公益財団法人日本バドミントン協会

結果

平成28年度日・韓高校生バドミントン交流競技会

開催地日本・東京都
期間2016年12月13日~2016年12月15日

第1戦

  • 日本
  • 7-1
×
  • 韓国

男子ダブルス

第1戦
2
  • 21-17
  • 21-19
0
  • LEE Sang Min(韓国)
  • NA Sung Seung(韓国)
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄)
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄)
2
  • 21-19
  • 22-20
0
  • WANG Chan(韓国)
  • KIM Moon Jun(韓国)
  • 友 金 利 玖 斗(神戸村野工)
  • 嶺 岸 洸(聖ウルスラ)
2
  • 21-12
  • 21-9
0
  • KANG Kyeong Moon(韓国)
  • CHOI Ji Hoon(韓国)

男子シングルス

第1戦
2
  • 21-16
  • 22-20
0
  • LEE Sang Min(韓国)
2
  • 21-19
  • 21-13
0
  • KIM Moon Jun(韓国)
  • 小 本 大 祐(八代東)
2
  • 21-18
  • 18-21
  • 22-20
1
  • CHOI Ji Hoon(韓国)
2
  • 21-19
  • 21-9
0
  • KANG Kyeong Moon(韓国)
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄)
0
  • 15-21
  • 15-21
2
  • NA Sung Seung(韓国)

第1戦

  • 日本
  • 5-4
×
  • 韓国

女子ダブルス

第1戦
  • 林 樂(埼玉栄)
  • 岩 永 鈴(柳井商工)
2
  • 20-22
  • 21-16
  • 21-12
1
  • SHIM Yu Jin(韓国)
  • KIM Yeo Reum(韓国)
  • 由 良 な ぎ さ(ふたば未来)
  • 水 井 ひ ら り(ふたば未来)
0
  • 17-21
  • 11-21
2
  • LEE Yu Lim(韓国)
  • BEAK Ha Na(韓国)
  • 吉 田 瑠 実(埼玉栄)
  • 齋 藤 夏(埼玉栄)
1
  • 21-16
  • 10-21
  • 20-22
2
  • SEONG Na(韓国)
  • KIM Min Ji(韓国)

女子シングルス

第1戦
2
  • 21-17
  • 21-9
0
  • SHIM Yu Jin(韓国)
  • 水 井 ひ ら り(ふたば未来)
2
  • 21-16
  • 12-21
  • 21-19
1
  • BEAK Ha Na(韓国)
  • 岩 永 鈴(柳井商工)
2
  • 21-16
  • 21-13
0
  • KIM Yeo Reum(韓国)
  • 明 地 七 海(京都外大西)
2
  • 21-14
  • 21-17
0
  • AHN Chae Hyun(韓国)
  • 由 良 な ぎ さ(ふたば未来)
1
  • 22-20
  • 20-22
  • 19-21
2
  • PARK Ga Eun(韓国)

混合ダブルス

第1戦
1
  • 13-21
  • 21-15
  • 19-21
2
  • KIM Won Ho(韓国)
  • LEE Yu Lim(韓国)

本日から15日までの3日間、味の素ナショナルトレーニングセンターで団体戦形式での試合が行われます。

男子はダブルスを競りながらも3戦全勝とすると、その勢いのまま、シングルスも4勝1敗とし、7-1で勝利しました。

女子は、接戦を落として負ける試合が3試合ありましたが、5-4で勝利しました。

3年生が抜け、2年生と1年生の新チームで初めての試合でしたが、まずまずのスタートです。

これからチームワークにも磨きをかけ、teamJAPANとして頑張ります。

後残り2戦も頑張りますので、ご声援よろしくお願いいたします。

(日本選手団代表:友金幸雄)

第2戦

  • 日本
  • 4-4
×
  • 韓国

男子ダブルス

第2戦
0
  • 15-21
  • 23-25
2
  • KIM Won Ho(韓国)
  • NA Sung Seung(韓国)
2
  • 21-10
  • 21-17
0
  • LEE Sang Min(韓国)
  • WANG Chan(韓国)
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄)
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄)
2
  • 21-13
  • 21-10
0
  • KANG Kyeong Moon(韓国)
  • CHOI Ji Hoon(韓国)

男子シングルス

第2戦
2
  • 21-10
  • 15-21
  • 21-8
1
  • LEE Sang Min(韓国)
1
  • 13-21
  • 21-17
  • 12-21
2
  • KIM Moon Jun(韓国)
  • 嶺 岸 洸(聖ウルスラ)
2
  • 23-21
  • 21-12
0
  • CHOI Ji Hoon(韓国)
  • 小 本 大 祐(八代東)
1
  • 21-6
  • 19-21
  • 16-21
2
  • KANG Kyeong Moon(韓国)
  • 友 金 利 玖 斗(神戸村野工)
1
  • 21-16
  • 18-21
  • 15-21
2
  • NA Sung Seung(韓国)

第2戦

  • 日本
×
  • 3-6
  • 韓国

女子ダブルス

第2戦
  • 林 樂(埼玉栄)
  • 岩 永 鈴(柳井商工)
1
  • 12-21
  • 21-16
  • 16-21
2
  • KIM Yeo Reum(韓国)
  • LEE Yu Lim(韓国)
  • 吉 田 瑠 実(埼玉栄)
  • 齋 藤 夏(埼玉栄)
0
  • 18-21
  • 19-21
2
  • AHN Chae Hyun(韓国)
  • BAEK Ha Na(韓国)
2
  • 21-19
  • 14-21
  • 30-29
1
  • SEONG Na Yeong(韓国)
  • KIM Min Ji(韓国)

女子シングルス

第2戦
  • 水 井 ひ ら り(ふたば未来)
1
  • 17-21
  • 21-19
  • 10-21
2
  • SHIM Yu Jin(韓国)
2
  • 21-19
  • 21-19
0
  • BEAK Ha Na(韓国)
  • 明 地 七 海(京都外大西)
2
  • 19-21
  • 21-13
  • 21-16
1
  • KIM Yeo Reum(韓国)
  • 岩 永 鈴(柳井商工)
1
  • 21-16
  • 19-21
  • 15-21
2
  • AHN Chae Hyun(韓国)
  • 林 樂(埼玉栄)
0
  • 13-21
  • 19-21
2
  • PARK Ga Eun(韓国)

混合ダブルス

第2戦
0
  • 14-21
  • 18-21
2
  • WANG Chan(韓国)
  • LEE Yu Lim(韓国)

男子は全体的に、逆転されて負ける試合が多く、結果的には4-4での引き分けとなりました。

勝ちにこだわるという部分でまだまだ甘く、ウィニングメンタリティーと要所でのポイントの取り方が今後の課題です。

女子も接戦で競り負ける試合が多く、3-6での敗戦となりました。昨日と変わって、韓国チームのムードも良く、ここ一番での集中力を発揮し、粘り強さを感じました。

明日の第3戦では、昨日の課題でもあったチームワークで頑張りたいと思います。

引き続き、ご声援よろしくお願いいたします。

(日本選手団代表:友金幸雄)

第3戦

  • 日本
  • 5-3
×
  • 韓国

男子ダブルス

第3戦
2
  • 21-19
  • 16-21
  • 9-10キ
1
  • KANG Min Hyuk(韓国)
  • KIM Wo HO(韓国)
  • 友 金 利 玖 斗(神戸村野工)
  • 嶺 岸 洸(聖ウルスラ)
0
  • 22-24
  • 7-21
2
  • NA Sung Seung(韓国)
  • KIM Moon Jun(韓国)
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄)
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄)
1
  • 20-22
  • 21-10
  • 17-21
2
  • WANG Chan(韓国)
  • CHOI Ji Hoon(韓国)

男子シングルス

第3戦
2
  • 18-21
  • 22-20
  • 21-6
1
  • LEE Sang Min(韓国)
  • 小 本 大 祐(八代東)
0
  • 12-21
  • 19-21
2
  • KIM Moon Jun(韓国)
2
  • 18-21
  • 21-12
  • 21-15
1
  • CHOI Ji Hoon(韓国)
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄)
2
  • 21-11
  • 21-7
0
  • KANG Kyeong Moon(韓国)
  • 嶺 岸 洸(聖ウルスラ)
2
  • 21-15
  • 21-9
0
  • NA Sung Seung(韓国)

第3戦

  • 日本
  • 6-3
×
  • 韓国

女子ダブルス

第3戦
  • 林 元(埼玉栄)
  • 岩 永 鈴(柳井商工)
0
  • 16-21
  • 10-21
2
  • KIM Min Ji(韓国)
  • LEE Yu Lim(韓国)
2
  • 16-21
  • 21-17
  • 22-20
1
  • SEONG Na Yeong(韓国)
  • KIM Yeo Reum(韓国)
  • 吉 田 瑠 実(埼玉栄)
  • 齋 藤 夏(埼玉栄)
2
  • 21-17
  • 19-21
  • 21-17
1
  • AHN Chae Hyun(韓国)
  • PARK Ga Eun(韓国)

女子シングルス

第3戦
0
  • 17-21
  • 19-21
2
  • SHIM Yu Jin(韓国)
  • 水 井 ひ ら り(ふたば未来)
2
  • 21-17
  • 19-21
  • 21-17
1
  • KIM Yeo Reum(韓国)
  • 岩 永 鈴(柳井商工)
2
  • 21-17
  • 21-10
0
  • BAEK Ha Na(韓国)
  • 明 地 七 海(京都外大西)
2
  • 21-15
  • 21-12
0
  • AHN Chae Hyun(韓国)
  • 由 良 な ぎ さ(ふたば未来)
2
  • 21-16
  • 5-21
  • 21-12
1
  • PARK Ga Eun(韓国)

混合ダブルス

第3戦
1
  • 21-17
  • 11-21
  • 17-21
2
  • KIM Won Ho(韓国)
  • LEE Yu Jin(韓国)

男子は徐々に調子を上げてきた韓国チームに対して、ダブルスでは受け身になる場面が多くみられ、1勝2敗となりましたが、シングルスではそれぞれが、最後まで粘りのあるプレーで4勝1敗とし、5-3で勝利しました。

女子も、ダブルスで粘り強く我慢し、2勝1敗とすると、シングルスも気を緩めることなく、安定した実力を発揮し、4勝1敗としました。混合複は韓国のアジアジュニア準優勝ペアに善戦しましたが、敢え無く敗退しました。

結果、6-3で勝利しました。

新チームになり、チームとしても各個人としても多くの課題がありますが、一つ一つクリアしていきたいと思います。

ご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表:友金幸雄)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター