公益財団法人日本バドミントン協会

結果

インドネシアマスターズ2019

開催地インドネシア・ジャカルタ
期間2019年1月22日~2019年1月27日

混合ダブルス

1回戦
2
  • 21-15
  • 21-10
0
0
  • 12-21
  • 18-21
2
  • ADCOCK Chris(イングランド)
  • ADCOCK Gabrielle(イングランド)

本日から開幕致しましたインドネシアマスターズ大会初日は各種目予選と、混合ダブルス本戦1回戦が行われました。

日本人対決となった対戦は最近の大きな大会での経験に勝る保木永原ペアが権藤栗原ペアをストレートで下し2回戦に駒を進めました。また金子松友ペアはイングランドの夫婦ペアと対戦しました。1ゲームは緩急を有効に使い競り合いとなりますが、このゲームを落とすと2ゲームは点差を引き離されてしまい敗れました。

明日はその他の種目の1回戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

1回戦
2
  • 19-21
  • 22-20
  • 21-17
1
  • NG Ka Long Angus(ホンコン)
0
  • 11-21
  • 19-21
2
  • THAMMASIN Sitthikom(タイ)
2
  • 21-13
  • 21-15
0
  • SAENSOMBOONSUK Tanongsak(タイ)
2
  • 22-20
  • 21-11
0
  • JORGENSEN Jan O(デンマーク)

女子シングルス

1回戦
2
  • 21-16
  • 15-21
  • 21-16
1
  • HAN Yue(中国)
0
  • 18-21
  • 17-21
2
  • CHEN Xiaoxin(中国)
2
  • 22-20
  • 21-14
0
  • MAINAKY Lyanny Alessandra(インドネシア)
1
  • 21-18
  • 18-21
  • 18-21
2
  • TUNJUNG Gregoria Mariska(インドネシア)

男子ダブルス

1回戦
2
  • 21-12
  • 21-16
0
  • GOH V Shem(マレーシア)
  • TAN Wee Kiong(マレーシア)
2
  • 21-18
  • 21-6
0
  • LU Ching Yao(チャイニーズ・タイペイ)
  • YANG Po Han(チャイニーズ・タイペイ)
0
  • 11-21
  • 15-21
2
  • ASTRUP Kim(デンマーク)
  • RASMUSSEN Anders Skaarup(デンマーク)
0
  • 16-21
  • 18-21
2
  • CHOI Solgyu(韓国)
  • SEO Seung Jae(韓国)

女子ダブルス

1回戦
2
  • 21-10
  • 21-8
0
  • SUPAJIRAKUL Puttita(タイ)
  • TAERATTANACHAI Sapsiree(タイ)
0
  • 19-21
  • 9-21
2
  • CHANG Ye Na(韓国)
  • JUNG Kyung Eun(韓国)
2
  • 21-15
  • 21-14
0
  • HARIS Della Destiara(インドネシア)
  • PUTRI Virni(インドネシア)
2
  • 21-14
  • 21-12
0
  • GOLISZEWSKI Johanna(ドイツ)
  • KAEPPLEIN Lara(ドイツ)
0
  • 20-22
  • 13-21
2
  • DU Yue(中国)
  • LI Yinhui(中国)

混合ダブルス

1回戦
2
  • 21-16
  • 21-17
0
  • LU Ching Yao(チャイニーズ・タイペイ)
  • LEE Chia Hsin(チャイニーズ・タイペイ)

本日は本戦1回戦が行われました。男子シングルスでは桃田が朝1番の試合に登場し、デンマーク選手と対戦しました。序盤リードし安定した試合になるかと思われましたが、相手選手のプッシュやドライブにペースを乱され接戦となりました。しかしこのゲームを僅差で奪うと2ゲームは守備力、攻撃力ともに冴え快勝しました。

また女子シングルスでは山口が中国選手と対戦しました。2ゲームを奪われ不穏な空気が流れましたが、3ゲームは粘り強いプレーを取り戻し勝利しました。

男子ダブルスでは嘉村園田ペアがマレーシアの強豪ダブルスと対戦しましたが、安定した守備力をみせ付け入る隙を見せず快勝しました。

明日は各種目2回戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

2回戦
0
  • 14-21
  • 9-21
2
  • KIDAMBI Srikanth(インド)
2
  • 21-18
  • 22-20
0
  • VITTINGHUS Hans Kristian Solberg(デンマーク)
0
  • 11-21
  • 9-21
2
  • AXSELSEN Viktor(デンマーク)

女子シングルス

2回戦
0
  • 11-21
  • 11-21
2
  • CHEN Yufei(中国)
0
  • 18-21
  • 12-21
2
  • CHOCHUWONG Pornpawee(タイ)

男子ダブルス

2回戦
2
  • 21-19
  • 21-14
0
  • CHOI Solgyu(韓国)
  • SEO Seung Jae(韓国)
2
  • 21-16
  • 21-15
0
  • KEDREN Kittinupong(タイ)
  • PUAVARANUKROH Dechapol(タイ)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 21-14
  • 21-13
0
  • HOO Vivian(マレーシア)
  • YAP Cheng Wen(マレーシア)
0
  • 17-21
  • 17-21
2
  • KIM So Yeong(韓国)
  • KONG Hee Yong(韓国)
2
  • 21-11
  • 21-11
0
  • LIU Xuanwuan(中国)
  • XIA Yuting(中国)

混合ダブルス

2回戦
2
  • 21-14
  • 21-19
0
  • LAMSFUSS Mark(ドイツ)
  • HERTTRICH Isabel(ドイツ)
2
  • 21-16
  • 19-21
  • 21-13
1
  • RIVALDY Rinov(インドネシア)
  • MENTARI Pitha Haningtyas(インドネシア)

本日は各種目2回戦が行われました。

女子ダブルスでは永原松本ペアが中国のジュニア選手と対戦しました。相手ペアの抵抗が予想されましたが、経験に勝る日本ペアが終始落ち着いて試合のペースを握る形となり快勝しました。

また男子ダブルスでは嘉村園田ペアが韓国ペアと対戦しました。風が吹く環境下ではありましたが、得意の低空戦で主導権を握りストレートで勝利しました。

また男子シングルスでは桃田がデンマーク選手と対戦しました。スライディングレシーブなどで粘る相手ではありましたが、ゲーム終盤でミスが少なかった桃田に軍配があがりベスト8進出を決めました。

明日は各種目準々決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

準々決勝
2
  • 21-10
  • 21-9
0
  • GINTING Anthony Sinisuka(インドネシア)

男子ダブルス

準々決勝
1
  • 21-9
  • 17-21
  • 18-21
2
  • ASTRUP Kim(デンマーク)
  • RASMUSSEN Anders Skaarup(デンマーク)
0
  • 21-23
  • 19-21
2
  • HAN Chengkai(中国)
  • ZHOU Haodong(中国)

女子ダブルス

準々決勝
2
  • 18-21
  • 21-14
  • 21-8
1
  • CHEN Qingchen(中国)
  • JIA Yifan(中国)
2
  • 21-13
  • 21-15
0
  • DU Yue(中国)
  • LI Yinhui(中国)

混合ダブルス

準々決勝
2
  • 21-15
  • 21-17
0
  • LU Kai(中国)
  • CHEN Lu(中国)
0
  • 16-21
  • 14-21
2
  • AHMAD Tontowi(インドネシア)
  • NATSIR Liliyana(インドネシア)

本日は各種目準々決勝が行われました。

男子シングルスでは桃田が地元インドネシアの選手と対戦しました。昨年夏に行われたアジア大会の個人戦で敗れた相手と同じ体育館での再戦となりましたが、今回の対戦ではスピードで勝り相手の強打を封じる作戦で功を奏しストレートで快勝しました。

また混合ダブルスでは渡辺東野ペアが中国の選手と対戦しました。1ゲーム序盤からスピードある攻撃をみせペースを握るとそのまま逃げ切る事に成功し、こちらも快勝しました。

また女子ダブルスでも両ペアとも競り合う場面はありましたが安定した精神力をみせ勝利しベスト4に進出しました。

明日は各種目準決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

準決勝
2
  • 21-15
  • 21-4
0
  • AXELSEN Viktor(デンマーク)

女子ダブルス

準決勝
1
  • 21-13
  • 20-22
  • 16-21
2
  • KIM So Yeong(韓国)
  • KONG Hee Yong(韓国)
2
  • 22-20
  • 20-22
  • 21-12
1
  • POLII Greysia(インドネシア)
  • RAHAYU Apriyani(インドネシア)

混合ダブルス

準決勝
1
  • 21-11
  • 14-21
  • 11-21
2
  • ZHENG Siwei(中国)
  • HUANG Yaqiong(中国)

本日は各種目準決勝が行われました。

女子ダブルスでは髙橋松友ペアが地元インドネシアペアと対戦しました。1ゲームを幸先良く先取しますが、2ゲームは地元の大声援に後押しされ勢いよく攻めてくる相手に逆転を許し失います。しかし3ゲームは再びラリーのペースを上げる事に成功し勝利しました。

また男子シングルスでは桃田がデンマーク選手と対戦しました。シャトルの飛びが速い中で行われた試合でしたが、攻撃面の力強さやネット前での球の正確性で上回った桃田に軍配があがり決勝戦に進出しました。

混合ダブルスの渡辺東野ペアと女子ダブルス永原松本ペアは競り合いにはなりましたが、惜しくも敗退しました。

明日は各種目決勝戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

決勝
1
  • 16-21
  • 21-14
  • 16-21
2
  • ANTONSEN Anders(デンマーク)

女子ダブルス

決勝
2
  • 21-19
  • 21-15
0
  • KIM So Yeong(韓国)
  • KONG Hee Yong(韓国)

本日は各種目決勝戦が行われました。

最初に行われました女子ダブルスでは髙橋松友ペアが、今大会ここまで日本の2ペアを破って勝ち上がってきた韓国ペアと対戦しました。1ゲームは接戦となりましたが、このゲームをしぶとく奪うと2ゲームは終始リードを保つ形となり見事に昨年の大会に続く2連覇を果たしました。

一方、男子シングルスの桃田はデンマーク選手と対戦しました。昨年の世界選手権大会で唯一、1ゲームを奪われていた相手との再戦でしたが、今回の対戦では序盤から積極的に速い展開を仕掛けてこられ1ゲームを失うと、ファイナルゲームに持ち込む抵抗は見せましたが、惜しくも敗れ準優勝に終わりました。

この試合を持ちまして今大会における日本選手団のすべての試合が終了致しました。

(日本選手団代表:中西洋介)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー