公益財団法人日本バドミントン協会

結果

ロシアオープン2019

開催地ロシア・ウラジオストク
期間2019年7月16日~2019年7月21日

男子シングルス

2回戦
  • 丸尾 亮太郎(日立情報通信エンジニアリング)
0
  • 9-21
  • 11-21
2
  • LOR Kean Yew(シンガポール)
  • 渡部 大(JR北海道)
2
  • 21-4
  • 21-14
0
  • Vladimir SHIPILENKO(ロシア)

女子シングルス

1回戦
  • 林 樂(ACT SAIKYO)
2
  • 21-9
  • 21-17
0
  • Anastasiia SEMENOVA(ロシア)
  • 下田 菜都美(広島ガス)
2
  • 21-16
  • 24-22
0
  • Yvonne Li(ドイツ)

男子ダブルス

1回戦
  • 東 野 圭 悟(JR北海道)
  • 渡 部 大(JR北海道)
1
  • 21-11
  • 11-21
  • 17-21
2
  • Pramudya KUSUMAWARDANA(インドネシア)
  • Yeremia Erich Yoche YACOB(インドネシア)

上記大会2日目の結果を報告します。
本日は男子シングルスが1・2回戦、それ以外の種目は1回戦が行われました。
男子シングルス丸尾選手、渡部選手ともに1回戦不戦勝の為、2回戦からの試合となり丸尾選手は本来の調子を出せず敗退、渡部選手は危なげない試合運びで相手を寄せ付けず快勝。
女子シングル林選手は相手を寄せ付けず快勝、下田選手は2ゲーム目こそ競り合うが勝利。
男子ダブルス東野・渡部ペアは第2ゲームを奪われたものの、第3ゲームは一進一退の攻防が続くが中盤の競り合いから抜け出され敗退した。
明日は各種目の2・3回戦が行われます。

(日本選手団代表:菊田 健一)

男子シングルス

3回戦
  • 渡部 大(JR北海道)
0
  • 14-21
  • 9-21
2
  • LOR Kean Yew(シンガポール)
2
  • 21-18
  • 21-18
0
  • Subhankar DEY(インド)

女子シングルス

2回戦
  • 下田 菜都美(広島ガス)
1
  • 15-21
  • 21-14
  • 19-21
2
  • Mariya MITSOVA(ブルガリア)
  • 林 樂(ACT SAIKYO)
2
  • 21-8
  • 21-11
0
  • Viktoriia KOZYREVA(ロシア)

男子ダブルス

2回戦
  • 松井 圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)
  • 竹内 義憲(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-17
  • 21-14
0
  • Georgii KARPOV(ロシア)
  • Egor KURDYUKOV(ロシア)
  • 大嶋 一彰(日立情報通信エンジニアリング)
  • 塚本 好喜(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 22-20
  • 21-13
0
  • Phillip CHEW(アメリカ)
  • Ryan CHEW(アメリカ)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 21-9
  • 21-12
0
  • Natalia PERMINOVA(ロシア)
  • Anastasiia SHAPOVALOVA(ロシア)
  • 本田 恵梨奈(日立化成)
  • 清水 望(日立化成)
2
  • 21-8
  • 21-8
0
  • Alina KURGUZOVA(ロシア)
  • Ekaterina RIAZANTCEVA(ロシア)

上記大会3日目の結果を報告します。

本日は女子シングルス、男女ダブルスは2回戦、男子シングルスは3回戦が行われました。

男子シングルス奈良岡選手は1・2回戦は不戦勝の為、3回戦からの試合となり、第1ゲーム、第2ゲームともに終盤までもつれるが競り勝った。渡部選手は第1ゲームこそ中盤まで競り合うが以降、流れを掴めず敗退した。

女子シングルス林選手は相手を寄せ付けず快勝、下田選手は第3ゲーム終盤まで競り合うが惜しくも敗退した。

男子ダブルス松井・竹内ペアは相手を寄せ付けず快勝、大嶋・塚本ペアは第1ゲームこそ競り合うが第2ゲームは安定した試合運びで勝利した。

女子ダブルス加藤・柏原ペア、本田・清水ペアともに安定した試合運びで快勝。

明日は各種目の準々決勝が行われます。

(日本選手団代表:菊田 健一)

男子シングルス

準々決勝
2
  • 21-11
  • 21-17
0
  • Nhat NGUYEN(アイルランド)

女子シングルス

準々決勝
  • 林 樂(ACT SAIKYO)
1
  • 15-21
  • 21-16
  • 17-21
2
  • Sabrina JAQUET(スイス)

男子ダブルス

準々決勝
  • 松井 圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)
  • 竹内 義憲(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-17
  • 21-15
0
  • Nikita KHAKIMOV(ロシア)
  • Alexandr ZINCHENKO(ロシア)
  • 大嶋 一彰(日立情報通信エンジニアリング)
  • 塚本 好喜(日立情報通信エンジニアリング)
0
  • 12-21
  • 14-21
2
  • LEE Yong Dae(韓国)
  • YOO Yean Seong(韓国)

女子ダブルス

準々決勝
2
  • 21-17
  • 21-16
0
  • Siti Fadia Silva RAMADHANTI(インドネシア)
  • Ribka SUGIARTO(インドネシア)
  • 本田 恵梨奈(日立化成)
  • 清水 望(日立化成)
2
  • 21-17
  • 21-11
0
  • Aparna BALAN(インド)
  • Prajakta SAWANT(インド)


上記大会4日目の結果を報告します。
本日は各種目の準々決勝が行われました。
男子シングルス奈良岡選手は第2ゲーム目は両者譲らず競り合うが終盤抜け出し勝利した。
女子シングルス林選手は第1ゲームを落とし、第2ゲームは中盤抜け出し取り返すが第3ゲームは序盤からリ
ードを許す展開が続き終盤粘りをみせたが力及ばず敗退した。
男子ダブルス松井・竹内ペアは第1ゲームこそ競り合うが第2ゲームは安定した試合運びで勝利、大嶋・塚本
ペアは第1、第2ゲームともに相手に優位にゲームを進めら敗退した。
女子ダブルス加藤・柏原ペア、本田・清水ペアともに安定した試合運びで快勝。
明日は各種目の準決勝が行われます。

(日本選手団代表 菊田 健一)

男子シングルス

準決勝
0
  • 16-21
  • 18-21
2
  • LOH Kean Yew(シンガポール)

男子ダブルス

準決勝
  • 松井 圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)
  • 竹内 義憲(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 17-21
  • 21-18
  • 21-18
1
  • Vladimir IVANOV(ロシア)
  • Ivan SOZONOV(ロシア)

女子ダブルス

準決勝
2
  • 21-10
  • 21-8
0
  • JAKKAMPUDI Meghana(インド)
  • Poorvisha S RAM(インド)
  • 本田 恵梨奈(日立化成)
  • 清水 望(日立化成)
1
  • 10-21
  • 21-15
  • 14-21
2
  • Ni Ketut Mahadewi ISTARANI(インドネシア)
  • Tania Oktaviani KUSUMAH(インドネシア)


上記大会5日目の結果を報告します。
本日は各種目の準決勝が行われました。
男子シングルス奈良岡選手は第1ゲームは両者譲らず競り合うが、相手の安定したフットワークと強打に苦しみこのゲームを落とし、第2ゲームに入っても終始我慢のラリーが続き、終盤粘りをみせたが力及ばず敗退した。
男子ダブルス松井・竹内ペアは今大会第1シードのロシアペアと対戦、第1ゲーム中盤まで競り合うが角度あるショットに苦しみこのゲームを落とします、第2ゲームは中盤以降優位にゲームを進め奪い返し、第3ゲームに入っても高い集中力で序盤から大量リードをあげ勝利した。
女子ダブルス加藤・柏原ペアは危なげない試合運びで快勝、本田・清水ペアは第1ゲームを落とすが第2ゲーム中盤以降優位にゲームを進め第3ゲームを11-9で折り返すが、以降相手の集中力がまさり逆転を許し敗退した。
明日は大会最終日、各種目の決勝が行われます。

(日本選手団代表 菊田 健一)

男子ダブルス

決勝
  • 松井 圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)
  • 竹内 義憲(日立情報通信エンジニアリング)
0
  • 18-21
  • 13-21
2
  • Mathias BOE(デンマーク)
  • Mads CONRAD-PETERSEN(デンマーク)
 

女子ダブルス

決勝
0
  • 21-23
  • 16-21
2
  • Ni Ketut Mahadewi ISTARANI(インドネシア)
  • Tania Oktaviani KUSUMAH(インドネシア)


上記大会6日目の結果を報告します。
本日は大会最終日、各種目の決勝が行われました。
男子ダブルス松井・竹内ペアはデンマークペアと対戦、第1ゲーム中盤の競り合いから抜け出されこのゲームを落とします。第2ゲームもそのままの勢いで有利にゲームを進められストレートで敗退したものの、準優勝を果たしました。
女子ダブルス加藤・柏原ペアは第5シードのインドネシアぺと対戦、第1ゲームを8-11とリードを許すが徐々にペースを上げ、20-20と追いつくが21-23でこのゲームを落とします。第2ゲームは序盤から1点を奪い合う展開になるが中盤以降有利にゲームを進められ敗退したものの、準優勝を果たしました。
本日の試合を持ちまして本大会すべての試合が終了致しました。
ご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表 菊田 健一)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター