公益財団法人日本バドミントン協会

結果

バドミントンマカオオープン2017

開催地中国・マカオ特別行政区
期間2017年11月7日~2017年11月12日

男子シングルス

1回戦
2
  • 21-9
  • 21-7
0
  • SULISTYO Nathaniel Ernestan(インドネシア)
1
  • 15-21
  • 26-24
  • 16-21
2
  • LEE Cheuk Yiu(ホンコンチャイナ)
2
  • 21-9
  • 14-21
  • 21-15
1
  • NUGRAHA Krishna(インドネシア)
2
  • 21-10
  • 21-12
0
  • SIRANT Sergey(ロシア)
2
  • 24-22
  • 21-9
0
  • HUNG Chun Chung(チャイニーズタイペイ)
  • 21-12
  • 11-3
  • 棄権
  • HU Yun(ホンコンチャイナ)
0
  • 5-21
  • 10-21
2
  • MUSTOFA Ihsan Maulana(インドネシア)
2
  • 21-6
  • 21-8
0
  • MENDES Rui(ポルトガル)

混合ダブルス

予選1回戦
1
  • 21-13
  • 23-25
  • 14-21
2
  • LEE Jhe Huei(チャイニーズタイペイ)
  • WU Ti Jung(チャイニーズタイペイ)
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
  • 松 山 奈 未(再春館製薬所)
2
  • 21-14
  • 21-6
0
  • HADIYAT M Muhammad(インドネシア)
  • RAHMADANI Ganis Nur(インドネシア)
予選2回戦
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
  • 松 山 奈 未(再春館製薬所)
0
  • 17-21
  • 18-21
2
  • PRASETYA Alfian Eko(インドネシア)
  • OKTAVIANTI Melati Daeva(インドネシア)

男子シングルス山澤選手は相手を寄せ付けず快勝。桃田選手は第2ゲームを奪われたものの、第3ゲームは序盤の競り合いから抜け出し勝利。常山選手は第1・2ゲームともに安定した試合運びでストレート勝ち。渡邉選手は第1ゲーム20-15から20-21とゲームポイントを奪われたものの逆転勝ち。奈良岡選手は相手を寄せ付けず快勝した。

ミックスダブルスは2ペアともに予選で敗れ、本戦進出はなりませんでした。

明日は男子シングルス2回戦とその他の種目の1回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

男子シングルス

2回戦
  • 12-21
  • 21-12
  • 17-9
  • 棄権
  • LAU Yu Leong Alfred(マレーシア)
2
  • 21-17
  • 15-21
  • 21-15
1
  • LEE Cheuk Yiu(ホンコンチャイナ)
2
  • 21-7
  • 21-14
0
  • SUN Feixiang(中国)
2
  • 21-14
  • 21-19
0
  • LIEW Daren(マレーシア)
1
  • 16-21
  • 21-14
  • 11-21
2
  • LIM Chi Wing(マレーシア)
0
  • 18-21
  • 16-21
2
  • WONG Wing Ki Vincent(ホンコンチャイナ)

女子シングルス

1回戦
2
  • 21-11
  • 21-11
0
  • POLIKARPOVA Ksenia(イスラエル)
0
  • 10-21
  • 14-21
2
  • GAO Fangjie(中国)
1
  • 12-21
  • 21-18
  • 19-21
2
  • FITRIANI Fitriani(インドネシア)
2
  • 21-15
  • 21-16
0
  • SUSANTO Yulia Yosephin(インドネシア)
1
  • 21-12
  • 13-21
  • 18-21
2
  • LEE Min Ji(韓国)
2
  • 23-21
  • 21-11
0
  • JEON Joo I(韓国)
0
  • 14-21
  • 13-21
2
  • CHEUNG Ngan Yi(ホンコンチャイナ)

男子ダブルス

1回戦
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
  • 竹 内 義 憲(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-17
  • 21-18
0
  • KANG Min Hyuk(韓国)
  • KIM Hui Tae(韓国)
2
  • 21-8
  • 21-14
0
  • LU Chia Hung(チャイニーズタイペイ)
  • SHIH Kuei Chun(チャイニーズタイペイ)
1
  • 21-16
  • 21-23
  • 19-21
2
  • ARAYA PANGKARYANIRA Wahyu Nayaka(インドネシア)
  • SANTOSO Ade Yusuf(インドネシア)
0
  • 15-21
  • 15-21
2
  • HAN Chengkai(中国)
  • ZHOU Haodong(中国)

女子ダブルス

1回戦
1
  • 23-21
  • 16-21
  • 18-21
2
  • CHEN Lu(中国)
  • TANG Jinhua(中国)
1
  • 21-14
  • 9-21
  • 17-21
2
  • HARIS Della Destiara(インドネシア)
  • NURAIDAH Tiara Rosalia(インドネシア)
2
  • 21-18
  • 21-13
0
  • POON Lok Yan(ホンコンチャイナ)
  • TSE Ying Suet(ホンコンチャイナ)
2
  • 16-21
  • 21-14
  • 21-13
1
  • CHANG Ching Hui(チャイニーズタイペイ)
  • YANG Ching Tun(チャイニーズタイペイ)

男子シングルス山澤選手は第3ゲーム大きくリードした場面で相手選手が棄権。桃田選手は第3ゲーム中盤から向けだして勝利。常山選手は第1ゲーム序盤から有利に試合を進めて快勝。渡邉選手は第2ゲームの競り合いを奪い取り勝利した。

女子シングルス大堀選手、鈴木選手は危なげない試合運びでストレート勝ち。仁平選手は第1ゲーム16-20から逆転で勝利。男子ダブルス井上・金子ペア、松居・竹内ペアはストレート勝ち。女子ダブルス永原・松本ペアはストレート勝ち。志田・松山ペアは第3ゲーム5-9から逆転勝利した。

明日は男子シングルス3回戦とその他の種目の2回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

男子シングルス

3回戦
2
  • 21-17
  • 21-7
0
2
  • 21-14
  • 21-10
0
  • THONGNUAM Pannawit(タイ)
0
  • 17-21
  • 15-21
2
  • CHONG Wei Feng(マレーシア)

女子シングルス

2回戦
2
  • 21-14
  • 21-12
0
  • SUNG Shuo Yun(チャイニーズタイペイ)
0
  • 18-21
  • 18-21
2
  • CAI Yanyan(中国)
1
  • 14-21
  • 21-13
  • 12-21
2
  • CHIEN Su Yu(チャイニーズタイペイ)

男子ダブルス

2回戦
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
  • 竹 内 義 憲(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-17
  • 21-14
0
  • CHOI Jong Woo(韓国)
  • KIM Jae Hwan(韓国)
2
  • 21-15
  • 22-24
  • 21-15
1
  • CHANG Ko Chi(チャイニーズタイペイ)
  • LU Chia Pin(チャイニーズタイペイ)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 21-16
  • 21-11
0
  • NG Wing Yung(ホンコンチャイナ)
  • YUEN Sin Ying(ホンコンチャイナ)
0
  • 21-18
  • 8
  • -21
  • 12-21
2
  • AWANDA Anggia Shitta(インドネシア)
  • ISTARANI Ni Ketut Mahadewi(インドネシア)

男子シングルス桃田選手は山澤選手との日本対決を第1ゲーム中盤の競り合いを抜け出して勝利。常山選手は第15シードのタイ選手を第1・2ゲームともに寄せ付けず快勝。

女子シングルス大堀選手は第1ゲームの競り合いを抜け出してストレート勝ち。

男子ダブルス竹内・松居ペアは相手を寄せ付けずストレート勝ち。井上・金子ペアは第2ゲーム20-16とマッチポイントから逆転される苦しい展開となりましたが、第3ゲームは中盤から抜け出し勝利。女子ダブルス永原・松本ペアは危なげない試合運びで勝利した。

明日は各種目の準々決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

男子シングルス

準々決勝
2
  • 21-9
  • 21-15
0

女子シングルス

準々決勝
1
  • 21-23
  • 21-16
  • 19-21
2
  • NHANG Yiman(中国)

男子ダブルス

準々決勝
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
  • 竹 内 義 憲(日立情報通信エンジニアリング)
0
  • 13-21
  • 16-21
2
  • LEE Jhe Huei(チャイニーズタイペイ)
  • LEE Yang(チャイニーズタイペイ)
0
  • 20-22
  • 14-21
2
  • KIM Won Ho(韓国)
  • SEO Seung Jae(韓国)

女子ダブルス

準々決勝
1
  • 21-19
  • 15-21
  • 14-21
2
  • BAEK Ha Na(韓国)
  • LEE Yu Rim(韓国)

男子シングルス桃田選手対常山選手の日本対決は第1ゲーム序盤こそ常山選手がリードしたものの、中盤からは桃田選手の連続得点で奪います。第2ゲームは中盤から抜け出した桃田選手が有利に試合を進めて勝利した。

その他の試合は競り合う場面が多かったものの、競り合いを奪えずすべて敗退した。

明日は各種目の準決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

男子シングルス

準決勝
2
  • 21-8
  • 21-10
0
  • LEE Hyun Il(韓国)

男子シングルス桃田選手は第3シードの韓国選手と対戦。第1・2ゲームともに序盤から大きくリードを奪い、有利に試合を進め、終始リードした桃田選手が快勝で決勝進出を決めました。

明日は大会最終日、各種目の決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

男子シングルス

決勝
2
  • 21-16
  • 21-10
0
  • MUSTOFA Ihsan maulana(インドネシア)

男子シングルス桃田選手は第14シードのインドネシア選手と対戦。

第1ゲーム序盤からリードを奪い、中盤やや追い上げられたものの、中盤から連続ポイントで奪います。第2ゲームは序盤から大きくリードを奪い、終始リードを保ち見事快勝で優勝を果たした。

本日の試合をもちまして、今大会すべての試合が終了致しました。

ご声援ありがとうございました。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター