公益財団法人日本バドミントン協会

結果

2018年世界ジュニアバドミントン選手権大会

開催地カナダ・マーカム
期間2018年11月5日~2018年11月18日

予選リーグ1回戦

  • 日本
  • 5-0
×
  • モンゴル

混合ダブルス

予選リーグ1回戦
  • 武 井 優 太(埼玉栄高校)
  • 吉 田 瑠 実(埼玉栄高校)
2
  • 21-4
  • 21-7
0
  • Badamlyankhua BATBAYAR(モンゴル)
  • Temuulen GOMBODORJ(モンゴル)

男子シングルス

予選リーグ1回戦
  • 一 井 亮 太(県立水島工業高校)
2
  • 21-6
  • 21-14
0
  • Sumiyasuren ENKHBAT(モンゴル)

女子シングルス

予選リーグ1回戦
  • 高 橋 美 優(青森山田高校)
2
  • 21-4
  • 21-1
0
  • Munkhnar LKHAGVASUREN(モンゴル)

男子ダブルス

予選リーグ1回戦
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄高校)
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄高校)
2
  • 21-7
  • 21-8
0
  • Sumiyasuren ENKHBAT(モンゴル)
  • Temuulen GOMBODORJ(モンゴル)

女子ダブルス

予選リーグ1回戦
  • 福 本 真 恵 七(ふたば未来学園高校)
  • 齋 藤 夏(埼玉栄高校)
2
  • 21-4
  • 21-1
0
  • Badamlyankhua BATBAYAR(モンゴル)
  • Munkhnar LKHAGVASUREN(モンゴル)

本日より、団体戦の予選リーグが行われました。41か国が参加しており、8つのリーグで予選を行い、各リーグの1位のみが決勝トーナメントに進出します。

本日はモンゴルと対戦し、5-0で快勝しました。

明日はペルーと南アフリカと対戦します。1位通過目指して一戦一戦頑張ります。

(コーチ:友金幸雄)

予選リーグ2回戦

  • 日本
  • 5-0
×
  • ペルー

混合ダブルス

予選リーグ2回戦
  • 川 本 拓 真(埼玉栄高校
  • 福 本 真 恵 七(ふたば未来学園高校)
2
  • 21-10
  • 21-14
0
  • Jarred ELLIOTT(南アフリカ)
  • Megan DE BEER(南アフリカ)

男子シングルス

予選リーグ2回戦
  • 加 藤 太 基(埼玉栄高校)
2
  • 21-6
  • 21-8
0
  • Robert SUMMERS(南アフリカ)

女子シングルス

予選リーグ2回戦
  • 郡 司 莉 子(八代白百合学園高校)
2
  • 21-4
  • 21-4
0
  • Chelsea YIATSES(南アフリカ)

男子ダブルス

予選リーグ2回戦
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄高校)
  • 武 井 優 太(埼玉栄高校)
2
  • 21-15
  • 21-5
0
  • Jarred ELLIOTT(南アフリカ)
  • Robert SUMMERS(南アフリカ)

女子ダブルス

予選リーグ2回戦
  • 福 本 真 恵 七(ふたば未来学園高校)
  • 齋 藤 夏(埼玉栄高校)
2
  • 21-6
  • 21-4
0
  • Megan DE BEER(南アフリカ)
  • Chelsea YIATSES(南アフリカ)

予選リーグ3回戦

  • 日本
  • 5-0
×
  • 南アフリカ

男子ダブルス

予選リーグ3回戦
  • 武 井 優 太(埼玉栄高校)
  • 吉 田 瑠 実(埼玉栄高校)
2
  • 21-4
  • 21-7
0
  • Badamlyankhua BATBAYAR(モンゴル)
  • Temuulen GOMBODORJ(モンゴル)

女子シングルス

予選リーグ3回戦
  • 一 井 亮 太(県立水島工業高校)
2
  • 21-6
  • 21-14
0
  • Sumiyasuren ENKHBAT(モンゴル)

男子シングルス

予選リーグ3回戦
  • 高 橋 美 優(青森山田高校)
2
  • 21-4
  • 21-1
0
  • Munkhnar LKHAGVASUREN(モンゴル)

女子ダブルス

予選リーグ3回戦
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄高校)
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄高校)
2
  • 21-7
  • 21-8
0
  • Sumiyasuren ENKHBAT(モンゴル)
  • Temuulen GOMBODORJ(モンゴル)

混合ダブルス

予選リーグ3回戦
  • 福 本 真 恵 七(ふたば未来学園高校)
  • 齋 藤 夏(埼玉栄高校)
2
  • 21-4
  • 21-1
0
  • Badamlyankhua BATBAYAR(モンゴル)
  • Munkhnar LKHAGVASUREN(モンゴル)

本日は予選リーグの2試合が行われました。ペルー戦、南アフリカ戦ともに5-0で勝利しました。

明日は予選リーグの最終戦でタイと全勝対決となります。

ご声援宜しくお願い致します。

(コーチ:友金幸雄)

予選リーグ4回戦

  • 日本
  • 3-2
×
  • タイ

男子シングルス

予選リーグ4回戦
1
  • 11-21
  • 21-17
  • 6-21
2
  • Kunlavut VITIDSARN(タイ)

女子シングルス

予選リーグ4回戦
  • 水 井 ひ ら り(ふたば未来学園高校)
2
  • 21-19
  • 12-21
  • 21-16
1
  • Phittayaporn CHAIWAN(タイ)

男子ダブルス

予選リーグ4回戦
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄高校)
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄高校)
2
  • 21-10
  • 21-13
0
  • Weeraphat PHAKJARUNG(タイ)
  • Wachirawit SOTHON(タイ)

女子ダブルス

予選リーグ4回戦
  • 福 本 真 恵 七(ふたば未来学園高校)
  • 齋 藤 夏(埼玉栄高校)
2
  • 21-14
  • 16-21
  • 21-16
1
  • Benyapa AIMSAARD(タイ)
  • Chasinee KOREPAP(タイ)

混合ダブルス

予選リーグ4回戦
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄高校)
  • 齋 藤 夏(埼玉栄高校)
1
  • 21-16
  • 15-21
  • 18-21
2
  • Kunlavut VITIDSARN(タイ)
  • Phittayaporn CHAIWAN(タイ)

準々決勝

  • 日本
  • 3-0
×
  • チャイニーズタイペイ

混合ダブルス

準々決勝
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄高校)
  • 齋 藤 夏(埼玉栄高校)
2
  • 21-18
  • 21-13
0
  • CHEN Shiau Cheng(チャイニーズタイペイ)
  • LI Zi Qing(チャイニーズタイペイ)

男子シングルス

準々決勝
2
  • 21-17
  • 21-15
0
  • YU Sheng Po(チャイニーズタイペイ)

男子ダブルス

準々決勝
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄高校)
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄高校)
2
  • 21-18
  • 21-17
0
  • LIN Yu Chieh(チャイニーズタイペイ)
  • U Po Wei(チャイニーズタイペイ)

女子シングルス

準々決勝
  • 水 井 ひ ら り(ふたば未来学園高校)
  • LIN Sih Yun(チャイニーズタイペイ)

女子ダブルス

準々決勝
  • 福 本 真 恵 七(ふたば未来学園高校)
  • 齋 藤 夏(埼玉栄高校)
  • LI Zi Qing(チャイニーズタイペイ)
  • ENG Chun Hsun(チャイニーズタイペイ)

予選リーグ最終戦はタイとの全勝対決となりました。

男子単の奈良岡は世界ジュニアランキング1位の選手と対戦し、2ゲーム目を取りましたが、ファイナルゲームはペースを掴めず敗退しました。女子単の水井は第1ゲームを19本で先取し、第2ゲームは終始相手のペースで落としましたが、ファイナルゲームは粘り強いラリーで相手のミスを誘って16点で勝利しました。

男子複の中山・緑川組は相手を寄せつけずに2-0で完勝。

女子複の福本・齋藤組は第2ゲームを取られ、ファイナルゲーム中盤までは苦しい展開が続きましたが、ペースを取り戻して逆転勝利。

混合複は惜しくも落しましたが、結果は3-2で接戦を制して決勝トーナメントに進出しました。

続く、準々決勝では台北と対戦しました。

混合複の緑川・齋藤組は序盤からリズムに乗れませんでしたが、我慢強くラリーし、2-0で勝利しました。

男子単の奈良岡は相手に粘られましたが、要所をおさえて2-0で勝利。男子複の中山・緑川組はテンポの速い相手にうまく緩急を使ったラリーで勝利し、3-0で台北を下して準決勝進出を決めました。

(コーチ:友金幸雄)

準決勝

  • 日本
×
  • 2-3
  • 中国

混合ダブルス

準決勝
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄高校)
  • 齋 藤 夏(埼玉栄高校)
2
  • 17-21
  • 23-21
  • 21-12
1
  • GUO Xinwa(中国)
  • IU Xuanxuan(中国)

男子シングルス

準決勝
2
  • 21-12
  • 19-21
  • 21-18
1
  • LI Shifeng(中国)

男子ダブルス

準決勝
  • 緑 川 大 輝(埼玉栄高校)
  • 中 山 裕 貴(埼玉栄高校)
0
  • 17-21
  • 14-21
2
  • Di Zijian(中国)
  • ANG Chang(中国)

女子シングルス

準決勝
  • 水 井 ひ ら り(ふたば未来学園高校)
1
  • 21-14
  • 12-21
  • 20-22
2
  • WANG Zhiyi(中国)

女子ダブルス

準決勝
  • 福 本 真 恵 七(ふたば未来学園高校)
  • 齋 藤 夏(埼玉栄高校)
0
  • 13-21
  • 15-21
2
  • LIU Xuanxuan(中国)
  • IA Yuting(中国)

現地時間16時30分より、男子複、女子単、女子複、混合複の世界ジュニアランキング1位を有する中国との準決勝が行われました。

混合複の緑川・齋藤組は調子が上がらないまま、第1ゲームを落とし、第2ゲームも18-20でマッチポイントを握られましたが、緑川のサーブ場面での絶妙な駆け引きで奪い返すと、そのまま勢いに乗って勝利。

男子単の奈良岡は第2ゲームを接戦で落としましたが、ファイナルゲームは11-3で折り返しいい流れを作り、18本で逃げ切って勝利。この時点で決勝進出に王手をかけました。

男子複の緑川・中山組は疲れ残る緑川が精彩を欠き、相手の強打と速い展開に苦戦して0-2で敗退。

女子単の水井は、序盤は動きの悪い相手にリードを広げ、第1ゲームを14本で奪いました。しかし、徐々に調子を上げた相手に第2ゲームは12本で取られました。ファイナルゲームとなり、終始リードされましたが、終盤で逆転し20-18とマッチポイントを握りました。しかし、そこから連続4失点と逆転を許して惜敗。

女子複の福本・齋藤組は粘り強くラリーして食らいつきましたが、相手の強打に対応しきれずに敗退。

結果、6時間に及ぶ大接戦をものに出来ず、惜しくも2-3で敗退しました。マッチポイントを握っていただけに悔しい結果となりましたが、銅メダルを獲得しました。

12日から個人戦が始まります。引き続きご声援宜しくお願い致します。

(コーチ:友金幸雄)


日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー