公益財団法人日本バドミントン協会

結果

バドミントンアジアジュニアU19

開催地タイ・バンコク
期間2016年7月9日~2016年7月17日

男子シングルス

2回戦
2
  • 21-4
  • 21-6
0
  • Sewmana Sewmina Gunatilleke(スリランカ)
  • 山 下 恭 平(水島工業)
2
  • 21-5
  • 21-9
0
  • Ahmer Jalal(パキスタン)
2
  • 21-17
  • 17-21
  • 21-10
1
  • Kandis Wanaroon(タイ)
2
  • 21-13
  • 21-8
0
  • Chow Hin Long(ホンコンチャイナ)

女子シングルス

1回戦
  • 大 家 夏 稀(金沢向陽)
2
  • 21-8
  • 21-15
0
  • I-Ting Lai(台北)
2
  • 21-7
  • 21-10
0
  • Inuri Kuruppu(スリランカ)
  • 海 老 原 詩 織(作新学院)
2
  • 21-11
  • 21-5
0
  • Pham Thi Khanh(ベトナム)
2
  • 21-11
  • 21-11
0
  • Nur Insyirah Khan(シンガポール)

男子ダブルス

1回戦
2
  • 13-21
  • 21-17
  • 21-16
1
  • Calv Kristanto(インドネシア)
  • Bagas Maulana(インドネシア)

混合ダブルス

1回戦
2
  • 21-12
  • 19-21
  • 21-13
1
  • Hak Beom Lee(韓国)
  • Min Ji Kim(韓国)
2
  • 21-16
  • 21-14
0
  • Chun Hsien Yang(台北)
  • Chih Chen Lee(台北)
2
  • 22-20
  • 21-13
0
  • Sung Seung Na(韓国)
  • Ye Na Lee(韓国)

混合ダブルス

2回戦
2
  • 21-18
  • 21-17
0
  • Jun Liang Andy Lwek(シンガポール)
  • Jia Ying Crystal Wong(シンガポール)
2
  • 21-18
  • 21-19
0
  • Kandis Wanaroon(タイ)
  • Chonnicha Charoenwat(タイ)
0
  • 14-21
  • 14-21
2
  • Zhu Junhao(中国)
  • Zhou Chaomin(中国)
2
  • 21-19
  • 21-16
0
  • Min Che Lu(台北)
  • Ling Fang Hu(台北)

本日から個人戦がスタートしました。男子シングルスと混合ダブルスは2回戦まで、女子シングルス、男子ダブルス、女子ダブルスは1回戦が行われました。

長期遠征や団体戦からの疲れが残る中、日本選手団は苦戦する場面もありましたが、混合ダブルスの久保田・曽根組が第8シードの中国ペアに敗れた以外は全て明日以降の試合に繋げることが出来ました。

明日からの試合も頑張りますので、ご声援よろしくお願いいたします。

(日本選手団男子コーチ:友金幸雄)

男子シングルス

3回戦
  • 山 下 恭 平(水島工業)
2
  • 21-16
  • 19-21
  • 21-12
1
  • Zin Rei Ryan Ng(シンガポール)
2
  • 16-21
  • 21-10
  • 21-16
1
  • Chan Yin Chak(ホンコンチャイナ)
2
  • 15-21
  • 21-11
  • 21-14
1
  • Zhengze Gao(中国)
0
  • 15-21
  • 11-21
2
  • Chen Chi Ting(台北)
4回戦
  • 山 下 恭 平(水島工業)
0
  • 16-21
  • 18-21
2
  • Kantaphon Wangcharoen(タイ)
0
  • 15-21
  • 18-21
2
  • Lakshya Sen(インド)
0
  • 17-21
  • 17-21
2
  • Chia Hao Lee(台北)

女子シングルス

2回戦
  • 大 家 夏 稀(金沢向陽)
1
  • 13-21
  • 21-19
  • 12-21
2
  • Pornpawee Chochuwong(タイ)
2
  • 21-12
  • 21-10
0
  • Banthita Khamsaitong(タイ)
  • 海 老 原 詩 織(作新学院)
2
  • 21-15
  • 21-17
0
  • Lin Fang Hu(台北)
1
  • 21-13
  • 20-22
  • 16-21
2
  • Li Wenmei(中国)
3回戦
2
  • 21-5
  • 21-9
0
  • That HtarThuzar(ミャンマー)
  • 海 老 原 詩 織(作新学院)
0
  • 8-21
  • 8-21
2
  • Chen Yufei(中国)

男子ダブルス

2回戦
2
  • 24-22
  • 21-18
0
  • Yee Jun Chang(マレーシア)
  • Eng Cheong Ng(マレーシア)
2
  • 21-9
  • 21-7
0
  • Shahmeer Iftikhar(パキスタン)
  • Shehroz Jamil(パキスタン)
1
  • 17-21
  • 21-16
  • 15-21
2
  • Rizki Adam(インドネシア)
  • Muhammad Fachrikar(インドネシア)
3回戦
2
  • 21-13
  • 21-18
0
  • Warit Sarapat(タイ)
  • Panachai Worasaktyanan(タイ)
2
  • 21-15
  • 19-21
  • 21-15
1
  • Krishna Prasad Garaga(インド)
  • Dhruv Kapira(インド)

女子ダブルス

2回戦
  • 川 島 美 南(埼玉栄)
  • 上 杉 夏 美(埼玉栄)
2
  • 21-15
  • 21-14
0
  • Ling Fang Hu(台北)
  • Chih Chen Lee(台北)
  • 保 原 彩 夏(聖ウルスラ)
  • 松 山 奈 未(九州国際大付)
2
  • 21-5
  • 21-7
0
  • Kavishka Gunarathne(スリランカ)
  • Hasara chathumhari Wijayarathne(スリランカ)
  • 小 田 菜 摘(青森山田)
  • 曽 根 夏 姫(青森山田)
2
  • 21-15
  • 21-11
0
  • Chang Yu Hsuan(台北)
  • Pei-Tzu Lo(台北)
3回戦
  • 川 島 美 南(埼玉栄)
  • 上 杉 夏 美(埼玉栄)
2
  • 21-18
  • 22-20
0
  • Apriani Rahayu(インドネシア)
  • Jauza Fadhila Sugiarto(インドネシア)
  • 保 原 彩 夏(聖ウルスラ)
  • 松 山 奈 未(九州国際大付)
0
  • 13-21
  • 22-24
2
  • Ga Eun Kim(韓国)
  • Hyang Im Kim(韓国)
  • 小 田 菜 摘(青森山田)
  • 曽 根 夏 姫(青森山田)
2
  • 21-18
  • 21-16
0
  • Mychelle Crhystine Bandaso(インドネシア)
  • Serena Kani(インドネシア)

混合ダブルス

3回戦
0
  • 21-23
  • 18-21
2
  • Ramadiansyah Andika(インドネシア)
  • Mychelle Crhystine Bandaso(インドネシア)
2
  • 19-21
  • 21-15
  • 21-12
1
  • Min Hyuk Kang(韓国)
  • Ga Eun Park(韓国)
0
  • 19-21
  • 21-23
2
  • Won Ho Kim(韓国)
  • Yu Rim Lee(韓国)

個人戦2日目は全種目ベスト8進出をかけた試合になりました。

男子シングルス3回戦では、大林が台北の選手に得意のスマッシュを生かしたゲームが出来ずに敗退しましたが、他の3選手はどれもファイナルゲームで勝利しました。

4回戦では山下、渡邉、小野寺は共に接戦を制することが出来ずに敗退。

女子シングルス2回戦では、大家が地元タイで第1シードの選手と対戦しましたが、惜しくもファイナルゲームで敗れました。高橋も中国選手を追い詰めましたが、同じくファイナルゲームで敗退。海老原は3回戦で第3シードの中国の選手に敗退。仁平は危なげなく3回戦も勝利し、明日の準々決勝に駒を進めました。

男子ダブルスは、2回戦で金子、久保田組がインドネシアに惜敗。3回戦で小野寺・岡村組は地元タイを下し、山下・山澤組はインドと対戦し、大接戦の末、勝利しました。

女子ダブルスは3組揃って3回戦に進出し、松山・保原組は韓国に惜敗。川島・上杉組と小田・曽根組は接戦を制して勝利しました。

混合ダブルスは、岡村・松山組、山澤・保原組は接戦を制することが出来ずに3回戦で敗退。金子、川島組は最後までよく粘り、韓国ペアを倒してベスト8に進出しました。

今日の敗戦の多くが接戦で、チャンスがあるにも関わらず、勝ち切れませんでした。

それ以外の課題も多く見つかり、今後改善していきたいと思います。

明日の試合は現地時間15時からの予定です。しっかり準備をして臨みたいと思います。

引き続き、ご声援よろしくお願いいたします。

(日本選手団男子コーチ:友金幸雄)

女子シングルス

準々決勝
1
  • 21-19
  • 22-24
  • 19-21
2
  • Gregoria Mariska(インドネシア)

男子ダブルス

準々決勝
  • 山 下 恭 平(水島工業富岡)
  • 山 澤 直 貴(水島工業富岡)
0
  • 14-21
  • 22-24
2
  • Han Chengkai(中国)
  • Zhou Haodong(中国)
1
  • 14-21
  • 21-11
  • 13-21
2
  • He Jiting(中国)
  • Tan Qiang(中国)

女子ダブルス

準々決勝
  • 川 島 美 南(埼玉栄)
  • 上 杉 夏 美(埼玉栄)
2
  • 21-18
  • 18-21
  • 25-23
1
  • An Yu(中国)
  • Hu Yuxiang(中国)
  • 小 田 菜 摘(青森山田)
  • 曽 根 夏 姫(青森山田)
1
  • 13-21
  • 21-19
  • 18-21
2
  • Ruethaichanok Laisuan(タイ)
  • Alisa Sapniti(タイ)

混合ダブルス

準々決勝
0
  • 18-21
  • 15-21
2
  • Zhou Haodong(中国)
  • Hu Yuxiang(中国)

個人戦3日目は全種目の準々決勝が行われました。

女子シングルスは仁平が、第4シードのインドネシアの選手と対戦し、序盤から一進一退の攻防を繰り返し、一度はマッチポイントを握るも、78分の大接戦の末、惜しくも敗れました。

男子ダブルスは、小野寺・岡村組が中国ペアと対戦し、ファイナルゲームまでもつれましたが惜敗。山下・山澤組も中国ペアと対戦し、第2ゲームはセティングまで粘りましたが2-0で敗れました。

女子ダブルスは、川島。上杉組が中国ペアと対戦し、90分を超える激戦を制しました。

小田・曽根組は地元タイと対戦し、ファイナルゲームを終盤までリードしながら、最後は力尽き、逆転を許してしまい敗戦となりました。

混合ダブルスの金子・川島組は第1ゲーム、第2ゲームともに終盤にミスが目立ち、敢え無く敗退しました。

本日も終盤に勝ち切ることが出来ずに負ける試合が多く、ゲームメイクと終盤の戦い方が課題となりました。

明日は、女子ダブルス準決勝に川島・上杉組が出場するのみとなりました。

引き続き、ご声援よろしくお願いいたします。

(日本選手団男子コーチ:友金幸雄)

女子シングルス

準決勝
  • 川 島 美 南(埼玉栄)
  • 上 杉 夏 美(埼玉栄)
0
  • 15-21
  • 17-21
2
  • Du Yue(中国)
  • Xu Ya(中国)

個人戦4日目は、準決勝が行われました。

女子ダブルスの、川島・上杉組は中国ペアと対戦しました。

第1ゲームは自分たちのミスが多く、15-21で負け、第2ゲームに入り、本来の調子を取り戻し、善戦はしたものの終盤でミスが増え、逆転を許し、17-21で敗戦となりました。

以上で全ての試合が終了しました。

今大会では、上位に進出する可能性があった選手も、残念ながら途中で敗退してしまいました。

11月にスペインで行われる世界ジュニアでは、課題を克服し、優勝目指して頑張ります。

ご声援ありがとうございました。

(日本選手団男子コーチ:友金幸雄)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター