公益財団法人日本バドミントン協会

結果

HSBC BWFワールドツアーファイナルズ2019

開催地中国・広州
期間2019年12月11日~2019年12月15日

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27

男子シングルス

グループA
2
  • 19-21
  • 21-15
  • 21-15
1
  • ANTONSEN Anders(デンマーク)

女子シングルス

グループA
2
  • 25-27
  • 21-10
  • 21-13
1
  • HE Bing Jiao(中国)
グループB
2
  • 21-12
  • 21-10
0
  • ONGBAMRUNGPHAN Busanan(タイ)

男子ダブルス

グループA
2
  • 21-11
  • 14-21
  • 21-11
1
  • GIDEON Marcus Fernaldi(インドネシア)
  • SUKAMULJO Kevin Sanjaya(インドネシア)
1
  • 14-21
  • 21-12
  • 16-21
2
  • LI Jun Hui(中国)
  • LIU Yu Chen(中国)

女子ダブルス

グループB
1
  • 21-13
  • 16-21
  • 13-21
2
  • LEE So Hee(韓国)
  • SHIN Seung Chan(韓国)
グループA
2
  • 10-21
  • 24-22
  • 21-6
1
  • DU Yue(中国)
  • LI Yin Hui(中国)

混合ダブルス

グループB
2
  • 21-15
  • 18-21
  • 21-15
1
  • JORDAN Praveen(インドネシア)
  • OKTAVIANTI Melati Daeva(インドネシア)


上記大会 2日目の結果を報告します。

本日はグループリーグ第2戦が行われました。
女子シングルスでは奥原がタイの選手に快勝したほか、
山口も昨日同様に1ゲームを失ってからの逆転勝利を飾り両名とも2勝となりました。
混合ダブルスでも昨日の勢いそのままに渡辺東野ペアがインドネシアペアを破り2勝となりました。
男子シングルスでは桃田がデンマーク選手と対戦しました。
ファイナルゲームは7-11と4点差をつけられ絶体絶命の状況となりましたが、そこから粘りをみせ見事に逆転勝利をあげました。
男子ダブルスでは遠藤渡辺ペアが世界ランキング1位のペアから貴重な勝利をあげました。
女子ダブルスでは福島廣田ペアが中国ペアを相手に第2ゲーム、マッチポイントを握られる苦しい状況となりましたが、
こちらも5点連取で同点に持ち込む驚異の粘りをみせます。
このゲームを大逆転で奪うと相手の体力を奪うことに成功し、しぶとく勝利しました。

(日本選手団代表 中西 洋介)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター

日本協会未来世代応援パートナー

日本協会オフィシャルサポーター