公益財団法人日本バドミントン協会

結果

バドミントンオーストラリアオープン2018

開催地オーストラリア・シドニー
期間2018年5月8日~2018年5月13日

男子シングルス

予選1回戦
2
  • 16-21
  • 21-17
  • 21-14
1
  • VITIDSARN Kunlavut(タイ)
予選2回戦
2
  • 21-2
  • 21-11
0
  • SHEN Yang(オーストラリア)

女子シングルス

予選1回戦
2
  • 22-20
  • 21-19
0
  • DONG Joy Xuan(ホンコンチャイナ)
  • 仲 井 由 希 乃(再春館製薬所)
2
  • 21-6
  • 21-9
0
  • XU Kelly(オーストラリア)

本日は各種目の予選とミックスダブルス1回戦が行われました。

男子シングルス武下選手は予選1回戦で昨年の世界ジュニア優勝のタイ選手と対戦。第1ゲームを奪われ、第2ゲームも17-17と競り合いますが、そこから抜け出し奪い返します。第3ゲームは序盤で大きくリードを奪い勝利。予選2回戦では相手を寄せ付けず快勝で本戦に進んだ。

女子シングルス峰選手は予選1回戦で香港選手と対戦。第1ゲーム終盤の競り合いを奪うと、第2ゲームは終盤で18-18で追い付き逆転で勝利。仲井選手はオーストラリア選手に危なげない試合運びで快勝。それぞれ本戦に進んだ。

明日は各種目の1回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

男子シングルス

1回戦
2
  • 19-21
  • 21-17
  • 21-12
1
  • VERMA Sourabh(インド)
1
  • 10-21
  • 21-19
  • 11-21
2
  • CHONG Wei Feng(マレーシア)
2
  • 19-21
  • 21-18
  • 21-11
1
  • REN Pengbo(中国)
2
  • 20-22
  • 22-20
  • 21-17
1
  • JAYARAM Ajay(インド)

女子シングルス

1回戦
  • 仲 井 由 希 乃(再春館製薬所)
2
  • 22-24
  • 21-11
  • 21-12
1
  • TAM Brittney(カナダ)
2
  • 21-10
  • 21-13
0
  • POLIKARPOVA Ksenia(イスラエル)
2
  • 21-8
  • 21-19
0
  • CHUKKA Sai Uttejitha Rao(インド)
1
  • 21-8
  • 15-21
  • 20-22
2
  • CHEN Hsuan Yu Wendy(オーストラリア)

男子ダブルス

1回戦
  • 塚 本 好 喜(日立情報通信エンジニアリング)
  • 高 野 将 斗(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-17
  • 21-19
0
  • KAN Chao Yu(チャイニーズタイペイ)
  • LIAO Chi Hung(チャイニーズタイペイ)
2
  • 21-19
  • 12-21
  • 21-17
1
  • CHAI Biao(中国)
  • WANG Zekang(中国)
  • 竹 内 義 憲(日立情報通信エンジニアリング)
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-18
  • 21-13
0
  • CAHYONO Akbar Bintang(インドネシア)
  • ISFAHANI Moh Reza Pahlevi(インドネシア)

女子ダブルス

1回戦
  • 仲 井 由 希 乃(再春館製薬所)
  • 小 野 菜 保(再春館製薬所)
0
  • 19-21
  • 14-21
2
  • AWANDA Anggaia Shitta(インドネシア)
  • SAHPUTRI Meirisa Cindy(インドネシア)
2
  • 21-14
  • 21-9
0
  • PAEWSAMPRAN Supissara(タイ)
  • SUPAJIRAKUL Puttita(タイ)

男子シングルス上田選手は第1ゲームを奪われ第2ゲームも中盤まで競り合ったものの奪い返し、逆転勝利。五十嵐選手は第1ゲームを奪われ、第2ゲームも中盤まで競り合いますが奪い返し勝利。武下選手は第1・2ゲームの競り合いを奪い合い、第3ゲームは中盤までリードを許したも逆転勝利。

女子シングルス三谷選手・峰選手はストレート勝ち。仲井選手は第7シードのカナダ選手に第1ゲームを奪われたものの、第2・3ゲームを奪い逆転勝利。

男子ダブルス塚本・高野ペア、竹内・松居ペアは第1・2ゲームとも中盤から抜け出し勝利。岡村・小野寺ペアはファイナルゲームの末に勝利。

女子ダブルス加藤・柏原ペアは快勝した。明日は各種目の2回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

男子シングルス

2回戦
0
  • 16-21
  • 12-21
2
  • VERMA Sameer(インド)
0
  • 12-21
  • 9-21
2
  • SUGIARTO Tommy(インドネシア)
0
  • 8-21
  • 14-21
2
  • ZHOU Zeqi(中国)

女子シングルス

2回戦
  • 仲 井 由 希 乃(再春館製薬所)
2
  • 19-21
  • 21-8
  • 21-9
1
  • MAINAKY Lyanny Alessandra(インドネシア)
2
  • 21-12
  • 21-12
0
  • JEON Jui(韓国)
2
  • 21-6
  • 21-9
0
  • CHEN Hsuan Yu Wendy(オーストラリア)

男子ダブルス

2回戦
  • 塚 本 好 喜(日立情報通信エンジニアリング)
  • 高 野 将 斗(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 18-21
  • 21-19
  • 25-23
1
  • JUNG Tae In(韓国)
  • KIM Hwi Tai(韓国)
0
  • 15-21
  • 23-25
2
  • M R Ariun(インド)
  • SHLOK Ramchandran(インド)
  • 竹 内 義 憲(日立情報通信エンジニアリング)
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-16
  • 24-22
  • 21-15
1
  • CHEN Tang Jie(マレーシア)
  • GOH Soon Huat(マレーシア)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 21-13
  • 21-16
0
  • AWANDA Anggaia Shitta(インドネシア)
  • SAHPUTRI Meirisa Cindy(インドネシア)
2
  • 21-11
  • 21-13
0
  • JAKKAMPUDI Megahana(インド)
  • RAM S Poorisha(インド)
2
  • 21-2
  • 21-6
0
  • FU Sally(オーストラリア)
  • TAGLE Alyssa(オーストラリア)

女子シングルス仲井選手は第1ゲームを接戦の末に奪われたものの、第2・3ゲームは危なげない試合運びで勝利。峰選手・三谷選手は第1・2ゲームともに危なげない試合運びで有利に試合を進めてストレート勝ち。

男子ダブルス塚本・高野ペアは第1ゲームを奪われ、第2ゲームも終盤までリードを許したものの、逆転で奪い返します。第3ゲームは序盤から一進一退の競り合いが終盤まで続き、20-20から3度のマッチポイントをしのぎ逆転勝利。竹内・松居ペアは第2ゲームを接戦の末に奪われたものの、第3ゲームは立て直し勝利。

女子ダブルス新玉・渡邉ペア、加藤・柏原ペア、櫻本・髙畑ペアともに快勝した。明日は各種目の準々決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

女子シングルス

準々決勝
  • 仲 井 由 希 乃(再春館製薬所)
1
  • 21-11
  • 14-21
  • 15-21
2
  • CHEUNG Ngan Yi(ホンコンチャイナ)
2
  • 21-14
  • 21-13
0
  • SUSANTO Yulia Yosephin(インドネシア)
2
  • 21-15
  • 21-13
0
  • HAN Yue(中国)

男子ダブルス

準々決勝
  • 塚 本 好 喜(日立情報通信エンジニアリング)
  • 高 野 将 斗(日立情報通信エンジニアリング)
0
  • 10-21
  • 18-21
2
  • ANGRIAWAN Berry(インドネシア)
  • HARDIANTO Hardianto(インドネシア)
  • 竹 内 義 憲(日立情報通信エンジニアリング)
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 19-21
  • 21-14
  • 22-20
1
  • KANG Min Hyuk(韓国)
  • KIM Won Ho(韓国)

女子ダブルス

準々決勝
2
  • 21-15
  • 21-13
0
  • BARKAH Yulifira(インドネシア)
  • PUTRI SARI Rosyita(インドネシア)
0
  • 17-21
  • 12-21
2
  • CHAE Yujung(韓国)
  • KIM Hye Jeong(韓国)
2
  • 21-13
  • 21-13
0
  • PAK Anona(ニュージーランド)
  • RAGARDJA Fransisca Angelica(ニュージーランド)

女子シングルス三谷選手はインドネシア選手と対戦。第1・2ゲームともに中盤から抜け出し連続ポイントでストレート勝ち。峰選手は中国選手と対戦。第1・2ゲームともに長いラリーの連続となったものの、中盤で連続ポイントを奪いストレート勝ち。明日の準決勝は三谷選手対峰選手が対戦します。

男子ダブルス竹内・松居ペアは韓国ペアと対戦。第1ゲーム終盤で追い上げたものの奪われます。しかし、第2ゲームを奪い返すと、第3ゲームは18ー20のマッチポイントを奪われた場面から4連続ポイントの逆転勝利。

女子ダブルス新玉・渡邉ペア、櫻本・髙畑ペアは危なげない試合運びでストレート勝ちしました。

明日は各種目の準決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

女子シングルス

準決勝
2
  • 21-17
  • 21-17
0

男子ダブルス

準決勝
  • 竹 内 義 憲(日立情報通信エンジニアリング)
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
0
  • 17-21
  • 11-21
2
  • ARYA PANGKARYANIRA Wahyu Nayaka(インドネシア)
  • SANTOSO Ade Yusuf(インドネシア)

女子ダブルス

準決勝
0
  • 16-21
  • 17-21
2
  • BAEK Ha Na(韓国)
  • LEE Yu Rim(韓国)
2
  • 21-18
  • 21-16
0
  • CHAE Yujung(韓国)
  • KIM Hye Jeong(韓国)

女子シングルス日本勢対決は第1・2ゲームともに序盤から大きくリードした峰選手が中盤から追い上げる三谷選手を振り切りストレート勝ちで決勝に進出しました。

女子ダブルス櫻本・髙畑ペアは韓国ペアに第1ゲーム序盤から有利に試合を進めて奪います。第2ゲームは中盤まで一進一退の競り合いとなったものの、16-16から抜け出すと一気にマッチポイントを奪いストレート勝ちで決勝に進出しました。

男子ダブルス竹内・松居ペアは第1ゲームを奪われ、第2ゲームは序盤から大きく離され0-2敗退しました。

女子ダブルス新玉・渡邉ペアは第1ゲームを奪われ、第2ゲームも序盤からリードを奪われます。そこから中盤で16-17まで追い上げたものの、そこから引き離され敗退しました。

明日は大会最終日、各種目の決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

女子シングルス

決勝
0
  • 14-21
  • 13-21
2
  • CAI Yanyan(中国)

女子ダブルス

決勝
2
  • 23-21
  • 21-18
0
  • BAEK Ha Na(韓国)
  • LEE Yu Rim(韓国)

女子ダブルス櫻本・髙畑ペアは第4シードの韓国ペアと対戦。第1ゲーム序盤からリードを奪い、中盤で引き離し、20-18まで追い込みます。しかし、そこから20-20に追い付かれたものの、1度もゲームポイントを奪われる事なくこのゲームを奪います。第2ゲームは序盤の競り合いから6-9とリードを許したものの、中盤で16-10とリードを広げ、終盤20-13から追い上げられたものの逃げ切り、見事優勝を果たしました。櫻本・髙畑ペアのWorldTourSuper300の優勝は2月のスイスオープン、先週のニュージーランドオープンに続き、今季3勝目となった。

女子シングルス峰選手と対戦。第1・2ゲームともに序盤から相手の鋭いショットにリードを広げられ、追いかける展開が終始続く苦しい展開となり、0-2で敗退したものの準優勝を果たした。

本日の試合をもちまして本大会すべての試合が終了致しました。

ご声援ありがとうございました。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)


日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー