財団法人 日本バドミントン協会競技者資格規定

第 1 章    総          則

第 1 条  この規定は、財団法人日本バドミントン協会(以下「本会」という。)の会員及びそ
     の関係者に適用される。
第 2 条  本規定の会員及びその関係者とは、本会の登録競技者、登録役員、登録加盟団体及び
     その会員、その他、本会規定による構成員をいう。


第 2 章    登  録  競  技  者

第 3 条  本会の登録競技者は、バドミントン競技で得た名声を商業宣伝のために使ってはなら
     ない。
第 4 条  本会の登録競技者は、参加した競技会で、賞状、トロフィ、カップ、タテ等以外の賞
     または副賞、記念品およびこれに準ずるもの以外の金品を受けてはならない。ただし、
     理事会の議を経て認められた競技者についてはこの限りではない。また、上記の賞、副
     賞、記念品を金銭に変えてはならない。
第 5 条  本会の登録競技者は、宣伝媒体のテレビ、ラジオ、新聞、週刊誌等の座談会及び取材
     その他の行事等に出演を求められた場合はあらかじめ本会に届け出て、承認を受けなけ
     ればならない。
第 6 条  本会の登録競技者は、本会が関係もしくは承認していない競技会、あるいは禁止して
     いる競技会に参加することができない。本条に疑義ある場合は、登録競技者はあらかじ
     め本会に問い合わせなければならない。
第 7 条  本会の登録競技者は、競技のため直接使用する着衣もしくは用器具等に広告を記載し
     たものを使用する場合は、理事会の議を経て承認されたものは可とする。


第 3 章    本 会 お よ び 本 会 加 盟 団 体

第 8 条  本会は、この規定の趣旨に基づき、競技会を開催するに当って、本会構成員以外の団
     体を共催、後援、あるいは協賛者として加えることができる。
      その団体が競技会を利用して商業宣伝を行なう恐れのある場合は、本会は該当団体と
     協議する。ただし、競技会のプログラム、ポスターを利用する場合は、この限りでない。
第 9 条  本会は、本会構成員以外の団体からの申し出による競技会に本会の登録競技者を参加
     させ、もしくは当該競技会の共催、後援、あるいは協賛者として加えることができる。
     ただし、その場合は、当該団体とあらかじめ協議する。
第10条  本会加盟の団体が競技会の開催に当って本会構成員以外の団体に協力を求める場合、
     もしくは、協力を求められた場合は本会の場合に準じ、第8条および第9条の定めを適
     用する。
第11条  本会は本会構成員および一般バドミントン競技愛好者が使用する競技用器具等の正確
     を期し、あるいは競技者の技術向上、安全等を図るため、検定料、公認料、推奨料等を
     とって、それらのものを検定、公認、推奨することができる。


第 4 章    本 会 お よ び 本 会 加 盟 団 体 役 員

第12条  本会および本会加盟の団体役員は、競技者が模範とするに足る社会人として行動しな
     ければならない。
第13条  ここに言う役員とは、当該団体の議決、執行に関係するすべてのもののほか、本会構
     成員の技術、体力、マナー等に関し指導的立場にあるすべてのものをいう。
第14条  前条の役員は、本規定の趣旨を体し、登録競技者が本規定に違反しないよう、常に指
     導、助言しなければならない。
第15条  第13条に規定する役員のうち、コーチ、トレーナーあるいは、一時的に編成されるチ
     ームの諸役員等については、必ずしも当該者の身分がアマチュアであることを要しない。
第16条  第13条に規定される役員は本規定および本規定の定めに基づき、必ずしも本会に登録
     することを要しない。


第 5 章    プ ロ フ ェ シ ョ ナ ル と の 関 係

第17条  本会は、本会登録競技者の技術向上あるいはバドミントン技術普及発展のために、本
     会登録競技者を、プロフェショナル競技者が出場する競技会に、参加させることができ
     る。ただし、その場合でも、本会登録競技者の資格および本会の該当競技者への関与は、
     本規定に拘束される。
第18条  プロフェショナルであったものが、本会に登録競技者として申請した場合は、別に定
     める機関および手続きによって審議、決定する。
第19条  プロフェショナルに関する事項は前各条の定めにかかわらず、国際バドミントン連盟
      (International Badminton Federation=略称IBF)の規定を優先する。


第 6 章    競 技 者 資 格 審 査 委 員 会

第20条  本規定の円滑なる運用をはかるため本会に競技者資格審査委員会を設ける。本委員会
     は、本会会長の委嘱により、本会役員および学識経験者若干名をもって構成する。
第21条  本会の構成員および関係者が、本規定に違反した疑いがあるときおよび本会を誹謗す
     るような行為および言動があるときは、本委員会が審議し、理事会に答申する。
第22条  前条より、本会は当該違反者、もしくは団体に対し処分を行うことができる。細則
     については別に定める。


第 7 章    補                則

第23条  本規定に定めのない事項については、本会が加盟する団体の規定を適用する。
第24条  本規定の適用もしくは解釈に疑義あるものは、すみやかに本会の競技者資格審査委員
     会に連絡しなければならない。
第25条  本規定の改廃にあたっては理事会の議を経て、財団法人日本体育協会に届け出なけれ
     ばならない。


       附         則

     本規定は昭和46年1月1日より施行する。
     本規定の一部改正は昭和58年9月3日より施行する。
     本規定の一部改正は昭和61年9月22日より施行する。
     本規定の一部改正は昭和62年9月21日より施行する。
     本規定の一部改正は平成5年7月3日より施行する。
     本規定の一部改正は平成12年4月1日より施行する。


     (本規定文は印刷物をHP公開用に手入力したものです 2005/7/4)