公益財団法人日本バドミントン協会

結果

ドイツジュニア選手権大会2019

開催地ドイツ・ベルリン
期間2019年3月7日~2019年3月11日

女子シングルス

1回戦
  • 郡司 莉子(八代白百合高)
2
  • 21-6
  • 21-8
0
  • KÖLMEL Xenia(ドイツ)

男子ダブルス

1回戦
  • 川本 拓真(埼玉栄高)
  • 河村 翼(埼玉栄高)
2
  • 21-15
  • 10-21
  • 21-18
1
  • BHATNAGAR Ishaan(インド)
  • JOY Edwin(インド)

女子ダブルス

1回戦
  • 大澤 佳歩(埼玉栄高)
  • 鈴木 陽向(埼玉栄高)
2
  • 21-6
  • 21-12
0
  • NESIC Emilia(デンマーク)
  • WERGE Mette(デンマーク)

混合ダブルス

1回戦
  • 川本 拓真(埼玉栄高)
  • 大澤 佳歩(埼玉栄高)
0
  • 18-21
  • 11-21
2
  • FENG Yanzhe(中国)
  • LIN Fangling(中国)
  • 河村 翼(埼玉栄高)
  • 鈴木 陽向(埼玉栄高)
2
  • 21-10
  • 21-12
0
  • SKURIKHIN Ivan(モルドバ)
  • MARUSHCHAK Arina(ウクライナ)

本日は各種目の1回戦が行われました。

混合複の川本・大澤組は中国のペアと対戦しました。第2ゲームの中盤から連続得点を許して0-2で初戦敗退となりました。

そのほかの対戦は女子単の郡司、女子複の大澤・鈴木組、混合複の河村・鈴木組は2-0で勝利しました。

男子複の川本・河村組は第2ゲームを落としましたが、ファイナルゲームを18本で勝利しました。

(日本選手団代表:友金幸雄)

男子シングルス

2回戦
  • 秦野 陸(埼玉栄高)
1
  • 21-13
  • 16-21
  • 18-21
2
  • RAMLIE Yonachan(インドネシア)

女子シングルス

2回戦
  • 郡司 莉子(八代白百合高)
2
  • 21-8
  • 21-14
0
  • VERCELOT Emilie(フランス)
  • 高橋 美優(青森山田高)
2
  • 22-20
  • 21-18
0
  • WIDJAYA Stephanie(インドネシア)

男子ダブルス

2回戦
  • 川本 拓真(埼玉栄高)
  • 河村 翼(埼玉栄高)
1
  • 14-21
  • 21-14
  • 7-21
2
  • Di Zijian(中国)
  • WANG Chang(中国)

女子ダブルス

2回戦
  • 大澤 佳歩(埼玉栄高)
  • 鈴木 陽向(埼玉栄高)
2
  • 21-17
  • 21-11
0
  • BIOARUN Anastasiia(ロシア)
  • IAKOVLEVA Alena(ロシア)

混合ダブルス

1回戦
  • 河村 翼(埼玉栄高)
  • 鈴木 陽向(埼玉栄高)
1
  • 24-26
  • 21-19
  • 17-21
2
  • EASTON Rory(イングランド)
  • WARNER Hope(イングランド)

男子単の秦野は第6シードのインドネシアの選手と対戦しました。第1ゲームを先取し、第2ゲームも中盤まではリードしましたが、その後逆転され落としました。ファイナルゲームは終盤17-18まで追いついたが最後は逃げ切られて1-2で惜敗しました。

女子単の郡司はフランスの選手に2-0で快勝。高橋は第7シードで先週のオランダジュニア3位のインドネシアの選手と対戦し、接戦をものにして2-0で勝利しました。

男子複の川本・河村組は第1シードの中国のペアとの対戦となりました。オランダジュニアでは準決勝で0-2で負けて、今回はリベンジを誓っての再戦となりましたが、第2ゲームを奪ってファイナルゲームに持ち込みましたが、リズムに乗れず1-2で惜敗しました。

女子複の大澤・鈴木組はロシアのペアと対戦し、2-0で勝利しました。

混合複の河村・鈴木組はイングランドのペアと対戦しましたが、サーブ場面で劣勢になり、1-2で惜敗しました。

(日本選手団代表:友金幸雄)

女子シングルス

3回戦
  • 郡司 莉子(八代白百合高)
2
  • 21-18
  • 21-14
0
  • SCHULZ Amalie(デンマーク)
  • 高橋 美優(青森山田高)
2
  • 21-17
  • 21-7
0
  • VERSTEEG Meike(オランダ)
4回戦
  • 郡司 莉子(八代白百合高)
2
  • 18-21
  • 22-20
  • 21-18
1
  • CHUNG Da Jeong(韓国)
  • 高橋 美優(青森山田高)
2
  • 22-20
  • 21-18
0
  • DAI Wang(中国)
準々決勝
  • 郡司 莉子(八代白百合高)
0
  • 19-21
  • 11-21
2
  • ZHOU Meng(中国)
  • 高橋 美優(青森山田高)
2
  • 21-19
  • 23-21
0
  • WARDANI Putri Kusuma(インドネシア)

女子ダブルス

3回戦
  • 大澤 佳歩(埼玉栄高)
  • 鈴木 陽向(埼玉栄高)
1
  • 21-15
  • 23-25
  • 19-21
2
  • GUO Lizhi(中国)
  • LI Yijing(中国)

女子単の郡司は準々決勝で第1シードの中国の選手と対戦し、第1ゲームを競り負け、そのまま流れを引き寄せることが出来ずに0-2で敗退しました。高橋は、準々決勝で第3シードのインドネシアの選手と対戦し、接戦を2-0で制して勝利しました。

女子複の大澤・鈴木組は第3シードの中国のペアと対戦しました。第1ゲームを先取し、第2ゲームも競った場面でマッチポイントを3度握りましたが、取り切れずに23-25で落としました。ファイナルゲームは序盤から終始追いかける展開となり、最後は逃げ切られて21-19で敢え無く敗退しました。

明日は現地時間9時から女子単の高橋が準決勝で中国の選手と対戦します。ご声援よろしくお願いいたします。

(日本選手団代表:友金幸雄)

女子シングルス

準決勝
  • 髙橋 美優(青森山田高)
0
  • 19-21
  • 10-21
2
  • HAN Qianxi(中国)

女子単の髙橋は準決勝で中国の選手と対戦しました。序盤から制球が定まらず、要所でミスが続き、第1ゲームを19-21で落としました。第2ゲームに入っても調子が上がらず、0-2で敗退しました。しかし、厳しいブロックを勝ち抜いての価値あるベスト4で、銅メダルを獲得しました。

ご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表:友金幸雄)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター