みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

第71回 全日本総合バドミントン選手権大会

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

第25回日韓中ジュニア交流競技会バドミントン競技

第25回日韓中ジュニア交流競技会バドミントン競技
(日本 石岡市 8/25-8/27)
 
【1日目】
日・韓・中交流競技会1日目の結果報告をします。
日本チームは男女とも韓国チームとの試合となりました。
男子団体は、初戦のシングルから積極的なプレーを展開し、相手に隙を与えないゲーム運びをして、チームの流れをつかみました。その後の試合も、日本チームのゲーム運びとなり、結果は4-1で勝ちました。全体的には序盤から中盤にかけて競る場面が多かったが、日本選手の方が経験値やスキル等が上回り、中盤以降抜け出し勝つゲームができた。
女子団体は、選手全員が国外選手と試合をすることに緊張し、思うように自分の試合ができていないことがありましたが、終盤になるにつれて自分の試合展開ができるようになり全試合1ゲームも落とさずチームも5-0で勝つことができました。
明日は茨城戦となります。一戦一戦抜かりなく、勝ちにこだわるゲームをしていきたいと思います。
男子:本多裕樹
女子:星 大智

(日本選手団代表:本多 裕樹)
男子団体戦
日本
4-1
×
韓国
第1シングルス
男子団体戦
緑 川 大 輝
(埼玉栄)
21-13
21-4
LEE DONGGEON
(韓国)
第1ダブルス
男子団体戦
筑 後 恵 太
山 田 尚 輝
(ふたば未来学園)
21-12
21-17
OH SUNGWON
ARK SEONG WOO
(韓国)
第2シングルス
男子団体戦
嶺 岸 洸
(聖ウルスラ学院英智)
21-15
21-8
KIM YOUNG MIN
(韓国)
第2ダブルス
男子団体戦
中 山 裕 貴
緑 川 大 輝
(埼玉栄)
21-17
16-21
22-24
KIM WONHO
ANG MINHYUK
(韓国)
第3シングルス
男子団体戦
高 上 麟 龍
(ふたば未来学園)
21-6
21-9
PARK SEONG WOO
(韓国)
女子団体戦
日本
5-0
×
韓国
第1シングルス
女子団体戦
鈴 木 ゆ う き
(聖ウルスラ学院英智)
21-13
21-17
KIM SEONGMIN
(韓国)
第1ダブルス
女子団体戦
森 沙 耶
石 村 亜 美
(青森山田)
21-12
21-16
PARK MINJI
AEK SEUNGYEON
(韓国)
第2シングルス
女子団体戦
内 山 智 尋
(ふたば未来学園)
21-16
21-14
BAEK SEUNGYEON
(韓国)
第2ダブルス
女子団体戦
由 良 な ぎ さ
永 井 瀬 雰
(ふたば未来学園)
21-15
21-14
YI DAYOON
WON RYOUNGEUN
(韓国)
第3シングルス
女子団体戦
森 沙 耶
(青森山田)
21-13
21-13
KPARK MINJI
(韓国)
【2日目】
日・韓・中交流競技会2日目の結果報告をします。
日本チームは男女とも茨城県チームとの試合となりました。
男子団体は、すべての試合において、積極性あるゲーム運びをして、5-0で勝利を収めた。
内容としても、勝つところまで気を抜くかずに、終始集中してゲームに取り組めていた。
女子団体は、初戦の第1シングルスにおいて、1ゲームを先取したが、その後、リズムを崩してしまい敗退。次戦のダブルスからは、各々が自分のプレーをしっかりやりきり4-1で勝利を収めた。反省としては受けに回る試合展開が多数見受けられたので、明日の中国戦では調整して、勝つ取り組みをしていきたい。
明日は最終戦、中国との試合になります。チームJAPANとして、一致団結し勝利を収めたいと
思います。
男子:本多裕樹
女子:星 大智

(日本選手団代表:本多 裕樹)
男子団体戦
日本
5-0
×
茨城県選手団
第1シングルス
男子団体戦
中 山 裕 貴
(埼玉栄)
21- 5
21-16
内藤 保
(常総学院)
第1ダブルス
男子団体戦
山 田 尚 輝
筑 後 恵 太
(ふたば未来学園)
21-10
21-12
本田 晃太
谷 祐太
(常総学院)
第2シングルス
男子団体戦
嶺 岸 洸
(聖ウルスラ学院英智)
21-11
21- 7
松田 俊也
(常総学院)
第2ダブルス
男子団体戦
中 山 裕 貴
緑 川 大 輝
(埼玉栄)
21- 8
21- 4
吉田 純
山 太陽
(常総学院)
第3シングルス
男子団体戦
高 上 麟 龍
(ふたば未来学園)
21- 6
21- 9
本田 晃太
(常総学院)
女子団体戦
日本
5-0
×
茨城県選手団
第1シングルス
女子団体戦
鈴 木 ゆ う き
(聖ウルスラ学院英智)
21-12
16-21
21-23
鈴木 幸恵
(常総学院)
第1ダブルス
女子団体戦
永 井 瀬 雰
由 良 な ぎ さ
(ふたば未来学園)
21-19
21-12
海老澤 彩
川 明華
(石岡一高)
第2シングルス
女子団体戦
内 山 智 尋
(ふたば未来学園)
21-13
21-11
佐藤 芽穂
(常総学院)
第2ダブルス
女子団体戦
森 沙 耶
石 村 亜 美
(青森山田)
21-11
21- 8
鈴木 幸恵
田 光
(常総学院)
第3シングルス
女子団体戦
由 良 な ぎ さ
(ふたば未来学園)
21-17
19-21
21-13
海老澤 彩
(石岡一高)
【3日目】
日・韓・中交流競技会3日目の結果報告をします。
日本チームは男女とも中国チームとの試合となりました。
男子団体戦は、第1シングルスを落とすものの、第1ダブルスで勝利し、1-1に持ち越した。
その後の試合はすべてファイナルゲームにもつれ込む接戦となったが、大事なところでポイントが奪えず、すべて敗退してしまった。結果は1-4で中国の勝利となった。
女子団体戦は、第1シングルと第1ダブルスが安定したプレー展開で2勝をあげ、続く第2シングスでは相手の配球に苦戦をし敗退。残りの第2ダブルスと第3シングルスは勝負所で自分から積極的に攻め勝利へ繋げました。結果中国チームに4-1で勝利しリーグを全勝で終わることができました。
今回の交流会では、各々の課題も見つかり、次につながる貴重な経験ができたように感じます。
応援してくださった皆様本当にありがとうございました。
男子:本多裕樹
女子:星 大智

(日本選手団代表:本多 裕樹)
男子団体戦
日本
×
1-4
中国
第1シングルス
男子団体戦
嶺 岸 洸
(聖ウルスラ学院英智)
16-21
10-21
GAO ZHENZE
(中国)
第1ダブルス
男子団体戦
山 田 尚 輝
筑 後 恵 太
(ふたば未来学園)
21-17
21-18
CHEN KENG
ANG YINZHI
(中国)
第2シングルス
男子団体戦
高 上 麟 龍
(ふたば未来学園)
14-21
21-17
10-21
DONG YU XUAN
(中国)
第2ダブルス
男子団体戦
中 山 裕 貴
緑 川 大 輝
(埼玉栄)
9-21
21-17
14-21
DONG YU XUAN
E YUAN PENG
(中国)
第3シングルス
男子団体戦
山 田 尚 輝
(ふたば未来学園)
21-12
21-23
19-21
GU JUNFENG
(中国)
女子団体戦
日本
4-1
×
茨城県選手団
第1シングルス
女子団体戦
鈴 木 ゆ う き
(聖ウルスラ学院英智)
21-18
21-16
LV XUE ZHOU
(中国)
第1ダブルス
女子団体戦
森 沙 耶
石 村 亜 美
(青森山田)
24-22
21-16
CHEN FANGHUI
HOU SHUNQI
(中国)
第2シングルス
女子団体戦
内 山 智 尋
(ふたば未来学園)
16-21
10-21
WANG SIQI
(中国)
第2ダブルス
女子団体戦
由 良 な ぎ さ
永 井 瀬 雰
(ふたば未来学園)
21-19
17-21
21-18
WANG SIQI
HEN QIN YAO
(中国)
第3シングルス
女子団体戦
森 沙 耶
(青森山田)
21-18
25-23
JIANG XUE YI
(中国)