みんなの輝き、つなげていこう。

TOKYO 2020 ID チケット申込事前登録キャンペーン

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

リンナイ株式会社 | キッチン、リビング、バスルームなど、多様化する生活シーンに適した商品やサポート情報をご紹介

クレジットカードはライフカード

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

平成30年度第72回全日本総合バドミントン選手権大会

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018バドミントン選手権大会 Part of the HSBC BWF World Tour Super 750

ヨネックス秋田マスターズ2018

ヨネックス大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会2018

世界ランキング

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

選考基準

ダウンロード pdf (pdf)

平成30年10月23日
2019年 公益財団法人日本バドミントン協会 日本代表選手選考基準

2020年東京オリンピック対策プロジェクトと位置付けナショナルチームを日本代表選手(ナショナルチーム)A代表・日本代表選手(ナショナルチーム)B代表・ジュニア日本代表選手のチーム構成とし、それぞれ下記内容の選考基準で選考し編成する。

1.日本代表選手(ナショナルチーム)A代表 男女各12名程度
1) チーム基本構成
シングルス 男女各4名  ダブルス 男女各4組
但し、混合ダブルスと、ダブルスは兼ねる場合がある。

2.日本代表選手(ナショナルチーム)B代表 男女各12名程度
  1) チーム基本構成
シングルス 男女各6名  ダブルス 男女各3組
但し、混合ダブルスと、ダブルスは兼ねる場合がある。

3.日本代表選手(ナショナルチーム)混合ダブルス 3組程度

4.日本代表選手(ナショナルチーム)選考方法
1)平成30年度全日本総合選手権大会
シングルス    男女各 1位・2位
ダブルス     男女各 1位・2位
2)平成30年度日本ランキング(全日本総合選手権大会後発表)
シングルス    男女各 1位
ダブルス     男女各 1位
  3)選手強化本部推薦選手(年齢制限なし)
4)代表選手選考後にA代表もしくはB代表チームを決定する。(混合ダブルスを含む)

5.ジュニア日本代表選手はU19・U16・U13の3カテゴリーに分けて編成し対象年齢選手を基本としてジュニア強化部で選考する。

6.強化活動(合宿・国際大会協会派遣等)に関して、日本代表選手(ナショナルチーム)A代表・B代表・ジュニアスタッフにより、競技力向上を目的に相互交流も含め該当選手の強化に努める事とする。

7.日本代表選手は基準対象期間内でも、選手強化本部において見直す場合がある。
※基準対象期間 1月1日~12月31日

国際大会出場基準

1.オリンピック、アジア大会、世界選手権、アジア選手権、トマス杯・ユーバー杯、スディルマンカップの6大会は日本代表選手(ナショナルチーム)A代表・B代表を中心として選手強化本部で選手選考を行う。Super500以上の国際大会は日本代表選手(ナショナルチーム)A代表をエントリーとする。但し、選手強化本部が認めた場合、日本代表選手(ナショナルチーム)B代表の選手も出場可とする。

2.日本代表選手(ナショナルチーム)A代表・B代表・ジュニアが自費で国際オープン大会に出場希望する場合、事前に選手強化本部長の許可を必要とする。

3.選手が自費で国際オープン大会に出場しようとする場合は、「2019年国際大会自費参加基準及びエントリー要項」、「2019年国際ジュニア大会自費参加基準及びエントリー要項」による。

4.サポートコーチ制度について
国際大会期間中において日本代表ヘッドコーチの管理・コントロールを条件として、各チーム2名までのスタッフ(監督及びコーチ)のサポートを認める事とする。但しチーム戦は認めない。また、必ず事前に事務局に申請する事。全ての費用は自費とする。チームからの希望があればIDカード、ホテル予約は協会がサポートする。

5.日本代表選手(ナショナルチーム)A代表・B代表・ジュニア代表の行事期間中(国際交流会、日本代表強化合宿 他)は該当する他の日本代表選手の自費による国際大会出場を認めない。但し、選手強化本部長が許可した場合を除く。

日本代表選手の海外大会派遣費用について

1.アジア大会、トマス杯・ユーバー杯、スディルマンカップ等団体戦の場合は、費用は全て日本協会が負担する。

2.国際大会及び海外合宿は、1大会、1合宿につき選手1人50,000円の負担金を徴収する。但し、補助対象事業等は別に定める。また、高校生以下については別途扱いとする。
  日本協会は、集合離散費、海外宿泊費(朝食付き)、航空運賃、海外旅行保険を負担する。
  (昼食、夕食、飲料水等は個人負担)



2018年の選考基準はこちら