みんなの輝き、つなげていこう。

TOKYO 2020 ID チケット申込事前登録キャンペーン

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

リンナイ株式会社 | キッチン、リビング、バスルームなど、多様化する生活シーンに適した商品やサポート情報をご紹介

クレジットカードはライフカード

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

平成30年度第72回全日本総合バドミントン選手権大会

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018バドミントン選手権大会 Part of the HSBC BWF World Tour Super 750

ヨネックス秋田マスターズ2018

ヨネックス大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会2018

世界ランキング

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントンマレーシアインターナショナルチャレンジ2018

バドミントンマレーシアインターナショナルチャレンジ2018
(開催地:マレーシア クアラルンプール市 4/17-4/22)
 
【1日目】
本日は全種目の予選と男子シングルス本選一回戦が行われました。
男子シングルスは予選から出場した大林選手が本選一回戦で第4シードのインドネシア選手と対戦。
相手の早いタッチからうまく攻撃をしかけられ敗退しました。奈良岡選手はインド選手の素早い動きに高さなど使いますが、風の影響でミスを連発し敗退。
予選の内藤選手は1ゲームリズムよく攻撃を仕掛け先取しますが、2ゲーム目以降リズムにのれず逆転負けいたしました。丸尾選手はファイナルの大接戦で勝利しました。
男子ダブルス渡邉・下農組、藤野・西川組は危なげなく予選を突破しました。
ミックスダブルス三橋・篠谷組がタイ選手を接戦の末勝利しました。
明日は、男子シングルス本選2回戦とその他種目の本選1回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:早川 賢一)
男子シングルス
予選1回戦
大 林 拓 真
(早稲田大学)
21-11
21-10
SARDIK Datu Mohd Saffuan Nizam
(マレーシア)
内 藤 浩 司
(日立情報通信エンジニアリング)
21-12
20-22
9-21
LAI Yu-hua
(チャイニーズ・タイペイ)
1回戦
奈 良 岡 功 大
(浪岡高校)
19-21
16-21
MANJUNATH Mithun
(インド)
大 林 拓 真
(早稲田大学)
12-21
15-21
KHOLIK Firman Abdul
(タイ)
丸 尾 亮 太 郎
(日立情報通信エンジニアリング)
21-15
17-21
25-23
OUPTHONG Ruttanapak
(タイ)
下 農 走
(トナミ運輸)
13-21
17-21
VITIDSARN Kunlavut
(インドネシア)
男子ダブルス
予選1回戦
渡 邊 達 哉
下 農 走
(トナミ運輸)
21-17
21-10
ISMAIL Muhammad Syawal Mohd
SIA Zachary Chiong Shen
(マレーシア)
藤 野 琢 人
西 川 裕 次 郎
(NTT東日本)
23-21
18-21
21-12
AZHAR Izzat Farhan
MAZLAN Ahmad Maziri
(マレーシア)
混合ダブルス
予選1回戦
三 橋 健 也
(日本大学)
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
21-18
21-17
CHAROENKITAMORN Chaloempon
IAMRATANAMAETHEEKUL Rawimon
(タイ)
【2日目】
本日は男子シングルス2回戦と各種目の1回戦が行われました。
男子シングルの丸尾選手は相手の粘り強いプレーに終始リードされ敗退しました。
男子ダブルスは渡邊・下農組が岡村・小野寺組を早い攻撃や低い展開でプレーをしてミスを誘い勝利しました。
女子ダブルスの川島・尾崎組はインドネシアのペアに1ゲーム目は競りますが2ゲーム目以降相手に付け入る隙を与えず勝利した。保原・曽根組も第2シードのインドネシアペアに快勝。
混合ダブルスの三橋・篠谷組はマレーシアペアに1ゲーム中盤までリードされる苦しい展開が続きますが相手をよく見て要所にスマッシュなど攻撃展開が冴えわたり逆転し2ゲームは点数を離して勝利しました。
明日は、男子シングルス本選3回戦とその他種目の本選2回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:早川 賢一)
男子シングルス
2回戦
丸 尾 亮 太 郎
(日立情報通信エンジニアリング)
16-21
13-21
TAN Jia Wei
(マレーシア)
女子シングルス
1回戦
高 橋 明 日 香
(ヨネックス)
19-21
12-21
LIM Yin Fun
(マレーシア)
男子ダブルス
1回戦
渡 邊 達 哉
下 農 走
(トナミ運輸)
21-15
21-17
岡村 洋輝
(日本ユニシス)
小野寺 雅之
(早稲田大学)
金 子 真 大
久 保 田 友 之 祐
(トナミ運輸)
21-18
14-21
15-21
ISARA Bodin
PHUANGPHUAPET Nipitphon
(タイ)
竹 内 義 憲
松 居 圭 一 郎
(日立情報通信エンジニアリング)
17-21
17-21
SHIA Chun Kang
TAN Wee Gieen
(マレーシア)
塚 本 好 喜
高 野 将 斗
(日立情報通信エンジニアリング)
21-14
19-21
17-21
CHOOI Kah Ming
LOW Juan Shen
(マレーシア)
藤 野 琢 人
西 川 裕 次 郎
(NTT東日本)
20-22
16-21
LEE Jian Yi
LIM Zhen Ting
(マレーシア)
女子ダブルス
1回戦
川 島 里 羅
尾 崎 沙 織
(NTT東日本)
21-19
21-15
MENTARI Pitha Haningtyas WIRATAMA Angelica
(インドネシア)
保 原 彩 夏
曽 根 夏 姫
(ヨネックス)
21-17
21-15
HANADIA Keshya Nurvita
PERMATASARI Devi Tika
(インドネシア)
混合ダブルス
1回戦
権 藤 公 平
(トナミ運輸)
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
17-21
21-15
18-21
RAMADIANSYAH Andika
BANDASO Mychelle Crhystine
(インドネシア)
三 橋 健 也
(日本大学)
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
21-18
21-14
LATIF Mohamad Arif Abdul
RIODINGIN Rusydina Antardayu
(マレーシア)
【3日目】
本日は男子シングルスの3回戦と各種目の2回戦が行われました。
男子ダブルスは大阪インターナショナル準優勝のマレーシアペアと対戦。
1,2ゲームとも相手のリズムを崩せず敗退いたしました。
女子ダブルスの保原・曽根組はインドネシアペアと対戦1ゲームは簡単に取りますが2ゲームは接戦で落としましたが3ゲームはしっかり立て直し勝利しました。
ミックスダブルスの三橋・篠谷組はインドネシアペアと対戦いたしました。1ゲーム目は相手の低い展開に対応できずにとられますが2、3ゲーム目はドライブから篠谷選手が前に飛び出し相手に攻撃をさせずに試合を優位に進めて勝利しました。
明日は、全種目の準々決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:早川 賢一)
男子ダブルス
2回戦
渡 邊 達 哉
下 農 走
(トナミ運輸)
17-21
17-21
ABDUL LATIF Mohamad Arif
AYUB Nur Mohd Azriyn
(マレーシア)
男子ダブルス
2回戦
川 島 里 羅
尾 崎 沙 織
(NTT東日本)
15-21
21-18
11-21
SOONG Fie Cho
TEE Jing Yi
(マレーシア)
保 原 彩 夏
曽 根 夏 姫
(ヨネックス)
21-12
20-22
21-11
BUDIANI Denisa Dwisyawaliah
ULHAQ Nahla Aufa Dhia
(インドネシア)
混合ダブルス
2回戦
三 橋 健 也
(日本大学)
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
12-21
21-16
21-18
ABIMANYU Fachryza
ROMADHINI Bunga Fitriani
(インドネシア)
【4日目】
本日は全種目の準々決勝が行われました。
女子ダブルスの保原・曽根組はマレーシアペアと対戦。1ゲームは常に攻撃されレシーブが出来ずに取られました。2ゲームは先に攻撃を仕掛けリードする場面もありましたが、最終的にまたレシーブに戻り逆転され敗退しました。
ミックスダブルスの三橋・篠谷組はマレーシアペアと対戦。1ゲーム目は相手の攻撃に対応できずに失うと2ゲーム目以降相手の勢いを止めることができず敗退しました。
本日の試合をもちまして日本選手団の日程が終了いたしました。ご声援ありがとうございました。

(日本選手団コーチ:早川 賢一)
女子ダブルス
準々決勝
保 原 彩 夏
曽 根 夏 姫
(ヨネックス)
18-21
15-21
LIM Chiew Sien
TAN Sueh Jeou
(マレーシア)
混合ダブルス
準々決勝
三 橋 健 也
(日本大学)
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
18-21
16-21
CHEN Tang Jie
PECK Yen Wei
(マレーシア)