みんなの輝き、つなげていこう。

TOKYO 2020 ID チケット申込事前登録キャンペーン

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

リンナイ株式会社 | キッチン、リビング、バスルームなど、多様化する生活シーンに適した商品やサポート情報をご紹介

クレジットカードはライフカード

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018バドミントン選手権大会 Part of the HSBC BWF World Tour Super 750

ヨネックス秋田マスターズ2018

ヨネックス大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会2018

第71回 全日本総合バドミントン選手権大会

世界ランキング

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントン韓国オープン2018

バドミントン韓国オープン2018
(開催地:韓国 ソウル市  9/25-9/30 )
 
【1日目】
本日は各種目予選の試合と混合ダブルスの本戦1回戦が行われました。
金子松友ペアはインドネシアペアと対戦しましたが、1ゲームの競り合いをものにすると、2ゲームは緊張もほぐれてストロークが安定し始めストレートで快勝しました。また渡辺東野ペアはドイツペアと対戦しました。1ゲームは相手の攻撃がさえ17点で落とすスタートとなりましたが、2ゲームから長いラリーを制し始めると相手に疲れが出てきて逆転に成功しました。3ゲームまで動きの落ちなかった日本ペアに軍配があがり1回戦を突破しました。
明日はその他の種目の1回戦が行われます。
(日本選手団代表 : 中西 洋介)
混合ダブルス
1回戦
渡 辺 勇 大
東 野 有 紗
(日本ユニシス)
17-21
21-15
21-11
LAMSFSS Mark
HERTTRICH Isabel
(ドイツ)
金 子 祐 樹
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
22-20
21-17
RONALD Ronald
SAUFIKA Annisa
(インドネシア)
保 木 卓 朗
(トナミ運輸)
米 元 小 春
(北都銀行)
15-21
19-21
WANG Chi Lin
LEE Chia Hsin
(チャイニーズタイペイ)
【2日目】
本日は混合ダブルスを除く各種目で1回戦が行われました。
MSでは西本がチャイニーズタイ
ペイの選手と対戦しました。1ゲームを取り合い迎えた3ゲームでしたが、15-19とリードを許し後がない状況となりましたが、粘りをみせ逆転に成功し辛くも勝利致しました。
またMDとWDでは出場全ペアが勝利し層の厚さを見せました。
WSでは4名の選手が快勝しましたが、大堀と佐藤は組み合わせにも恵まれずシード選手に敗退しました。
明日は各種目2回戦が行われます。
(日本選手団代表 : 中西 洋介)
男子シングルス
1回戦
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21-16
21-17
CHONG Wei Feng
(マレーシア)
西 本 拳 太
(トナミ運輸)
21-23
21-11
23-21
LIN Yu Hsien
(チャイニーズタイペイ)
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
18-21
16-21
CHRISTIE Jonatan
(インドネシア)
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
9-21
21-16
21-13
LEVERDEZ Brice
(フランス)
女子シングルス
1回戦
山 口 茜
(再春館製薬所)
21-16
11-21
21-15
HAN Yue
(中国)
奧 原 希 望
(日本ユニシス)
21- 9
21- 8
LEE Chia Hsin
(チャイニーズタイペイ)
大 堀 彩
(トナミ運輸)
21-18
16-21
13-21
SUNG Ji Hyun
(韓国)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
9-21
19-21
INTANON Ratchanok
(タイ)
川 上 紗 恵 奈
(北都銀行)
21-10
21-13
CHIANG Ying Li
(チャイニーズタイペイ)
高 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
21- 9
21-11
MAINAKY Lyanny
Alessandra
(インドネシア)
男子ダブルス
1回戦
嘉 村 健 士
園 田 啓 悟
(トナミ運輸)
21-15
21-14
HAN Chengkai
ZHOU Haodong
(中国)
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
21-13
21-18
LAMSFUSS Mark
SEIDEL Marvin Emil
(ドイツ)
遠 藤 大 由
渡 辺 勇 大
(日本ユニシス)
26-24
21-18
LEE Fang Chih
LEE Fang Jen
(チャイニーズタイペイ)
保 木 卓 朗
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
21- 8
21-14
CHEW Phillip
CHEW Ryan
(アメリカ)
女子ダブルス
1回戦
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-17
19-21
21-10
CHAE Yujung
KIM So Yeong
(韓国)
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(岐阜トリッキーパンダース)
21-14
21-10
CHANG Ching Hui
YANG Ching Tun
(チャイニーズタイペイ)
米 元 小 春
田 中 志 穂
(北都銀行)
21-15
15-21
21-11
CAO Tong Wei
ZHENG Yu
(中国)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ヨネックス)
13-21
22-20
21-15
PAEWSAMPRAN Supissara
SUPAJIRAKUL Puttita
(タイ)
【3日目】
本日は各種目2回戦が行われました。
MSでは西本がオリンピックで2度金メダルを獲得した中国選手を破る殊勲を挙げベスト8に進出しました。またWDでは出場している5つの全てのペアが勝利し層の厚さを見せつける結果となりました。
またMDでは保木小林ペアがチャイニーズタイペイのシードペアを攻撃力で上回りストレートで下しました。
XDでは渡辺東野ペアが地元韓国の若手ペアと対戦しましたが、国際大会での経験の差や瞬間的なスピードの違いで圧倒し勝ち上がりました。
明日は各種目準々決勝が行われます。
(日本選手団代表 : 中西 洋介)
男子シングルス
2回戦
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21-18
20-22
21-16
ANTONSEN Anders
(デンマーク)
西 本 拳 太
(トナミ運輸)
10-21
21-16
21-11
LIN Dan
(中国)
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
19-21
17-21
CHOU Tien Chen
(チャイニーズタイペイ)
女子シングルス
2回戦
山 口 茜
(再春館製薬所)
24-26
21-19
21-17
CHEN Xiaoxin
(中国)
奧 原 希 望
(日本ユニシス)
21-16
21-15
YIP Pui Yin
(ホンコンチャイナ)
川 上 紗 恵 奈
(北都銀行)
21-10
19-21
16-21
GAO Fangjie
(中国)
高 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
21-17
21-12
ZHENG Yiman
(中国)
男子ダブルス
2回戦
嘉 村 健 士
園 田 啓 悟
(トナミ運輸)
21-18
10-21
9-21
KIM Gi Jung
LEE Yong Dae
(韓国)
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
21-17
21-18
DAUGAARD David
SOGAARD Frederik
(デンマーク)
遠 藤 大 由
渡 辺 勇 大
(日本ユニシス)
18-21
21-8
21-18
OU Xuanyi
REN Xiangyu
(中国)
保 木 卓 朗
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
21-15
21-19
CHEN Hung Ling
WANG Chi Lin
(チャイニーズタイペイ)
女子ダブルス
2回戦
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-17
21- 9
LEE Ye Na
SEONG Ah Yeong
(韓国)
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(岐阜トリッキーパンダース)
21-14
21-11
EFLER Linda
HERTTRICH Isabel
(ドイツ)
米 元 小 春
田 中 志 穂
(北都銀行)
12-21
21-15
21-14
TANG Jinhua
YU Xiaohan
(中国)
永 原 和 可 那
松 本 麻 佑
(北都銀行)
21-12
21- 7
PENG Li Ting
YU Chien Hui
(チャイニーズタイペイ)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ヨネックス)
21-19
20-22
21-19
HARIS Della Destiara
PRADIPTA Rizki Amelia
(インドネシア)
混合ダブルス
2回戦
渡 辺 勇 大
東 野 有 紗
(日本ユニシス)
21-10
21-16
KIM Won Ho
BAEK Ha Na
(韓国)
金 子 祐 樹
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
18-21
21-19
21-23
PUAVARANUKROH Dechapol
TAERATTANACHAI Sapsiree
(タイ)
【4日目】
本日は各種目準々決勝が行われました。
MDでは保木小林ペアが地元韓国のベテラン選手と対戦しました。1-1で迎えた3ゲームは序盤からスピードあふれるプレーで相手にプレッシャーをかける事に成功しリードを奪うと最後は韓国ペアもミスを繰り返し犯してしまい見事に
日本ペアの勝利となりました。
WSでは山口、奧原の2名が明日の準決勝に勝ち進みました。
またWDでは日本人対決となりましたが、先週の中国オープン決勝に引き続き高橋松友ペアが松本永原ペアを下しました。MSでも日本人対決となりましたが、桃田が足の怪我で棄権し西本の不戦勝となりました。
明日は各種目準決勝が行われます。
(日本選手団代表 : 中西 洋介)
男子シングルス
準々決勝
西 本 拳 太
(トナミ運輸)
棄権
桃田 賢斗
(NTT東日本)
女子シングルス
準々決勝
山 口 茜
(再春館製薬所)
21-11
21-15
GAO Fangjie
(中国)
奧 原 希 望
(日本ユニシス)
15-21
21-15
22-20
NEHWAL Saina
(インド)
高 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
15-21
11-21
SUNG Ji Hyun
(韓国)
男子ダブルス
準々決勝
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
10-21
15-21
CHOI Solgyu
SEO Seung Jae
(韓国)
遠 藤 大 由
渡 辺 勇 大
(日本ユニシス)
22-20
21-14
CHIA Aaron
SOH Wooi Yik
(マレーシア)
保 木 卓 朗
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
23-21
17-21
21-15
KIM Gi Jung
LEE Yong Dae
(韓国)
女子ダブルス
準々決勝
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(岐阜トリッキーパンダース)
21-13
21-14
CHOW Mei Kuan
LEE Meng Yean
(マレーシア)
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-17
21-15
永原 和可那
松本 麻佑
(北都銀行)
米 元 小 春
田 中 志 穂
(北都銀行)
21-14
21-15
DU Yue
LI Yinhui
(中国)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ヨネックス)
19-21
21-14
21-12
AWANDA Anggia Shitta
ISTARANI Ni Ketut Mahadewi
(インドネシア)
混合ダブルス
準々決勝
渡 辺 勇 大
東 野 有 紗
(日本ユニシス)
16-21
16-21
SEO Seung Jae
CHAE Yujung
(韓国)
【5日目】
本日は各種目準決勝が行われました。最初に行われましたMDでは保木小林ペアが地元韓国ペアと対戦しました。序盤から鋭い攻撃を仕掛け攻勢に転じる日本ペアはリードを奪います。2ゲームに入っても勢いを失うことなく動き続け見事にストレートで勝利しました。
続いて行 われましたWDでは日本人対決となりましたが、奧原が山口をファイナルゲームの末に下し明日の決勝に進みました。
またWDでは準決勝の2試合とも日本人対決となりましたが、それぞれ高橋松友ペアと福島廣田ペアが勝ち残りました。明日は大会最終日です。
各種目決勝戦 が行われます。
(日本選手団代表 : 中西 洋介)
男子シングルス
準決勝
西 本 拳 太
(トナミ運輸)
21-19
18-21
14-21
CHOU Tien Chen
(チャイニーズタイペイ)
女子シングルス
準決勝
奧 原 希 望
(日本ユニシス)
16-21
21-17
21-14
山口 茜
(再春館製薬所)
男子ダブルス
準決勝
遠 藤 大 由
渡 辺 勇 大
(日本ユニシス)
21-13
21-12
CHOOI Kah Ming
LOW Juan Shen
(マレーシア)
保 木 卓 朗
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
21-11
21-14
CHOI Solgyu
SEO Seung Jae
(韓国)
女子ダブルス
準決勝
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(岐阜トリッキーパンダース)
21-15
21-12
福万 尚子
與猶 くるみ
(ヨネックス)
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-10
21-11
米元 小春
田中 志穂
(北都銀行)
【6日目】
本日は各種目決勝が行われました。まず最初に行われましたWSでは奧原がアメリカの選手と対戦しました。1ゲームは快勝しますが、2ゲームを奪われ勝負はファイナルゲームに持ち込まれます。10-10と接戦となりますが、後半相手に疲れが見え始めると一気に点差を広げ見事に勝利しました。
続いて行われましたMDでは日本人対決となりましたが、遠藤渡辺ぺアが逆転で保木小林ペアを破り初優勝を飾りました。
最後に行われましたWDでも日本人対決となりましたが、高橋松友ペアがストレートで福島廣田ペアを破り先週の中国オープンに続く優勝を果たしました。
この試合を持ちまして日本選手団のすべての試合が終了致しました。
(日本選手団代表 : 中西 洋介)
女子シングルス
決勝
奧 原 希 望
(日本ユニシス)
21-10
17-21
21-16
ZHANG Beiwen
(アメリカ)
男子ダブルス
決勝
遠 藤 大 由
渡 辺 勇 大
(日本ユニシス)
9-21
21-15
21-10
保木 卓朗
小林 優吾
(トナミ運輸)
女子ダブルス
決勝
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-11
21-18
福島 由紀
廣田 彩花
(岐阜トリッキーパンダース)