだったはずが、最後には万雷の拍手に包まれ「小さな私が頑張ったことへの拍手。頑張れていたんだと実感できた」と笑顔がはじけた。

第3試合(男子シングルス)
●上田拓馬 9-21/20-22 孫完虎

 ランキング25位と5位の対戦だが、実はこれまで孫に2勝1敗と勝ち越してきた上田に今大会ようやくチャンスが巡ってきた。ファーストは上田の仕掛けが相手のリズムに合ってしまい、気持ちよくレシーブされて9点で落とした。「緊張で攻めが単純になった」と反省。
各選手がコントロールしやすいと口をそろえる風下に移った第2ゲームは、シーソーゲームに持ち込んだ。19-20では万事休すかと思った相手のクロスプッシュをダイビングレシーブでエースにして追いつく執念も見せた。しかし、続くラリーのプッシュがチャレンジでアウトに覆り、最後はタッチネットの判定で終了。
映像ではネットが動く様子はなく、上田も「感触はない」と抗議したが、判定はそのまま。「あの状況にしてしまった僕が悪い」と潔く語った。

第4試合(女子ダブルス)
○高橋礼華/松友美佐紀 21-17/21-8 張藝娜/鄭景銀

後がなくなった状況でも日本のエースは動じなかった。「デンマーク戦で酷い試合をしたので、絶対回ってこいと、心も体も準備できていた」と松友。初対戦の相手とはいえ、以前のペアリングでは実績のある強豪に対して油断はなかった。
相手は松友を後ろに追い込もうとする意図を感じさせる球回しだったものの、当の本人は「一度後ろに釘付けにされてからは自分たちの形に持ち込もうと考えてラリーできた」。セカンドはほぼ一方的に打ち込み続ける圧勝で、高橋は「できすぎかも」と笑った。

第5試合(混合ダブルス)
○数野健太/栗原文音 21-14/21-15 高成炫/金ハナ

 命運を託されたスペシャルペアが、魅力である爆発力を遺憾なく発揮して日本に歓喜をもたらした。「来るなら2-2の状況。回ってきてくれと思っていた」と栗原。その心構えがスタートダッシュにつながり、0-1から6連続得点。中盤に追いつかれたものの、12オールから再び引き離してファーストをゲット。韓国男子選手の緊張がスタンドまで伝わってくるほどだったのに対し、数野も栗原も爽快なまでに強打を打ち込んだ。
 セカンドは栗原のサーブミスで始まったにも関わらず、勢いは止まらなかった。日本ベンチに近いサイドで応援も力に変え、渾身のアタックで序盤から大きなリードを得る。12-9、18-15と2度3点差まで迫られ、これ以上は危険水域という時に3連続ポイントで突き放した。最後は数野のスマッシュが韓国コートに突き刺さり、全身を使ってガッツポーズ。「デンマーク戦で負けた分も恩返ししたかった」と数野は興奮しきり。
「信じられない。朴さんの教えを少しは発揮できた」と大会中も欠かさなかった個人レッスンにも感謝。ダブルスの神様、朴柱奉監督も「合宿からよく頑張った。ベストゲーム!」と手放しで褒め讃えた。