公益財団法人日本バドミントン協会

結果

バドミントン韓国マスターズ2018

開催地韓国・光州
期間2018年11月27日~2018年12月2日

女子ダブルス

予選1回戦
  • 木村 百伽(ふたば未来学園)
  • 中静 朱里(ふたば未来学園)
0
  • 8-21
  • 12-21
2
  • CHOI Hye In(韓国)
  • KIM Min Jin (韓国)

大会1日目、各種目予選と混合ダブルス本戦の10試合が行われました。

女子ダブルス予選1回戦木村・中静組は、韓国の若手ペアと対戦し、第1ゲーム会場の風と緊張から、本来しないようなミスを連発し、8本で1ゲーム目を落としました。

第2ゲームは、スピードにも慣れ中盤まで互角にラリーをしたが、後半リターンが甘くなり前衛でつぶされる展開が続き、0-2で敗れました。

日本からは、全日本総合と重なっている関係でジュニアナショナルのメンバーが派遣されています。

シニアとの対戦ができる数少ないチャンスなので、粘り強く頑張りたいと思います。

(日本選手団代表:明神憲一)

女子ダブルス

1回戦
  • 上杉 杏(埼玉栄)
  • 染谷 菜々美(ふたば未来学園)
0
  • 18-21
  • 16-21
2
  • CHALADCHALAM Chayanit(タイ)
  • MUENWONG Phataimas (タイ)

本日、各種目1回戦が行われました。

女子ダブルス上杉・染谷組は、第4シードのタイペアと対戦。第1ゲーム序盤7ポイント連取でリードするも、ジャンプして強打する相手に対応できず、18本で落としました。第2ゲームは、互角にラリーを展開したが、勝負所で簡単なミスで失点し16本で敗退しました。

以上の試合で、全日程終了しました

(日本選手団代表:明神憲一)


日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー