公益財団法人日本バドミントン協会

結果

第27回 日・韓・中ジュニア交流競技会バドミントン競技

開催地中国・湖南省 長沙市
期間2019年8月24日~2019年8月28日

男子団体戦

  • 日本
×
  • 0-5
  • 中国

第1シングルス

男子団体戦
  • 江口 慶(浪岡高校)
0
  • 8-21
  • 14-21
2
  • LIU Liang(中国)

第1ダブルス

男子団体戦
  • 八岩 慎之介(浪岡高校)
  • 飛田 修(浪岡高校)
0
  • 7-21
  • 12-21
2
  • FENG Yanzhe(中国)
  • DAI Enyi(中国)

第2シングルス

男子団体戦
  • 福田 祐弥(浪岡高校)
0
  • 17-21
  • 8-21
2
  • LI Yunze(中国)

第2ダブルス

男子団体戦
  • 江口 慶(浪岡高校)
  • 渡邊 拓斗(浪岡高校)
0
  • 15-21
  • 15-21
2
  • WANG Chang(中国)
  • LIU Liang(中国)

第3シングルス

男子団体戦
  • 三橋 朋生(浪岡高校)
0
  • 11-21
  • 13-21
2
  • YE Haokun(中国)

女子団体戦

  • 日本
×
  • 0-5
  • 中国

第1シングルス

女子団体戦
  • 福井 美空(青森山田高校)
0
  • 6-21
  • 19-21
2
  • ZHOU Meng(中国)

第1ダブルス

女子団体戦
  • 八角 実侑(埼玉栄高校)
  • 本田 胡桃(埼玉栄高校)
0
  • 20-22
  • 10-21
2
  • LI Yijing(中国)
  • LUO Xumin(中国)

第2シングルス

女子団体戦
  • 杉並 慶子(埼玉栄高校)
0
  • 12-21
  • 10-21
2
  • HAN Qianxi(中国)

第2ダブルス

女子団体戦
  • 中村 優希(青森山田高校)
  • 福井 美空(青森山田高校)
0
  • 18-21
  • 17-21
2
  • ZHOU Meng(中国)
  • ZHOU Xinru(中国)

第3シングルス

女子団体戦
  • 貴田 那菜子(青森山田高校)
0
  • 14-21
  • 20-22
2
  • DAI Wang(中国)

上記大会、3日目(最終日)の結果を報告します。


男女ともに、中国と対戦。

中国男子の単は動きのスピードより、大きな展開でディセプションの効いたショットで足を止められ、

崩されてから有効なスマッシュでエースを奪いに来るため、江口、福田、三橋の3名とも防戦一方であった。

複は強いドライブレシーブから上げさせられ、パワーのあるスマッシュを受ける展開によって破れ、0-5の敗戦。


女子は単複ともにラリーには、よくついていきエースも奪うものの自らのミスも多く、流れをもってくることができなかった。

単3の貴田は2ゲーム目を優位に進めたが、最後の集中力の差により逆転で敗れ、0-5の敗戦となった。


4チームリーグ戦で男子は4位、女子は3位という結果でした。

3日間応援ありがとうございました。


日本選手団代表 渡邊 励(全国高体連)

男子団体戦

  • 日本
×
  • 0-5
  • 韓国

第1シングルス

男子団体戦
  • 江口 慶(浪岡高校)
0
  • 13-21
  • 16-21
2
  • PARK Hyeon Seung(韓国)

第1ダブルス

男子団体戦
  • 八岩 慎之介(浪岡高校)
  • 飛田 修(浪岡高校)
0
  • 11-21
  • 13-21
2
  • KI Dong Ju(韓国)
  • OH Sung Won(韓国)

第2シングルス

男子団体戦
  • 福田 祐弥(浪岡高校)
0
  • 15-21
  • 19-21
2
  • PARK Sang Yong(韓国)

第2ダブルス

男子団体戦
  • 江口 慶(浪岡高校)
  • 渡邊 拓斗(浪岡高校)
0
  • 11-21
  • 10-21
2
  • KIM Joon Young(韓国)
  • PARK Hyeon Seung(韓国)

第3シングルス

男子団体戦
  • 三橋 朋生(浪岡高校)
0
  • 11-21
  • 8-21
2
  • JEONG Woo Min(韓国)

女子団体戦

  • 日本
×
  • 0-5
  • 韓国

第1シングルス

女子団体戦
  • 貴田 那菜子(青森山田高校)
0
  • 15-21
  • 17-21
2
  • KIM Ga Ram(韓国)

第1ダブルス

女子団体戦
  • 八角 実侑(埼玉栄高校)
  • 本田 胡桃(埼玉栄高校)
1
  • 21-17
  • 14-21
  • 17-21
2
  • LEE Eun Ji(韓国)
  • KIM A Young(韓国)

第2シングルス

女子団体戦
  • 杉並 慶子(埼玉栄高校)
0
  • 19-21
  • 17-21
2
  • PARK So Yeon(韓国)

第2ダブルス

女子団体戦
  • 中村 優希(青森山田高校)
  • 福井 美空(青森山田高校)
1
  • 21-18
  • 13-21
  • 17-21
2
  • PARK Do Won(韓国)
  • YOON Seon Ju(韓国)

第3シングルス

女子団体戦
  • 八角 実侑(埼玉栄高校)
0
  • 19-21
  • 15-21
2
  • LEE Eun Ji(韓国)

上記大会、2日目の結果を報告します。


男女ともに、韓国と対戦。

韓国男子はスマッシュ・カットの角度、スイングスピードの速さがプレーに活かされ、終始押された展開だった。

日本男子チームはエースショットでポイントは奪うものの、勝利への流れまでは作ることができなかった。


女子チームは複2試合で1ゲーム目を奪ったが、その後配球を読まれてカウンターを受けることが増え、

得意なスタイルを維持できず勝ちきることができなかった。

単ではゲーム中盤まではリードもしくは競るものの、ミスにより流れを手放し終盤離される展開が多かった。

ただ、勝敗が決まった後の試合でもチームJAPANで応援を絶やさず、最後まで戦いました。


明日は最終日、現在全勝の中国と対戦です。応援よろしくお願いいたします。


日本選手団代表 渡邊 励(全国高体連)

男子団体戦

  • 日本
×
  • 0-5
  • 長沙市

第1シングルス

男子団体戦
  • 三橋 朋生(浪岡高校)
0
  • 4-21
  • 12-21
2
  • Jiangnan(長沙市)

第1ダブルス

男子団体戦
  • 飛田  修(浪岡高校)
  • 渡邊 拓斗(浪岡高校)
0
  • 15-21
  • 12-21
2
  • Pengjianqin(長沙市)
  • Cuihechen(長沙市)

第2シングルス

男子団体戦
  • 江口 慶(浪岡高校)
0
  • 11-21
  • 10-21
2
  • Libocheng(長沙市)

第2ダブルス

男子団体戦
  • 八岩 慎之介(浪岡高校)
  • 三橋 朋生(浪岡高校)
0
  • 15-21
  • 8-21
2
  • Zhouzhihong(長沙市)
  • Jiangnan(長沙市)

第3シングルス

男子団体戦
  • 福田 祐弥(浪岡高校)
1
  • 15-21
  • 21-18
  • 11-21
2
  • Cuihechen(長沙市)

女子団体戦

  • 日本
  • 3-2
×
  • 長沙市

第1シングルス

女子団体戦
  • 福井 美空(青森山田高校)
0
  • 15-21
  • 16-21
2
  • Guoruiyi(長沙市)

第1ダブルス

女子団体戦
  • 中村 優希(青森山田高校)
  • 貴田 那菜子(青森山田高校)
0
  • 16-21
  • 8-21
2
  • Kengshuliang(長沙市)
  • Tangruizhi(長沙市)

第2シングルス

女子団体戦
  • 杉並 慶子(埼玉栄高校)
2
  • 21-13
  • 21-18
0
  • Chenliuke(長沙市)

第2ダブルス

女子団体戦
  • 八角 実侑(埼玉栄高校)
  • 本田 胡桃(埼玉栄高校)
2
  • 25-23
  • 23-21
0
  • Guoruiyi(長沙市)
  • Luoyuting(長沙市)

第3シングルス

女子団体戦
  • 貴田 那菜子(青森山田高校)
2
  • 23-21
  • 21-15
0
  • Huangyating(長沙市)

上記大会、1日目の結果を報告します。


男女ともに、地元長沙市と対戦。男子は長身選手が多く、攻撃力、特にネット前のタッチの速さが際だち
複2までは終始主導権を握られ防戦一方だった。

単3の福田は落ち着いたシャトル回しを展開し、3ゲーム目の中盤まで互角の戦いだったが、終盤6連続失点により終了。


女子は単1と複1は互角のラリーはできたが流れを引っ張りきれず、共に0-2で敗退。

単2と複2の埼玉栄勢が精度の高い攻撃で流れを引き寄せ2-2に持ち込み、
単3で複を兼ねた青森山田の貴田が終始先手をとり2-0で勝利し、0-2から逆転で初戦を飾った。


明日は韓国との対戦です。応援よろしくお願いいたします。


日本選手団代表 渡邊 励(全国高体連)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター