公益財団法人日本バドミントン協会

結果

バドミントンマレーシアインターナショナルチャレンジ2017

開催地マレーシア・パシル・グダン
期間2017年11月14日~2017年11月19日

男子シングルス

1回戦
2
  • 21-10
  • 21-12
0
  • LAU Yu Leong Alfred(マレーシア)
  • 内 藤 浩 司(日立情報通信エンジニアリング)
0
  • 15-21
  • 21-23
2
  • SOONG Joo Ven(マレーシア)
2
  • 21-16
  • 21-12
0
  • NG Zin Rei Ryan(シンガポール)
0
  • 18-21
  • 12-21
2
  • ZULKARNAIN Iskandar(マレーシア)
0
  • 18-21
  • 13-21
2
  • HADMADI Fikri Ihsandi(インドネシア)
0
  • 18-21
  • 11-21
2
  • LEE Zii Jia(マレーシア)

五十嵐選手はマレーシア選手を第1・2ゲームともに安定した試合運びで終始リードを奪い勝利。下農選手はシンガポール選手に第1・2ゲームともに中盤から抜け出してストレート勝ちした。

明日は男子シングルス2回戦とその他の種目の1回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

男子シングルス

1回戦
0
  • 18-21
  • 13-21
2
  • HADMADI Fikri Ihsandi(インドネシア)
0
  • 18-21
  • 11-21
2
  • LEE Zii Jia(マレーシア)
2回戦
0
  • 17-21
  • 11-21
2
  • LEONG Jun Hao(マレーシア)
2
  • 21-15
  • 21-12
0
  • RAMACHANDRAN Satheishtharan(マレーシア)

女子シングルス

1回戦
0
  • 11-21
  • 16-21
2
  • HO Yen Mei(マレーシア)
1
  • 18-21
  • 21-13
  • 15-21
2
  • KISONA Selvaduray(マレーシア)

男子ダブルス

1回戦
0
  • 11-21
  • 20-22
2
  • LEE Chia Han(チャイニーズタイペイ)
  • LIN Chia Yu(チャイニーズタイペイ)
0
  • 19-21
  • 15-21
2
  • APISUK Inkarat(タイ)
  • VIRIYANGKURA Tanupat(タイ)
  • 高 野 将 斗(日立情報通信エンジニアリング)
  • 塚 本 好 喜(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-13
  • 21-12
0
  • ISMAIL MOHD Muhammad Syawal(マレーシア)
  • NUGROHO Lukhi Apri(インドネシア)
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
  • 竹 内 義 憲(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-15
  • 21-10
0
  • FADHILAH Irfan(インドネシア)
  • WIDIANTO Riky(インドネシア)
  • 大 嶋 一 彰(日立情報通信エンジニアリング)
  • 山 崎 裕 太(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-19
  • 21-18
0
  • PARLINDUNGAN MAN Muhammad Fachrikar Adma PURNAMA Reza Dwichahya(インドネシア)

女子ダブルス

1回戦
2
  • 21-11
  • 21-9
0
  • LESTARI Nisak Puji(インドネシア)
  • PUTRI Rahmadhani Hastiyanti(インドネシア)
2
  • 21-11
  • 21-17
0
  • PAEWSAMPRAN Supisara SUDJAIPRAPARAT Kwanchanok(タイ)

混合ダブルス

1回戦
1
  • 18-21
  • 21-13
  • 13-21
2
  • PUTRA Agripinna Prima Rahmanto(インドネシア)
  • TEW Jia Jia(マレーシア)
2
  • 19-21
  • 21-18
  • 21-9
1
  • CHING Choo Han(マレーシア)
  • NG Qi Xuan(マレーシア)

男子シングルス下農選手は第1・2ゲームともに序盤からリードを奪い危なげない試合運びでストレート勝ち。

男子ダブルス高野・塚本ペア、竹内・松居ペアは危なげない試合運びでストレート勝ち。大嶋・山崎ペアは第1・2ゲームともに終盤の競り合いを抜け出して勝利した。

女子ダブルス篠谷・星ペア、新玉・渡邉ペアともに相手を寄せ付けず快勝で2回戦に進んだ。

明日は男子シングルス3回戦とその他の種目の2回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

男子シングルス

3回戦
0
  • 18-21
  • 16-21
2
  • CHONG Yee Han(マレーシア)

男子ダブルス

2回戦
  • 高 野 将 斗(日立情報通信エンジニアリング)
  • 塚 本 好 喜(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 19-21
  • 21-16
  • 21-12
1
  • GUNAWAN Hendra Prima(インドネシア)
  • KIDO Markis(インドネシア)
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
  • 竹 内 義 憲(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 17-21
  • 21-19
  • 25-23
1
  • CHIA Aaron(マレーシア)
  • SOH Wooi Yik(マレーシア)
  • 大 嶋 一 彰(日立情報通信エンジニアリング)
  • 山 崎 裕 太(日立情報通信エンジニアリング)
0
  • 18-21
  • 18-21
2
  • GOH Sze Fei(マレーシア)
  • IZZUDDIN Nur(マレーシア)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 21-15
  • 21-13
0
  • LI Zi Qing(チャイニーズタイペイ)
  • TENG Chun Hsun(チャイニーズタイペイ)
2
  • 21-12
  • 21-15
0
  • MALEK ABD Nurul Farisha(マレーシア)
  • NG Qi Xuan(マレーシア)

混合ダブルス

2回戦
2
  • 23-21
  • 22-24
  • 26-24
1
  • ABIMANYU Fachryza(インドネシア)
  • ROMADHINI Bunga Fitriani(インドネシア)

男子ダブルス高野・塚本ペアは第3シードのインドネシアペアと対戦。第1ゲームを競り負けたものの、第2・3ゲームは冷静な試合運びで勝利。竹内・松居ペアは第1ゲームを奪われ、第2ゲームは15-19、第3ゲームも16-19とリードを奪われたものの逆転の連続で見事勝利した。

女子ダブルス篠谷・星ペア、新玉・渡邉ペアともに危なげない試合運びでストレート勝ち。ミックスダブルス岡村・篠谷ペアは第5シードのインドネシアペアと対戦。第1・2・3ゲームともに大激戦となり、最後は84分の大激戦を制した。

明日は各種目の準々決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

男子ダブルス

準々決勝
  • 高 野 将 斗(日立情報通信エンジニアリング)
  • 塚 本 好 喜(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-17
  • 21-17
0
  • JONGJIT Maneepong(タイ)
  • YORDPHAISONG Nanthakarn(タイ)
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
  • 竹 内 義 憲(日立情報通信エンジニアリング)
1
  • 19-21
  • 24-22
  • 15-21
2
  • GOH Sze Fei(マレーシア)
  • IZZUDDIN Nur(マレーシア)

女子ダブルス

準々決勝
1
  • 19-21
  • 21-17
  • 20-22
2
  • DUBTHUK Kittipak(タイ)
  • SAENGCHOTE Natcha(タイ)
2
  • 21-17
  • 21-17
0
  • LIN Tsun Yu(チャイニーズタイペイ)
  • LIN Ying Chun(チャイニーズタイペイ)

混合ダブルス

準々決勝
2
  • 21-17
  • 21-14
0
  • WIDIANTO Riky(インドネシア)
  • MAHAMUDIN Masita(インドネシア)

男子ダブルス高野・塚本ペアはタイペアと対戦。第1・2ゲームともに中盤から抜け出しストレート勝ち。

女子ダブルス新玉・渡邉ペアはタイペイペアと対戦。第1・2ゲームともに中盤でやや失点はあったものの、終始リードを奪いストレート勝ち。

ミックスダブルス岡村・篠谷ペアはインドネシアペアと対戦。第1・2ゲームともに危なげな試合運びで有利に試合を進めてストレート勝ちした。

明日は各種目の準決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

男子ダブルス

準決勝
  • 高 野 将 斗(日立情報通信エンジニアリング)
  • 塚 本 好 喜(日立情報通信エンジニアリング)
1
  • 21-11
  • 19-21
  • 22-24
2
  • GOH Sze Fei(マレーシア)
  • IZZUDDIN Nur(マレーシア)

女子ダブルス

準決勝
2
  • 21-11
  • 21-8
0
  • ARATAMA Misato(マレーシア)
  • WATANABE Akane(マレーシア)

混合ダブルス

準決勝
2
  • 21-16
  • 21-11
0
  • NUGROHO Lukhi Apri(インドネシア)
  • AMELIA Ririn(インドネシア)

女子ダブルス新玉・渡邉ペアはマレーシアペアと対戦。第1・2ゲームともに序盤からリードを奪い有利に試合を進めて2-0で快勝した。

ミックスダブルス岡村・篠谷ペアは第2シードのインドネシアペアと対戦。第1ゲーム序盤からコンビネーションよく動き有利に試合を進めて2-0で勝利した。

男子ダブルス高野・塚本ペアは第2シードのマレーシアペアと対戦。第1ゲームを奪い、第2ゲームは15-10とリードし、第3ゲームは20-19と追い込んだものの敗退した。

明日は大会最終日、各種目の決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

女子ダブルス

決勝
2
  • 21-18
  • 21-15
0
  • DUBTHUK Kittipak(タイ)
  • SAENGCHOTE Natcha(タイ)

混合ダブルス

決勝
2
  • 21-10
  • 24-22
0
  • KHRISHNAN Yogendran(マレーシア)
  • SAWANT Prajakta(インド)

女子ダブルス新玉・渡邉ペアはペアと対戦。第1ゲーム中盤から抜け出してこのゲームを奪います。第2ゲームは序盤からリードを広げて有利に試合を進め、見事2-0で優勝を果たした。

ミックスダブルス岡村・篠谷ペアは第1シードのマレーシア・インドペアと対戦。第1ゲーム序盤からリードを奪いこのゲームを奪います。第2ゲームは中盤リードした場面から追い付かれ、終盤競り合いとなったものの、最後は20-20からの競り合いを奪い取り、見事優勝を果たした。

本日の試合をもちまして、本大会すべての試合が終了致しました。

ご声援ありがとうございました。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター