みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

リンナイ株式会社 | キッチン、リビング、バスルームなど、多様化する生活シーンに適した商品やサポート情報をご紹介

クレジットカードはライフカード

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ヨネックス大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会2018

ジャパンオープン2018 バドミントン選手権大会

第71回 全日本総合バドミントン選手権大会

世界ランキング

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

BWFワールドスーパーシリーズファイナルズ2017

BWFワールドスーパーシリーズファイナルズ2017
(開催地:アラブ首長国連邦 ドバイ市 12/13-12/17)
 
 

グループリーグはこちら

表彰式の様子

 
 


試合の様子

 
 


帰国会見の様子

 
 
 
 
 
 
 

決勝トーナメント

【4日目】
本日は各種目準決勝が行われました。
女子シングルス
山口は世界ランキング6位のタイの選手と対戦。1ゲーム目はスピードある相手に押されて先取されますが、2ゲーム目は粘り強いラリーで奪い返します。3ゲーム目は中盤以降、相手にリードを許す展開でしたが、14-18から一気に6点連続得点で逆転してマッチポイントを奪い、勝利しました。
男子ダブルス
園田・嘉村ペアは一昨日に対戦したインドネシアペアと再戦。1ゲーム目は相手ペアの多彩な攻撃が冴えて先取されますが、2ゲーム目はサービス周りから優位にたって攻撃につなげる形が成功し、奪い返します。3ゲーム目は相手が先行する展開の中、終盤16点で追いつきますが、そこから流れをつかめず、1-2で敗退しました。
女子ダブルス
福島・廣田ペアは中国ペアと対戦。1ゲーム目、相手のリズムを崩す配球で相手を翻弄して先取。2ゲーム目前半は競り合いますが、インターバル以降も積極的なプレーを維持して得点差を広げ、2-0で勝ちました。
田中・米元ペアはデンマークペアと対戦。各ゲーム、終盤の相手ペアの追い上げなど苦しい場面もありましたがリードを保ち、2-0で勝ちました。女子ダブルス決勝は日本ペア同士の対決です。
明日は各種目の決勝が行われます。
(日本選手団代表:朴柱奉)
女子シングルス
準決勝
山 口 茜
(再春館製薬所)
17-21
21-12
21-19
INTANON Ratchanok
(タイ)
男子ダブルス
準決勝
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
10-21
21-18
16-21
GIDEON Marcus Fernaldi
SUKAMULJO Kevin Sanjaya
(インドネシア)
女子ダブルス
準決勝
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(再春館製薬所)
21-13
21-14
HUANG Yaqiong
YU Xiaohan
(中国)
田 中 志 穂
米 元 小 春
(北都銀行)
21-19
21-19
JUHL Kamilla Rytter
PEDERSEN Christinna
(デンマーク)
【5日目】
本日は各種目の決勝が行われました。
女子シングルス
山口はグループリーグで敗戦を喫したインド選手と対戦。1ゲーム目は高身長の相手に苦戦します。 2ゲーム目、序盤はリードされますが、相手に強打を打たせない球まわしを続けて中盤で逆点。3ゲーム目は終始接戦でしたが、粘り強くラリーをして相手選手の体力を奪い、同大会初優勝を決めました。
女子ダブルス
女子ダブルス決勝は日本ペア同士の対決。1ゲーム目序盤から田中・米元ペアが主導権を握り、リードします。福島・廣田ペアも中盤で1点差まで差を縮めますが捕らえられず、田中・米元ペアが先取。
2ゲーム目も田中・米元ペアはミスのないプレーで得点差を広げ、同大会初優勝となりました。
本日の試合をもちまして本大会すべての試合が終了致しました。
ご声援ありがとうございました。
女子シングルス
決勝
山 口 茜
(再春館製薬所)
15-21
21-12
21-19
PUSARLA V. Sindhu
(インド)
女子ダブルス
決勝
田 中 志 穂
米 元 小 春
(北都銀行)
21-16
21-15
福島 由紀
廣田 彩花
(再春館製薬所)