公益財団法人日本バドミントン協会

結果

陵水中国マスターズ2019

開催地中国・陵水県
期間2019年3月12日~2019年3月17日

男子シングルス

予選1回戦
  • 西野 勝志(筑波大学)
1
  • 21-18
  • 18-21
  • 18-21
2
  • LIU Liang(中国)

女子シングルス

予選1回戦
  • 佐川 智香(作新学院高校)
2
  • 23-21
  • 21-16
0
  • 大関 令奈(日本)
  • 香山 未帆(筑波大学)
0
  • 12-21
  • 14-21
2
  • KIM Na Yeong(韓国)
予選2回戦
  • 佐川 智香(作新学院高校)
1
  • 14-21
  • 21-17
  • 19-21
2
  • WANG Siqi(中国)

本日はシングルスの予選が行われました。

男子シングルスでは西野選手が中国選手と対戦。序盤はコート四方を有効に活用し優勢に進めるが、フロントコートから有効打を出せず徐々に苦しい展開になり最後は相手のスピードの変化に対応できず敗退。

女子シングルスの香山選手は、自らの仕掛けから優位に立てない相手に対しエラーを出してしまう苦しい展開になり敗退、大関選手との日本人対決を制した佐川選手は中国ののWANG選手と対戦、積極的な球回しで相手のスタミナを奪い優勢に立つ場面もあったが徐々に相手にタイミングを合わされ競り負けた。

明日は各種目の1回戦が行われます。

(日本選手団代表:菊田健一)

女子ダブルス

1回戦
  • 大石 悠生(青森山田高校)
  • 佐川 智香(作新学院高校)
0
  • 10-21
  • 15-21
2
  • CHEN Yingying(中国)
  • ZHANG Shuxian(中国)
  • 大関 令奈(筑波大学)
  • 香山 未帆(筑波大学)
1
  • 22-20
  • 19-21
  • 22-24
2
  • Phittayaporn CHAIWAN(タイ)
  • Chananchiba JUCHAROEN(タイ)

女子シングルス

1回戦
  • 下田 菜都美(広島ガス)
2
  • 21-10
  • 21-18
0
  • LEE Se Yeon(韓国)

本日は各種目の1回戦が行われました。

女子ダブルス大石・佐川組は相手の攻撃的展開を凌ぎ長いラリーに持ち込むがストロークの安定性に欠け敗退、大関・香山組は個人の技術的技能の高い相手に一進一退の展開に持ち込むが、ファイナル延長ゲームの末に敗退。

女子シングルスの下田選手は韓国選手と対戦。スタートから集中力の高いでラリーで序盤から主導権を握り、終始危なげない展開で第1ゲームを奪います。第2ゲームは相手の強打と積極的な攻めに苦戦し、我慢の展開が続くが終盤抜け出し2-0で勝利した。

明日は各種目の2回戦が行われます。

(日本選手団代表:菊田健一)

女子シングルス

2回戦
  • 下田 菜都美(広島ガス)
1
  • 21-13
  • 8-21
  • 16-21
2
  • CHAIWAN Phittayaporn(タイ)

本日は各種目の2回戦が行われました。

女子シングルスの下田選手はタイ選手と対戦。第1ゲームは序盤こそ競り合ったものの積極的な攻めで相手を左右に揺さぶり中盤以降抜けだし勝利した。第2ゲームはスピードを上げた相手に対し消極的なラリーで落とします。第3ゲームはネット前から支配される展開が続き、中盤まで競り合うが15-15から抜け出され惜しくも敗退した。

以上を持ちまして全日程終了となります。

(日本選手団代表:菊田健一)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー