公益財団法人日本バドミントン協会

結果

バドミントンデンマークオープン2018

開催地デンマーク・オーデンセ
期間2018年10月16日~2018年10月21日

男子シングルス

1回戦
2
  • 21-18
  • 21-23
  • 21-15
1
  • GINTING Anthony Sinisuka(インドネシア)

女子シングルス

1回戦
2
  • 18-21
  • 21-15
  • 21-16
1
  • CORRALES Beatriz(スペイン)
2
  • 21-19
  • 21-18
0
  • JINDAPOL Nitchaon(タイ)
2
  • 21-19
  • 21-8
0
  • HONDERICH Rachel(カナダ)
0
  • 18-21
  • 21-23
2
  • KJAERSFELDT Line Hojmark(デンマーク)

男子ダブルス

1回戦
2
  • 27-25
  • 21-10
0
  • IVANOV Vladimir(ロシア)
  • SOZONOV Ivan(ロシア)
2
  • 21-17
  • 21-19
0
  • ARENDS Jacco(オランダ)
  • JILLE Ruben(オランダ)

女子ダブルス

1回戦
2
  • 21-14
  • 21-14
0
  • DELRUE Delphine(フランス)
  • PALERMO Lea(フランス)
2
  • 21-17
  • 21-13
0
  • MAGELUND Amalie(デンマーク)
  • RAVN Freja(デンマーク)
2
  • 21-14
  • 21-15
0
  • LEFEL Emilie(フランス)
  • TRAN Anne(フランス)

混合ダブルス

1回戦
2
  • 21-17
  • 17-21
  • 23-21
1
  • HE Jiting(中国)
  • DU Yue(中国)
1
  • 21-16
  • 19-21
  • 16-21
2
  • LU Kai(中国)
  • CHEN Lu(中国)

本日から始まりましたデンマークオープンの試合ですが、1回戦の半分の試合が行われました。WSでは山口、奧原ともに競り合う場面はありましたが、地力の差をみせ勝利し明後日の2回戦に駒を進めました。

またMDでも嘉村園田ペア、井上金子ペアともに強い相手との対戦でしたが、勝利しました。

XDでは渡辺東野ペアが先月の韓国オープンで優勝している中国ぺアと対戦しましたが、ファイナルゲーム13-19から驚異の逆転劇を見せ価値ある勝利を治めました。

MSでは桃田が現在2連敗中のインドネシア選手と対戦しました。相手の鋭いスマッシュで失点する場面はありましたが、粘り強く戦い87分に及ぶ長期戦を制しました。

明日は本日行われなかった残りの1回戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

1回戦
2
  • 21-15
  • 12-21
  • 22-20
1
  • LIEW Daren(マレーシア)
2
  • 19-21
  • 21-16
  • 21-17
1
  • GEMKE Rasmus(デンマーク)
0
  • 12-21
  • 19-21
2
  • AXELSEN Viktor(デンマーク)

女子シングルス

1回戦
0
  • 17-21
  • 19-21
2
  • CHEN Yufei(中国)
0
  • 14-21
  • 15-21
2
  • TAI Tzu Ying(チャイニーズタイペイ)

男子ダブルス

1回戦
2
  • 21-19
  • 11-21
  • 21-16
1
  • ONG Yew Sin(マレーシア)
  • TEO Ee Yi(マレーシア)
0
  • 19-21
  • 14-21
2
  • LIU Cheng(中国)
  • ZHANG Nan(中国)

女子ダブルス

1回戦
2
  • 21-10
  • 21-10
0
  • BIRCH Chloe(イングランド)
  • SMITH Lauren(イングランド)
0
  • 19-21
  • 18-21
2
  • PIEK Selena(オランダ)
  • SEINEN Cheryl(オランダ)

本日は残りの1回戦が行われました。MSでは常山が世界選手権大会準々決勝の再戦となるマレーシア選手と対戦しました。ファイナルゲームは11-3と大きくリードしますが、相手の怒濤の攻撃をくらい16-18と逆転を許します。しかし強い気持ちでラリー勝負に持ち込み再逆転に成功すると見事に勝利し前回の対戦の雪辱を果たしました。

またMDでは保木小林ペアがマレーシアペアと対戦しましたが、リズム良い攻撃をみせ勝利し明日の2回戦に駒を進めました。

WDでは福島廣田ペアがイングランドペアに対し力の差をみせ快勝しました。

明日は各種目2回戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

2回戦
0
  • 18-21
  • 16-21
2
  • CHOU Tien Chen(チャイニーズタイペイ)
0
  • 20-22
  • 12-21
2
  • HUANG Yuxiang(中国)
2
  • 21-14
  • 21-13
0
  • AVIHINGSANON Suppanyu(タイ)

女子シングルス

2回戦
0
  • 15-21
  • 17-21
2
  • NEHWAL Saina(インド)
2
  • 21-15
  • 21-14
0

男子ダブルス

2回戦
2
  • 21-12
  • 21-18
0
  • ANGRIAWAN Berry(インドネシア)
  • HARDIANTO Hardianto(インドネシア)
2
  • 21-11
  • 21-10
0
  • ANTONSEN Kasper(デンマーク)
  • NOHR Niclas(デンマーク)
2
  • 21-16
  • 21-16
0
  • CHEN Hung Lin(チャイニーズタイペイ)
  • WANG Chi Lin(チャイニーズタイペイ)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 21-18
  • 21-15
0
2
  • 21-9
  • 21-14
0
  • FRUERGAARD Maiken(デンマーク)
  • THYGESEN Sara(デンマーク)
0
  • 18-21
  • 14-21
2
  • KIM Hye Jeong(韓国)
  • KONG Hee Yong(韓国)

混合ダブルス

2回戦
0
  • 18-21
  • 16-21
2
  • CHAN Peng Soon(マレーシア)
  • GOH Liu Ying(マレーシア)

本日は各種目2回戦が行われました。MSでは桃田がタイの選手と対戦しました。序盤から安定した守備を見せリードを広げストレートで快勝しました。

またMDでも3ペアがベスト8入りを決め好調さを維持しました。

WDでは高橋松友ペアが韓国ペアと対戦しましたが、ストレートで破れ姿を消してしまいました。

明日は各種目準々決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

準々決勝
2
  • 21-13
  • 21-9
0
  • PHETPRADAB Khosit(タイ)

女子シングルス

準々決勝
1
  • 21-17
  • 16-21
  • 12-21
2
  • NEHWAL Saina(インド)

男子ダブルス

準々決勝
0
  • 17-21
  • 15-21
2
  • GIDEON Marcus Fernaldi(インドネシア)
  • SUKAMULJO Kevin Sanjaya(インドネシア)
2
  • 21-19
  • 27-25
0

女子ダブルス

準々決勝
2
  • 19-21
  • 21-17
  • 21-9
1
  • DU Yue(中国)
  • LI Yinhui(中国)
2
  • 21-14
  • 21-12
0
  • PONNAPPA Ashwini(インド)
  • REDDY N. Sikki(インド)

本日は各種目準々決勝が行われました。WDでは米元田中ペアが中国ペアと対戦しました。

序盤は中国ペアの抵抗に遭い1ゲームを落としますが、2ゲームから疲れが見え始めた中国ペアを捕らえます。3ゲームに入ると運動量で上回り逆転勝利しました。

またMDでは日本人対決となりましたが、嘉村園田ペアが井上金子ペアを接戦の末に振り切り勝利しました。

MSでは桃田が昨日に引き続きタイの選手と対戦しましたが、危なげなく勝利しました。

明日は各種目準決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

準決勝
2
  • 21-16
  • 21-12
0
  • KIDAMBI Srikanth(インド)

男子ダブルス

準決勝
2
  • 21-17
  • 21-19
0
  • ELLIS Marcus(イングランド)
  • LANGRIDGE Chris(イングランド)

女子ダブルス

準決勝
2
  • 21-12
  • 21-14
0
  • KIM Hye Jeong(韓国)
  • KONG Hee Yong(韓国)
2
  • 21-13
  • 21-16
0
  • POLII Greysia(インドネシア)
  • RAHAYU Apriyani(インドネシア)

本日は各種目準決勝が行われました。最初に行われました女子ダブルスでは米元田中ペアが中国ペアと対戦しました。力強い相手の攻撃を上手く受け流す作戦を展開した日本ペアは付けいる隙を見せず快勝しました。続いて行われました福島廣田ペアもインドネシアペアを下し明日の決勝は日本人対決となりました。

また男子シングルスでは桃田がインド選手と対戦しました。四隅を付くラリーで相手を動かし陣形を崩してからの攻撃も冴えストレートで勝利しました。

最後に行われました男子ダブルスでは嘉村園田ペアが強豪を破り勝ち上がってきたイングランド選手と対戦しましたが、競り合いを制し勝利しました。

明日は決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

決勝
2
  • 22-20
  • 16-21
  • 21-15
1
  • CHOU Tien Chen(チャイニーズタイペイ)

男子ダブルス

決勝
0
  • 15-21
  • 16-21
2
  • GIDEON Marcus Fernaldi(インドネシア)
  • SUKAMULJO Kevin Sanjaya(インドネシア)

女子ダブルス

決勝
2
  • 21-19
  • 21-16
0

本日は各種目決勝が行われました。最初に行われました女子ダブルスでは日本人対決となりましたが、福島廣田ペアが米元田中ペアを下しジャパンオープン以来の優勝を果たしました。

続いて行われました男子ダブルスでは嘉村園田ペアが世界ランキング1位のインドネシアぺアに挑みましたが、相手のトップ&バックからの攻撃を防ぎきることが出来ず破れ惜しくも準優勝となりました。

最後に行われました男子シングルスでは桃田がチャイニーズタイペイの選手と対戦しました。序盤から我慢勝負となるラリーが続き消耗戦となりましたが、ファイナルゲームの13-13から桃田がスピードをあげて怒濤の攻撃をみせ点数を広げリードを奪います。このまま逃げ切り見事にデンマークオープンのタイトルを奪取しました。

この試合をもちまして今大会における日本人選手団の全ての試合が終了致しました。ご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表:中西洋介)


日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー