公益財団法人日本バドミントン協会

結果

ペンバングナン・ジャヤ・ラヤジュニアグランプリ2018

開催地インドネシア・ジャカルタ
期間2018年4月3日~2018年4月8日

男子シングルス

1回戦
  • 秦 野 陸(埼玉栄)
0
  • 17-21
  • 11-21
2
  • PRADHITYA Gilang Nurma(インドネシア)
  • 川 本 拓 真(埼玉栄)
2
  • 21-19
  • 21-15
0
  • TANUJAYA Kevin Laurent(インドネシア)
  • 川 本 拓 真(埼玉栄)
1
  • 21-19
  • 10-21
  • 20-22
2
  • JAMSRI Saran(タイ)

女子シングルス

1回戦
  • 内 山 智 尋(ふたば未来)
2
  • 21-18
  • 21-14
0
  • KHAN Insyirah(シンガポール)
  • 水 井 ひ ら り(ふたば未来)
2
  • 21-15
  • 21-17
0
  • KAMBEY Olivia Chelin Maria(インドネシア)

男子ダブルス

1回戦
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄)
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄)
2
  • 21-16
  • 21-10
0
  • ANSAR Muhammad Yadhil(インドネシア)
  • HUDHA Jaya Alfian(インドネシア)
  • 秦 野 陸(埼玉栄)
  • 川 本 拓 真(埼玉栄)
2
  • 21-17
  • 21-19
0
  • BARRUETO DEZE Bruno(ペルー)
  • SUBAUSTE TOKUMURA Diego(ペルー)

混合ダブルス

1回戦
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄)
  • 吉 田 瑠 実(埼玉栄)
2
  • 21-14
  • 21-13
0
  • REZKA Muhammad Galih(インドネシア)
  • LARASATI Putri(インドネシア)

本日3日から8日までインドネシア共和国ジャカルタ市にて上記大会が行われます。

本日は各種目の初回戦と、男子単のみ2回戦までが行われました。

男子単の秦野は出足は良かったが、中盤に追いつかれるとそのままペースを掴むことが出来ずに敗退しました。川本は初戦を2-0で勝ち、2回戦でタイのシード選手と対戦しました。

慣れない環境で苦しみながらも、ファイナルゲーム20-16でマッチポイントを握ったが、そこから逆転を許して敢え無く敗退しました。

その他の種目は全て2-0で勝ち、明日の2回戦に駒を進めました。今大会は試合数が非常に多く、試合を終えてホテルに戻れたのは24時を過ぎました。明日からも慣れない暑さと変則的なスケジュールとなりますが、しっかりコンディション調整して挑みたいと思います。

(日本選手団代表:友金幸雄)

女子シングルス

2回戦
  • 内 山 智 尋(ふたば未来)
0
  • 18-21
  • 11-21
2
  • KIM Seong Min(韓国)
  • 水 井 ひ ら り(ふたば未来)
1
  • 21-11
  • 14-21
  • 20-22
2
  • CHUNG Da Jeong(韓国)

男子ダブルス

2回戦
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄)
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄)
2
  • 21-13
  • 21-14
0
  • THONGKHAM Pongsakorn(タイ)
  • THONGKHAM Wongsathorn(タイ)
  • 秦 野 陸(埼玉栄)
  • 川 本 拓 真(埼玉栄)
0
  • 棄権
2
  • CHANG Fang Chi(チャイニーズタイペイ)
  • CHEN Zhi Ray(チャイニーズタイペイ)

女子ダブルス

2回戦
  • 齋 藤 夏(埼玉栄)
  • 吉 田 瑠 実(埼玉栄)
0
  • 棄権
2
  • HAFIZHA Filanada(インドネシア)
  • LAMIS Raidah Azizah(インドネシア)

混合ダブルス

2回戦
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄)
  • 齋 藤 夏(埼玉栄)
0
  • 10-21
  • 17-21
2
  • SHANG Yichen(中国)
  • LI Yijing(中国)
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄)
  • 吉 田 瑠 実(埼玉栄)
2
  • 21-18
  • 21-15
0
  • MICHAEL Yosia(インドネシア)
  • MAQDIS Siti Zahrania(インドネシア)

本日は各種目2回戦が行われました。

女子単の内山は序盤はリードしましたが、中盤に逆転され、そのまま相手の勢いを止めることが出来ずに敗退しました。水井は第1ゲームを取り、第2ゲームは優勢にラリーを進めつつも、要所でミスがあり14本で取られました。ファイナルゲームは競り合いながら終盤を迎え、20-19とマッチポイントを先に取りましたが、攻め切ることが出来ずに敗退しました。

男子複の中山・緑川組は安定した試合運びで2-0で勝ちました。

混合複は中山・吉田組がインドネシアペアと対戦し、勝利しました。

男子複の秦野・川本組と女子複の齋藤・吉田組は体調不良の為、敢え無く棄権となりました。

暑さと厳しい環境の対策を強化し、より一層の配慮を施して体調管理とコンディション調整をしていきたいと思います。

(日本選手団代表:友金幸雄)

男子ダブルス

3回戦
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄)
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄)
1
  • 22-24
  • 24-22
  • 21-23
2
  • CHENG Kai Wen(チャイニーズタイペイ)
  • LU Chih Wei(チャイニーズタイペイ)

混合ダブルス

3回戦
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄)
  • 吉 田 瑠 実(埼玉栄)
2
  • 21-19
  • 19-21
  • 22-20
1
  • CARNANDO Leo Rolly(インドネシア)
  • CINDIANI Metya Inayah(インドネシア)

男子複の中山・緑川組は台湾のペアと対戦し、全てのゲームがセティングとなる接戦をものにすることが出来ずに惜敗しました。

混合複の中山・吉田組は第1ゲームを逆転で取ると、第2ゲームも15-7と優勢にゲームを進めましたが、声とガッツポーズで警告を受け、そこからリズムを崩して10連続失点で逆転され落としました。ファイナルゲームは一進一退の展開を制して22-20で勝ちました。

明日は現地時間19:55から混合複の準々決勝が行われます。

優勝目指して頑張ります。

(日本選手団代表:友金幸雄)

混合ダブルス

準々決勝
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄)
  • 吉 田 瑠 実(埼玉栄)
2
  • 21-9
  • 20-22
  • 22-20
1
  • ELGIFFANI Muhammad Juan(インドネシア)
  • MULYANI Windi Siti(インドネシア)

本日は各種目の準々決勝が行われました。

混合複の中山・吉田組は、地元インドネシアペアと対戦しました。序盤からリードを広げて第1ゲームを先取しましたが、第2ゲームに入ると相手も調子を上げ接戦となり、20-22で落しました。ファイナルゲームは序盤から3-10と大きく引き離されましたが、徐々に追い上げて、最後までしぶといプレーで粘り、22-20で勝利しました。

明日は準決勝で中国ペアと対戦します。

優勝目指して頑張りますので、ご声援宜しくお願い致します。

(日本選手団代表:友金幸雄)

混合ダブルス

準決勝
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄)
  • 吉 田 瑠 実(埼玉栄)
0
  • 10-21
  • 17-21
2
  • WANG Chang(中国)
  • XIA Yuting(中国)

本日は各種目の準決勝が行われました。

混合複の中山・吉田組は中国ペアと対戦しましたが、コンディション調整が上手くいかず、動きに精彩を欠き、0-2で敗退しました。

この時点で、チームジャパンの試合が終了し、混合複の銅メダルが確定しました。

ご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表:友金幸雄)


日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー