みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

第71回 全日本総合バドミントン選手権大会

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントンオランダオープン2017

バドミントンオランダオープン2017
(開催地:オランダ  アルメーレ市 10/10-10/15)
 
【1日目】
本日は各種目の予選が行われました。
男子シングルス山澤選手はミャンマー選手に第2ゲームを奪われたものの、第3ゲームは序盤から立て直し大きくリードを奪い本戦に進出。
女子シングルス仲井選手はイングランド選手を寄せ付けず本戦に進みました。
明日は男子シングルス1・2回戦と女子シングルス1回戦が行われます。
(日本選手団コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
予選1回戦
山 澤 直 貴
(法政大学)
21-14
15-21
21- 9
NAING Phone Pyae
(ミャンマー)
女子シングルス
予選1回戦
仲 井 由 希 乃
(再春館製薬所)
21- 4
21-15
BLAND Georgina
(イングランド)
【2日目】
本日は男子シングルス1・2回戦と女子シングルス、ミックスダブルスの1回戦が行われました。
男子シングルス五十嵐選手は1・2回戦ともに安定した試合運びで終始リードを奪いストレート勝ち。桃田選手は2回戦で第9シードのオランダ選手に第2ゲーム19-20から逆転で勝利。武下選手は2回戦で第3ゲームマッチポイントを奪われた場面から追い付き20-20からは4度のマッチポイントを凌いで最後は逆転で87分の大激戦を制した。
女子シングルス鈴木選手は第2ゲーム10-15から終盤で追い付き逆転で勝利した。
明日は男子シングルス3回戦、女子シングルス・ミックスダブルス2回戦、男女ダブルス1・2回戦がそれぞれ行われます。
(日本選手団コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
1回戦
山 澤 直 貴
(法政大学)
14-21
18-21
DET Subhankar
(インド)
五 十 嵐 優
(中央大学)
21- 9
21-10
KRAL Ondrej
(チェコ)
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21-18
21-17
EVANS Scott
(アイルランド)
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-14
21-10
KAN Chao Yu
(チャイニーズタイペイ)
2回戦
五 十 嵐 優
(中央大学)
21-13
21-11
PENG David
(ドイツ)
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21-16
22-20
CORVEE Lucas
(オランダ)
武 下 利 一
(トナミ運輸)
16-21
22-20
28-26
GEMKE Rasmus
(デンマーク)
女子シングルス
1回戦
仲 井 由 希 乃
(再春館製薬所)
11-21
17-21
ZHANG Beiwen
(アメリカ)
鈴 木 温 子
(ヨネックス)
21-15
21-19
JAKOBSEN Julie Dawall
(デンマーク)
【3日目】
本日は男子シングルス3回戦と女子シングルス、ミックスダブルス2回戦、男女ダブルス1・2回戦が行われました。
男子シングルス五十嵐選手は第1・2ゲームともに安定した試合運びでストレート勝ち。桃田選手は第1ゲーム序盤こそ大きくリードされる場面はあったもののその後は安定した試合運びでストレート勝ち。
女子シングルス鈴木選手は第1ゲームを奪われたものの、第2・3ゲームは相手を寄せ付けず終始リードを奪い勝利。
男子ダブルルス井上・金子ペアは2回戦で日本の竹内・松居ペアをファイナルゲームの末に勝利。
女子ダブルス櫻本・高畑ペアは1・2回戦ともに安定した試合運びでストレート勝ちした。
明日は各種目の準々決勝が行われます。
(日本選手団コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
3回戦
五 十 嵐 優
(中央大学)
21-15
21-13
MALKOV Vladimir
(ロシア)
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21-16
21- 8
ABIAN Pablo
(スペイン)
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-19
17-21
14-21
CALJOUW Mark
(オランダ)
女子シングルス
2回戦
鈴 木 温 子
(ヨネックス)
15-21
21-14
21-13
LANSAC Delphine
(フランス)
男子ダブルス
1回戦
権 藤 公 平
渡 邊 達 哉
(トナミ運輸)
11-21
24-22
16-21
KARANDASUWARDI Ricky
PRATAMA Angga
(インドネシア)
松 居 圭 一 郎
竹 内 義 憲
(日立情報通信エンジニアリング)
21-10
21-19
BONNY Mathias
SCHALLER Oliver
(スイス)
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
21-17
21-11
BENZ Daniel
HEINZ Daniel
(ドイツ)
2回戦
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
18-21
21-13
21-14
松居 圭一郎
竹内 義憲
(日立情報通信エンジニアリング)
女子ダブルス
1回戦
櫻 本 絢 子
髙 畑 祐 紀 子
(ヨネックス)
21- 9

21- 8
KHLEBKO Irina
KOMENDROVSKAJA Elena
(ロシア)
2回戦
櫻 本 絢 子
髙 畑 祐 紀 子
(ヨネックス)
21-17
21-18
KONON Olga
(ドイツ)
MAGEE Chloe
(アイルランド)
【4日目】
本日は各種目の準々決勝が行われました。
男子シングルス桃田選手は第3シードデンマーク選手と対戦。第1ゲームを奪い、第2ゲームは中盤まで競り合ったものの終盤で抜け出しストレート勝ち。五十嵐選手は相手選手の怪我のため棄権で不戦勝で準決勝に進んだ。
男子ダブルスス井上・金子ペアはマレーシアペアと大戦。第1ゲームを奪い、第2ゲームは終盤で追い上げられたものの逃げ切り2-0で勝利した。
女子ダブルス櫻本・髙畑ペアは第3シードのマレーシアペアと対戦。第1・2ゲームともに中盤から抜け出し2-0で勝利した。
明日は各種目の準決勝が行われます。
(日本選手団コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
準々決勝
五 十 嵐 優
(中央大学)
棄権
×
ZILBERMAN Misha
(イスラエル)
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21-12
21-18
VITTINGHUS Hans Kristian Solberg
(デンマーク)
女子シングルス
準々決勝
鈴 木 温 子
(ヨネックス)
11-21
12-21
ZHANG Beiwen
(アメリカ)
男子ダブルス
準々決勝
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
21-14
21-19
SHIA Chun Kang
TAN Wee Gieen
(マレーシア)
女子ダブルス
準々決勝
櫻 本 絢 子
髙 畑 祐 紀 子
(ヨネックス)
21-15
21-19
CHOW Mei Kuan
LEE Meng Yean
(マレーシア)
【5日目】
本日は各種目の準決勝が行われました。
男子シングルス五十嵐選手は第1シードで世界ランキング10位のタイペイ選手と対戦。第1ゲームを奪われたものの、第2ゲームは出足から大きくリードを奪い有利に試合を進めて奪い返します。第3ゲームは中盤17-17まで競り合ったものの、そこから抜け出して勝利した。桃田選手は第1・2ゲームともに有利に試合を進めて大きくリードを奪い快勝した。
男子ダブルス井上・金子ペアは第4シードのインドネシアペアと対戦。第1・2ゲームともに中盤から抜け出し2-0で勝利した。
明日は大会最終日、各種目の決勝が行われます。
(日本選手団コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
準決勝
五 十 嵐 優
(中央大学)
17-21
21-14
21-17
WANG Wei Tzu
(チャイニーズタイペイ)
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21-16
21- 6
CALJOUW Mark
(オランダ)
男子ダブルス
準決勝
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
21-18
21-15
ANGRIAWAN Berry
HARDIANTO Hardianto
(インドネシア)
女子ダブルス
準決勝
櫻 本 絢 子
髙 畑 祐 紀 子
(ヨネックス)
11-21
15-21
AWANDA Anggia Shitta
ISTARANI Ni Ketut Mahadewi
(インドネシア)
【6日目】
本日は大会最終日、各種目の決勝が行われました。
男子シングルスは五十嵐選手対桃田選手の日本対決となりました。第1・2ゲームともに序盤の競り合いから中盤で連続ポイントを奪った桃田選手が有利に試合を進めてストレート勝ち。桃田選手は1回戦から決勝まで1ゲームも奪われない圧倒的な強さで優勝を果たした。
男子ダブルス井上・金子ペアは第5シードのタイペイペアと対戦。第1ゲーム序盤から攻め込まれる苦しい展開となり、中盤で追い上げ、終盤で20-20に追い付きますが、このゲームを奪われます。第2ゲームも序盤からリードを奪われ、追いかける展開が終盤まで続き0-2で残念ながら敗れたものの、準優勝を果たした。
本日の試合をもちまして本大会すべての試合が終了致しました。
ご声援ありがとうございました。
(日本選手団コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
決勝
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21-10
21-12
五十嵐 優
(中央大学)
男子ダブルス
決勝
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
22-24
18-21
LIAO Min Chun
SU Cheng Heng
(チャイニーズタイペイ)