公益財団法人日本バドミントン協会

結果

HSBC BWFワールドツアーファイナルズ2019

開催地中国・広州
期間2019年12月11日~2019年12月15日

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

男子シングルス

準決勝
2
  • 21-17
  • 21-12
0
  • WANG Tzu Wei(チャイニーズタイペイ)

女子シングルス

準決勝
0
  • 18-21
  • 9-21
2
  • CHEN Yu Fei(中国)
0
  • 15-21
  • 18-21
2
  • TAI Tzu Ying(チャイニーズタイペイ)

男子ダブルス

準決勝
2
  • 21-11
  • 15-21
  • 21-10
0
  • GIDEON Marcus Fernaldi(インドネシア)
  • SUKAMULJO Kevin Sanjaya(インドネシア)

女子ダブルス

準決勝
2
  • 13-21
  • 21-17
  • 21-9
1

混合ダブルス

準決勝
1
  • 7-21
  • 21-12
  • 16-21
2
  • ZHENG Si Wei(中国)
  • HUANG Ya Qiong(中国)


上記大会 4日目の結果を報告します。

本日は各種目準決勝が行われました。
男子シングルスでは桃田がグループリーグの再現となるチャイニーズタイペイの選手と対戦しました。
序盤は競り合いとなりますが、1ゲームを17点で奪うと2ゲームは大差をつけて勝利し昨年に続く決勝進出を果たしました。
また女子シングルスでは山口が中国選手と対戦しました。
こちらは1ゲームは一進一退の攻防となりましたが、このゲームを18点で失うと2ゲームは序盤から劣勢となりストレートで敗れました。
また奥原もチャイニーズタイペイの選手に敗れ女子シングルス勢は全て敗退となりました。
混合ダブルスの渡辺東野ぺアは世界ランキング1位の中国選手と対戦しました。
1ゲームを奪われますが、2ゲームを取り返しファイナルゲームに持ち込む健闘は見せましたが、最後は力尽き3位となりました。
日本人対決となった女子ダブルスでは、永原松本ペアが福島廣田ペアを逆転で下し初の決勝進出を決めました。
男子ダブルスでは遠藤渡辺ペアがグループリーグに引き続き世界ランキング1位のインドネシアペアを下し決勝に進出しました。

(日本選手団代表 中西 洋介)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター

日本協会オフィシャルサポーター