公益財団法人日本バドミントン協会

結果

バドミントンニュージーランドオープン2018

開催地ニュージーランド・オークランド
期間2018年5月1日~2018年5月6日

男子シングルス

予選1回戦
2
  • 21-13
  • 21-16
0
  • CHONG Yee Han(マレーシア)
2
  • 21-19
  • 21-14
0
  • REN Pengbo(中国)
予選2回戦
2
  • 15-21
  • 21-11
  • 21-14
1
  • VITIDSARN Kunlavut(タイ)
0
  • 10-21
  • 14-21
2
  • SUN Feixiang(中国)

女子シングルス

予選1回戦
  • 仲 井 由 希 乃(再春館製薬所)
2
  • 15-21
  • 21-18
  • 21-17
1

日本勢は男子シングルスの予選に奈良岡選手、武下選手、女子シングルス峰選手、仲井選手が出場しました。

男子シングルス奈良岡選手は予選1回戦でマレーシア選手に第1・2ゲームともに中盤から抜け出しストレート勝ち。予選2回戦では昨年の世界ジュニア優勝で世界ジュニアランキング1位のタイ選手と対戦。第1ゲームを奪われたものの、第2・3ゲームは序盤から相手の強打を封じ込めて、世界ジュニアランキング1・2位の対決は奈良岡選手が勝利した。

女子シングルス仲井選手は峰選手と対戦。第1ゲームを奪われ、第2ゲームは10-15と追い込まれたものの、逆転で勝利しました。明日は各種目の1回戦が行われます。

明日は各種目の1回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

男子シングルス

1回戦
0
  • 13-21
  • 12-21
2
  • LIN Dan(中国)
2
  • 21-16
  • 21-15
0
  • CHONG Wei Feng(マレーシア)
1
  • 21-11
  • 19-21
  • 10-21
2
  • MAULANA Panji Ahmad(インドネシア)
2
  • 21-13
  • 21-14
0
  • VICKY ANGGA Saputra(インドネシア)

女子シングルス

1回戦
2
  • 21-6
  • 21-14
0
  • JEON Jui(韓国)
2
  • 21-13
  • 21-6
0
  • SUSANTO Yulia Yosephin(インドネシア)
2
  • 21-12
  • 21-9
0
  • LI Shaunna(ニュージーランド)
  • 仲 井 由 希 乃(再春館製薬所)
2
  • 21-14
  • 21-13
0
  • CHUKKA Sai Uttejitha Rao(インド)
×
  • 19-21
  • 19-11
  • 棄権
  • JUCHAROEN Chananchida(タイ)

女子ダブルス

1回戦
2
  • 21-13
  • 21-10
0
  • BARKAH Yulfira(インドネシア)
  • EKA PUTRI SARI Rosyita(インドネシア)
0
  • 17-21
  • 12-21
2
  • GOH Yea Ching(マレーシア)
  • HOO Vivian(マレーシア)
  • 東 野 有 紗(日本ユニシス)
  • 中 西 貴 映(日本ユニシス)
2
  • 21-4
  • 21-5
0
  • OTENE Tamara(ニュージーランド)
  • YU Jacqueline(ニュージーランド)
  • 仲 井 由 希 乃(再春館製薬所)
  • 小 野 菜 保(再春館製薬所)
  • 棄権
  • HUANG Dongping(中国)
  • LI Wenmei(中国)
2
  • 21-12
  • 21-11
0
  • PAK Anona(ニュージーランド)
  • RAHARDJA Fransisca Angelica(ニュージーランド)

男子シングルス渡邉選手、五十嵐選手はともに第1・2ゲームともにリズムのいいプレーで試合を進めてストレート勝ちしました。

女子シングルス髙橋選手、三谷選手、鈴木選手、仲井選手ともに相手を寄せ付けず終始リードを奪いそれぞれストレート勝ちしました。仁平選手は膝の怪我のため残念ながら棄権しました。

女子ダブルス櫻本・髙畑ペア、東野・中西ペア、福万・與猶ペアともに危なげない試合運びで快勝し、小野・仲井ペアは相手の棄権で不戦勝で勝利しました。

明日は各種目の2回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

男子シングルス

2回戦
1
  • 18-21
  • 21-11
  • 13-21
2
  • WANGCHAROSEN Kantaphon(タイ)
0
  • 13-21
  • 15-21
2
  • CHRISTIE Jonatan(インドネシア)

女子シングルス

2回戦
2
  • 21-7
  • 21-7
0
  • CHEN Hsuan-Yu Wendy(オーストラリア)
2
  • 21-15
  • 21-18
0
  • KIM Ga Eun(韓国)
2
  • 21-19
  • 21-13
0
  • 仲井 由希乃(再春館製薬所)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 21-15
  • 21-7
0
  • LAISUAN Ruethaichanok(タイ)
  • MINGCHUA Supamart(タイ)
  • 東 野 有 紗(日本ユニシス)
  • 中 西 貴 映(日本ユニシス)
2
  • 21-19
  • 21-17
0
  • GOH Yea Ching(マレーシア)
  • HOO Vivian(マレーシア)
  • 仲 井 由 希 乃(再春館製薬所)
  • 小 野 菜 保(再春館製薬所)
0
  • 8-21
  • 15-21
2
  • CAO Tong Wei(中国)
  • YU Zheng(中国)
2
  • 21-3
  • 21-6
0
  • APALISOK Roanne(ニュージーランド)
  • TAN Ashley(ニュージーランド)

女子ダブルス櫻本・髙畑ペアは第1・2ゲームともに終始安定した試合運びでストレート勝ち。東野・中西ペアは昨日、新玉・渡邉ペアを破った相手に第1・2ゲームともに中盤から抜け出してストレート勝ち。福万・與猶ペアは相手を寄せ付けない圧倒的な強さで快勝しました。

明日は各種目の準々決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

女子シングルス

準々決勝
2
  • 21-10
  • 21-11
0
  • CHAIWAN Pattarasuda(タイ)
2
  • 21-17
  • 21-11
0

女子ダブルス

準々決勝
2
  • 21-8
  • 15-21
  • 21-15
1
  • HARIS Della Destiara(インドネシア)
  • PRADIPTA Rizki Amelia(インドネシア)
  • 東 野 有 紗(日本ユニシス)
  • 中 西 貴 映(日本ユニシス)
2
  • 21-17
  • 21-17
0
  • BAEK Ha Na(韓国)
  • LEE Yu Rim(韓国)
0
  • 16-21
  • 15-21
2
  • CAO Tong Wei(中国)
  • YU Zheng(中国)

女子ダブルス櫻本・髙畑ペアは第1シードのインドネシアペアと対戦。第1ゲームを奪ったものの、第2ゲームを奪われ、第3ゲームは序盤の競り合いから12-12から一気に引き離しして勝利。東野・中西ペアは韓国ペアを第1・2ゲームともに長いラリーの連続となったものの、中盤から抜け出してストレート勝ち。明日は櫻本・髙畑ペアと東野・中西ペアが対戦します。

明日は各種目の準決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

女子シングルス

準決勝
2
  • 17-21
  • 21-12
  • 21-11
1

女子ダブルス

準決勝
2
  • 21-16
  • 21-9
0
  • 東野 有紗(日本ユニシス)
  • 中西 貴映(日本ユニシス)

女子シングルス髙橋選手対三谷選手との試合は、第1ゲーム中盤で逆転した三谷選手が奪います。しかし、第2・3ゲームは序盤から大きくリードを奪った髙橋選手が有利に試合を進めて勝利しました。

女子ダブルス櫻本・髙畑ペア対東野・中西ペアとの試合は、第1ゲーム序盤の競り合いから中盤で抜け出し櫻本・髙畑ペアが奪います。第2ゲームは序盤から抜け出し、大きくリードを奪った櫻本・髙畑ペアが有利に試合を進めて2-0で勝利しました。

明日は大会最終日、各種目の決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)

女子シングルス

決勝
2
  • 21-13
  • 21-14
0
  • ZHANG Yiman(中国)

女子ダブルス

決勝
2
  • 21-9
  • 21-19
0
  • CAO Tong Wei(中国)
  • YU Zheng(中国)

女子シングルス髙橋選手は中国選手と対戦。第1・2ゲームともに力強いショットで相手を翻弄し、リードを奪われる事なく、終始安定したプレーで38分の快勝で見事優勝を果たした。

女子ダブルス櫻本・髙畑ペアは中国ペアと対戦。第1ゲーム序盤からリズムよく攻め込み大きくリードを奪い、このゲームを奪います。第2ゲームは中盤までリードを奪われますが15-15に追い付くと一気に逆転してリードを広げ、最後は追い上げられたものの、見事優勝を果たしました。

髙橋選手、櫻本・髙畑ペアともにWorldTourSuper300グレードでは2月のスイスオープンに続き、今期2勝目のタイトルとなりました。

本日の試合をもちまして本大会すべての試合が終了致しました。

ご声援ありがとうございました。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)


日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー