みんなの輝き、つなげていこう。

TOKYO 2020 ID チケット申込事前登録キャンペーン

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

リンナイ株式会社 | キッチン、リビング、バスルームなど、多様化する生活シーンに適した商品やサポート情報をご紹介

クレジットカードはライフカード

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018バドミントン選手権大会 Part of the HSBC BWF World Tour Super 750

ヨネックス秋田マスターズ2018

ヨネックス大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会2018

第71回 全日本総合バドミントン選手権大会

世界ランキング

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

BWFワールドスーパーシリーズファイナルズ2017

BWFワールドスーパーシリーズファイナルズ2017
(開催地:アラブ首長国連邦 ドバイ市 12/13-12/17)
 
 

決勝トーナメントはこちら

組合せ

【1日目】
本日は各種目グループリーグ第1戦が行われました。
女子シングルス
日本人同士の対戦。1ゲーム目は山口が先取、2ゲーム目は序盤に佐藤が大きくリードを広げますが、終盤に山口が追いつき、2-0で山口が勝利しました。
男子ダブルス
園田・嘉村ペアは世界ランキング3位の中国ペアと対戦。長身の相手ペアの攻撃を封じて、2-0で勝ちました。保木・小林ペアはベテランのデンマークペアとの対戦。1ゲーム目は接戦でしたが、終盤に要所でミスが出てしまい、0-2で敗戦となりました。
女子ダブルス
福島・廣田ペアは安定した試合運びで台北ペアに圧勝しました。田中・米元ペアは、インドネシアオープン以来となる同韓国ペアとの対戦。1ゲーム目中盤までは競り合う展開でしたが流れをつかめず、0-2で敗退しました。
混合ダブルス
数野・栗原ペアは、世界ランキング1位の中国ペアと対戦。1、2ゲームともに前半は落ち着いた球回しで試合を進めましたが、後半に相手のスピードある展開に揺さぶられて0-2で敗戦となりました。
明日は各種目グループリーグの第2回戦が行われます。
(日本選手団代表:朴柱奉)
女子シングルス
グループリーグ
第1戦
山 口 茜
(再春館製薬所)
21-12
21-19
佐藤 冴香
(ヨネックス)
男子ダブルス
グループリーグ
第1戦
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
21-17
21-17
LI Junhui
LIU Yuchen
(中国)
保 木 卓 朗
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
18-21
14-21
BOE Mathias
MOGENSEN Carsten
(デンマーク)
女子ダブルス
グループリーグ
第1戦
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(再春館製薬所)
21-13
21-13
HSU Ya Ching
U Ti Jung
(チャイニーズタイペイ)
田 中 志 穂
米 元 小 春
(北都銀行)
16-21
10-21
CHANG Ye Na
LEE So Hee
(韓国)
混合ダブルス
グループリーグ
第1戦
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
16-21
12-21
ZHENG Siwei
HEN Qingchen
(中国)
【2日目】
本日は各種目グループリーグ第2戦が行われました。
女子シングルス
山口は世界ランキング8位の中国選手と対戦。2ゲーム目こそ奪われたものの、冷静にコースを突いて相手を動かし、2-1で勝利しました。佐藤は世界選手権ファイナリストのインド選手と対戦。攻撃力の高い相手とのラリーにミスが出て、0-2で敗戦となりました。
男子ダブルス
園田・嘉村ペアは、世界ランキング1位のインドネシアペアと対戦。積極的なプレーで攻撃に繋げ、2-0で勝利しました。保木・小林ペアは、世界選手権覇者の中国ペアと対戦。相手の強打への対応が遅れ、0-2で敗戦となりました。
女子ダブルス
福島・廣田ペアは1、2ゲームともに序盤からリードする展開で得点を重ね、2-0で韓国ペアに快勝しました。田中・米元ペアは、昨日、同国対決を制した中国ペアと対戦。コースを突いて相手ペアのリズムを崩して、2-0で勝利しました。
混合ダブルス
数野・栗原ペアは、今季後半戦で好調を維持する香港ペアと対戦。1ゲーム目を奪われ、2ゲーム目は立て直しますが、最終ゲームは相手ペアのスピードある攻撃を止められず、1-2で敗戦となりました。
明日は各種目グループリーグの第3回戦が行われます。
(日本選手団代表:朴柱奉)
女子シングルス
グループリーグ
第2戦
山 口 茜
(再春館製薬所)
21-14
13-21
21-8
HE Bingjiao
(中国)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
13-21
12-21
PUSARLA V. Sindhu
(インド)
男子ダブルス
グループリーグ
第2戦
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
21-17
21-17
GIDEON Marcus Fernaldi
SUKAMULJO Kevin Sanjaya
(インドネシア)
保 木 卓 朗
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
18-21
15-21
LIU Cheng
ZHANG Nan
(中国)
女子ダブルス
グループリーグ
第2戦
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(再春館製薬所)
21-18
21-13
JUNG Kyung Eun
SHIN Seung Chan
(韓国)
田 中 志 穂
米 元 小 春
(北都銀行)
21-16
21-16
HUANG Yaqiong
YU Xiaohan
(中国)
混合ダブルス
グループリーグ
第2戦
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
16-21
21-16
6-21
TANG Chun Man
TSE Ying Suet
(ホンコンチャイナ)
【3日目】
本日は各種目グループリーグ第3戦が行われました。
女子シングルス
山口はインド選手と対戦。動きに精彩を欠き、0-2で負けました。2勝1敗の2位でグループリーグ通過です。佐藤は中国選手と対戦。相手に得意なショットを打たせない球回しでポイントを重ねて勝利しましたが、1勝2敗、グループリーグ3位敗退となりました。
男子ダブルス
園田・嘉村ペアは1ゲーム目を先取、2ゲーム目も持ち味のスピードのあるゲーム展開に持ち込んで勝利。3戦全勝で準決勝に駒を進めました。保木・小林ペアは、惜しくも1-2で台北ペアに敗け、予選リーグ4位敗退となりました。
女子ダブルス
福島・廣田ペアはデンマークペアと対戦。長身で攻撃力の高い相手にもペースをつかませず、2-0で勝利。3戦全勝でグループリーグを突破しました。田中・米元ペアは、世界ランキング1位の中国ペアと対戦。安定したレシーブとスピードのある動きで優勢に立ち、2-0で勝利しました。2勝1敗グループリーグ1位通過です。
混合ダブルス
数野・栗原ペアは、世界ランキング6位のインドネシアペアと対戦。今大会最も良いパフォーマンスを発揮して勝利しましたが、1勝2敗でグループリーグ3位敗退となりました。
明日は各種目の準決勝が行われます。
(日本選手団代表:朴柱奉)
女子シングルス
グループリーグ
第3戦
山 口 茜
(再春館製薬所)
9-21
13-21
PUSARLA V. Sindhu
(インド)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-18
21-16
HE Bingjiao
(中国)
男子ダブルス
グループリーグ
第3戦
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
21-9
21-19
CONRAD-PETERSEN Mads
KOLDING Mads Pieler
(デンマーク)
保 木 卓 朗
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
21-15
15-21
16-21
LEE Jhe-Huei
LEE Yang
(チャイニーズタイペイ)
女子ダブルス
グループリーグ
第3戦
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(再春館製薬所)
21-12
21-12
JUHL Kamilla Rytter
PEDERSEN Christinna
(デンマーク)
田 中 志 穂
米 元 小 春
(北都銀行)
21-15
21-15
CHEN Qingchen
JIA Yifan
(中国)
混合ダブルス
グループリーグ
第3戦
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
21-13
21-17
JORDAN Praveen
SUSANTO Debby
(インドネシア)