公益財団法人日本バドミントン協会

結果

第109回全英オープンバドミントン選手権大会

開催地イギリス・バーミンガム
期間2019年3月6日~2019年3月10日

男子シングルス

1回戦
2
  • 23-21
  • 14-5
  • 棄権
0
  • SON Wan Ho(韓国)
0
  • 10-21
  • 17-21
2
  • JORGENSEN Jan O(デンマーク)
2
  • 19-21
  • 21-14
  • 21-7
0
  • LIN Dan(中国)
2
  • 21-13
  • 21-7
0
  • PHETPRADAB Khosit(タイ)

女子シングルス

1回戦
2
  • 21-15
  • 21-18
0
  • CORRALES Beatriz(スペイン)
2
  • 21-17
  • 21-16
0
  • TUNJUNG Gregoria Mariska(インドネシア)
2
  • 22-20
  • 21-13
0
  • GOH Jin Wei(マレーシア)
2
  • 21-15
  • 21-16
0
  • CHEAH Soniia(マレーシア)

男子ダブルス

1回戦
2
  • 21-17
  • 19-21
  • 21-9
1
2
  • 21-13
  • 15-21
  • 21-15
1
  • ONG Yew Sin(マレーシア)
  • TEO Ee Yi(マレーシア)
1
  • 21-15
  • 19-21
  • 16-21
2
  • IVANOV Vladimir(ロシア)
  • SOZONOV Ivan(ロシア)

女子ダブルス

1回戦
2
  • 16-21
  • 28-26
  • 21-16
1
  • PONNAPPA Ashwini(インド)
  • REDDY N. Sikki(インド)
2
  • 21-17
  • 21-12
0
  • NG Tsz Yau(ホンコンチャイナ)
  • YUEN Sin Ying(ホンコンチャイナ)
1
  • 17-21
  • 21-10
  • 19-21
2
  • CHANG Ye Na(韓国)
  • JUNG Kyung Eun(韓国)
2
  • 21-18
  • 21-16
0

混合ダブルス

1回戦
2
  • 22-20
  • 21-23
  • 21-14
1
  • CHRISTIANSEN Mathias(デンマーク)
  • PEDERSEN Christinna(デンマーク)
0
  • 11-21
  • 15-21
2
  • PUAVARANUKROH Dechapol(タイ)
  • TAERATTANACHAI Sapsiree(タイ)
1
  • 21-19
  • 10-21
  • 20-22
2
  • CHAN Peng Soon(マレーシア)
  • GOH Liu Ying(マレーシア)
2
  • 7-3
  • 棄権
0
  • NOHR Niclas(デンマーク)
  • TAYGESEN Sara(デンマーク)

本日から始まりました第109回全英オープンの初日は各種目1回戦が行われました。

男子シングルスでは西本がシードの韓国選手を攻撃力で上回りストレートで勝利しました。また常山もオリンピック金メダリストを長いラリーで疲れさせる展開で逆転勝利しました。

混合ダブルスでは渡辺東野ペアがデンマークペアと対戦しました。高さある攻撃に苦しめられる場面はありましたが、素速い動きで先手を取る作戦が功を奏し難敵を退けました。

男子ダブルスでは日本人対決となりましたが、嘉村園田ペアが保木小林ペアをファイナルゲームの末に下しました。

女子ダブルスでは高橋松友ペアが韓国ペアに敗れる痛いスタートとなりました。

明日は各種目2回戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

2回戦
2
  • 21-19
  • 21-13
0
2
  • 21-19
  • 21-11
0
  • WANGCHAROEN Kantaphon(タイ)

女子シングルス

2回戦
2
  • 21-14
  • 23-21
0
2
  • 21-18
  • 21-14
0
  • BLICHFELDT Mia(デンマーク)
1
  • 6-21
  • 21-17
  • 19-21
2
  • CHEN Yufei(中国)

男子ダブルス

2回戦
2
  • 21-14
  • 21-16
0
  • BOE Mathias(デンマーク)
  • MOGENSEN Carsten(デンマーク)
0
  • 18-21
  • 19-21
2
  • GOH V Shem(マレーシア)
  • TAN Wee Kiong(マレーシア)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 21-15
  • 21-9
0
  • BOLOTOVA Ekaterina(ロシア)
  • DAVLETOVA Alina(ロシア)
2
  • 21-16
  • 19-21
  • 21-13
1
  • LEFEL Emilie(フランス)
  • TRAN Anne(フランス)
2
  • 24-22
  • 21-14
0
  • KIM So Yeong(韓国)
  • KONG Hee Yong(韓国)

混合ダブルス

2回戦
2
  • 21-12
  • 21-23
  • 21-17
1
  • LU Kai(中国)
  • CHEN Lu(中国)
0
  • 10-21
  • 10-21
2
  • ZHENG Siwei(中国)
  • HUANG Yaqiong(中国)

本日は各種目2回戦が行われました。

女子シングルスでは山口がデンマーク選手と対戦しました。高い打点からの攻撃に苦しむ場面はありましたが、終始落ち着いてラリーしストレートで勝利しました。

男子シングルスでは常山対西本という日本人対決となりましたが、ストロークの精度で上回り常山が勝利しました。

女子ダブルスでは永原松本ペアが韓国ペアと対戦しました。序盤から強打に押され接戦となりましたが、長いラリーを制しペースを掴むと2ゲームは快勝し明日の準々決勝に進出しました。

また混合ダブルスでは渡辺東野ペアが中国ペアと対戦しましたが、接戦をものにしベスト8進出を決めました。

男子ダブルスでも嘉村園田ペアが今大会を最後に引退するデンマークペアを下しました。明日は各種目準々決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

準々決勝
0
  • 14-21
  • 7-21
2
  • SHI Yuqi(中国)
2
  • 21-12
  • 21-16
0
  • KIDAMBI Srikanth(インド)

女子シングルス

準々決勝
2
  • 21-17
  • 21-14
0
  • LI Xuerui(中国)
2
  • 21-16
  • 19-21
  • 21-12
1
  • HE Bingjiao(中国)

男子ダブルス

準々決勝
2
  • 21-12
  • 21-17
0
  • HAN Chengkai(中国)
  • ZHOU Haodong(中国)

女子ダブルス

準々決勝
2
  • 21-16
  • 21-17
0
  • ISTARANI Ni Ketut Mahadewi(インドネシア)
  • PRADIPTA Rizki Amelia(インドネシア)
2
  • 17-21
  • 21-15
  • 21-19
1
  • STOEVA Gabriela(ブルガリア)
  • STOEVA Stefani(ブルガリア)
2
  • 21-17
  • 17-21
  • 21-18
1
  • LI Wenmei(中国)
  • ZHENG Yu(中国)

混合ダブルス

準々決勝
2
  • 24-22
  • 21-19
0
  • AHMAD Tontowi(インドネシア)
  • KANDOW Winny Oktavina(インドネシア)

本日は各種目準々決勝が行われました。女子シングルスでは奥原がロンドンオリンピック金メダリストの中国選手と対戦しましたが、終始運動量で上回りストレート勝ちを収めました。

また混合ダブルスでは渡辺東野ペアがインドネシアペアと対戦しました。経験ある男性選手と若く勢いある女性選手に苦しめられる場面はありましたが、しぶとく戦い見事に勝利しました。

男子シングルスでは桃田がインドの選手と対戦しました。2017年以降6連勝をあげている選手との対戦でしたが、相性の良さの通りの展開となり危なげなく勝利し明日の準決勝に駒を進めました。

女子ダブルスでは3ペアが準々決勝を戦いましたが、すべてのペアが日本選手らしい粘り強い戦いをみせベスト4に進出しました。明日は各種目準決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

準決勝
2
  • 21-19
  • 21-11
0
  • NG Ka Long Angus(ホンコンチャイナ)

女子シングルス

準決勝
0
  • 17-21
  • 11-21
2
  • CHEN Yufei(中国)
1
  • 13-21
  • 21-10
  • 8-21
2
  • TAI Tzu Ying(チャイニーズ・タイペイ)

男子ダブルス

準決勝
0
  • 19-21
  • 16-21
2
  • AHSAN Mohammad(インドネシア)
  • SETIAWAN Hendra(インドネシア)

女子ダブルス

準決勝
0
  • 18-21
  • 21-23
2
  • CHEN Qingchen(中国)
  • JIA Yifan(中国)
2
  • 21-11
  • 21-12
0

混合ダブルス

準決勝
2
  • 21-16
  • 21-13
0
  • GOH Soon Huat(マレーシア)
  • LAI Shevon Jemie(マレーシア)

本日は各種目準決勝が行われました。男子シングルスでは桃田が同年代のホンコンチャイナの選手と対戦しました。序盤からスピード全開で攻撃を仕掛けてくる相手に押され接戦となりますが、ラリーゲームから活路を見いだすと粘り強く戦い1ゲームを先制します。続く2ゲームは相手に疲れが見え始め快勝しました。

また混合ダブルスでは渡辺東野ペアがマレーシアぺアと対戦しました。強打がある相手との対戦でしたが、スピードで上回ると相手に攻撃をさせるチャンスを与えずストレートで快勝し去年に続く決勝進出を決めました。

また日本人対決となった女子ダブルスでは永原松本ペアが米元田中ペアを下し決勝に進出し世界選手権大会に続くビッグタイトルに王手をかけました。

その他の日本選手の試合はすべて敗退となりました。大会最終日の明日は各種目決勝戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

決勝
2
  • 21-11
  • 15-21
  • 21-15
1
  • AXELSEN Viktor(デンマーク)

女子ダブルス

決勝
1
  • 21-18
  • 20-22
  • 11-21
2
  • CHEN Qingchen(中国)
  • JIA Yifan(中国)

混合ダブルス

決勝
0
  • 17-21
  • 20-22
2
  • ZHENG Siwei(中国)
  • HUANG Yaqiong(中国)

本日は各種目決勝が行われました。

最初に行われた女子ダブルスでは永原松本ペアが中国の選手と対戦しました。1ゲームを幸先良く先取しますが、2ゲームから球を落とされ守備に回る場面が増えてしまい惜しくも逆転負けを喫しました。

続いて行われました混合ダブルスでは昨年に続く連覇を狙った渡辺東野ペアが世界ランキング1位のペアと対戦しました。相手の攻撃を高いロブを使った大きな展開で防ぎ一時はリードする場面はありましたが、後半逆転を許してしまい惜しくも準優勝となりました。

最後に行われました男子シングルスでは桃田が唯一ヨーロッパ選手として決勝の舞台に勝ち残ったデンマーク選手と対戦しました。長いラリーからスタートした決勝戦でしたが、1ゲームを先制するも2ゲームを奪われ勝負は3ゲームに持ち越されました。序盤0-4とリードを許しましたが、ここから更にギアをあげ激しいラリーを制しスタミナで相手を上回ります。12-10から7連続得点し一気に流れを掴み見事に男子シングルス史上初の優勝を果たしました。この試合を持ちまして全日程が終了致しました。

(日本選手団代表:中西洋介)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー