公益財団法人日本バドミントン協会

結果

ホワイトナイツ2019

開催地ロシア・ガッチナ
期間2019年7月10日~2019年7月14日

女子シングルス

1回戦
  • 仲井 由希乃(再春館製薬所)
2
  • 21-13
  • 21-17
0
  • Natalia Perminova (ロシア)

男子ダブルス

1回戦
  • 市川 和洋(JTEKT)
  • 馬屋原 大樹(JTEKT)
2
  • 21-7
  • 21-9
0
  • Andrey Antropov(ロシア)
  • Igor Pushkarev(ロシア)

女子ダブルス

1回戦
  • 川島 美南(ACT SAIKYO)
  • 齋藤 夏(ACT SAIKYO)
2
  • 21-12
  • 21-10
0
  • Viktoriia Kozyreva(ロシア)
  • Mariia Sukhova(ロシア)

上記大会2日目の結果を報告します。

本日は各種目の1回戦が行われました。日本勢は本日から試合となります。

女子シングルス仲井選手は、世界国別対抗戦にも出場した地元ロシア選手に、2ゲーム目は、16-16まで競るも、そこから抜け出して勝利。

男子ダブルス、市川・馬屋原ペアは地元ロシア選手に快勝。

女子ダブルス、川島・齋藤ペアは地元ロシア選手に快勝。

※仲井・小野ペアの試合は、エントリー数が少なかった為、2回戦からの出場となります。

(日本選手団代表:平田 典靖)

女子シングルス

2回戦
  • 仲井 由希乃(再春館製薬所)
2
  • 21-9
  • 21-9
0
  • Tatiana Samburskaia(ロシア)
3回戦
  • 仲井 由希乃(再春館製薬所)
2
  • 21-14
  • 21-16
0
  • Riya Mookerjee [8](インド)

男子ダブルス

2回戦
  • 市川 和洋(JTEKT)
  • 馬屋原 大樹(JTEKT)
2
  • 21-9
  • 21-15
0
  • Egor Kholkin(ロシア)
  • Mikhail Lavrikov(ロシア)

女子ダブルス

2回戦
  • 川島 美南(ACT SAIKYO)
  • 齋藤 夏(ACT SAIKYO)
  • 棄権
×
  • Anastasiia Kurdyukova(ロシア)
  • Anastasiia Shapovalova(ロシア)

上記大会3日目の結果を報告します。

本日は各種目の2回戦とシングルスの3回戦が行われました。

女子シングルス仲井選手は、2回戦、地元ロシア選手に快勝。3回戦は第8シードのインド選手と対戦。

1、2ゲームとも中盤まで競るも最後は抜け出し、勝利。

男子ダブルス、市川・馬屋原ペアは地元ロシア選手に快勝。

女子ダブルス、仲井・小野ペアの試合は、インド選手が大会前に棄権したため、3回戦進出。

川島・齋藤ペアは地元ロシア選手棄権の為、3回戦進出。

(日本選手団代表:平田 典靖)

女子シングルス

準々決勝
  • 仲井 由希乃(再春館製薬所)
2
  • 21-17
  • 21-18
0
  • Gayatri Gopichand Pullela(インド)
準決勝
  • 仲井 由希乃(再春館製薬所)
2
  • 21-10
  • 21-10
0
  • Yvonne Li [2] (ドイツ)

男子ダブルス

準々決勝
  • 市川 和洋(JTEKT)
  • 馬屋原 大樹(JTEKT)
1
  • 21-17
  • 19-21
  • 17-21
2
  • Nikita Khakimov(ロシア)
  • Alexandr Zinchenko(ロシア)

女子ダブルス

準々決勝
  • 仲井 由希乃(再春館製薬所)
  • 小野 菜保(再春館製薬所)
2
  • 21-18
  • 22-20
0
  • Aparna Balan(インド)
  • Prajakta Sawant(インド)
  • 川島 美南(ACT SAIKYO)
  • 齋藤 夏(ACT SAIKYO)
2
  • 21-19
  • 21-12
0
  • Anastasiia Akchurina [4](ロシア)
  • Olga Morozova(ロシア)
準決勝
  • 仲井 由希乃(再春館製薬所)
  • 小野 菜保(再春館製薬所)
2
  • 16-21
  • 21-17
  • 21-15
1
  • Ekaterina Bolotova [1] (ロシア)
  • Alina Davletova (ロシア)
  • 川島 美南(ACT SAIKYO)
  • 齋藤 夏(ACT SAIKYO)
2
  • 21-10
  • 21-8
0
  • Jakkampudi Meghana [2](インド)
  • Poorvisha S Ram(インド)

上記大会4日目の結果を報告します。

本日は各種目の準々決勝、準決勝が行われました。

準々決勝
女子シングルス仲井選手は、インド選手と対戦。第1ゲームを15-15から抜け出して先取すると、第2ゲームは終始リードを保ち勝利。
男子ダブルス、市川・馬屋原ペアは地元ロシア選手と対戦。第1ゲームを先取するも、第2ゲーム、第3ゲームは終盤から抜け出されて奪われ敗退。
女子ダブルス、仲井・小野ペアは、インド選手選手と対戦。第1ゲームを先取し、第2ゲームは18-20でリードされるも、そこから逆転し勝利。
川島・齋藤ペアは第4シードの地元ロシア選手と対戦。第1ゲームを先取すると、第2ゲームは、12点で抑え勝利。
準決勝
女子シングルス仲井選手は、第2シードのドイツ選手と対戦。第1、2ゲームとも10点で抑え勝利。
女子ダブルス、仲井・小野ペアは、第1シードの地元ロシア選手と対戦。第1ゲームを奪われるも、第2、3ゲームは落ち着いたプレーで取り返し、勝利。
川島・齋藤ペアは第2シードのインドペアと対戦。完璧な試合運びで10点、8点で抑え勝利。

明日は各種目決勝が行われます。

女子シングルスは第1シード、ロシア選手と対戦。女子ダブルスは日本対決となります。

(日本選手団代表:平田 典靖)

女子シングルス

決勝
  • 仲井 由希乃(再春館製薬所)
1
  • 24-22
  • 12-21
  • 12-21
2
  • Evgeniya Kosetskaya[1](ロシア)

女子ダブルス

決勝
  • 仲井 由希乃(再春館製薬所)
  • 小野 菜保(再春館製薬所)
2
  • 18-21
  • 21-17
  • 21-13
1
  • 川島 美南(ACT SAIKYO)
  • 齋藤 夏(ACT SAIKYO)

上記大会5日目の結果を報告します。

本日は各種目の決勝が行われました。

女子シングルスの仲井は、第1シードのロシア選手と対戦し競り合いで第1ゲームを奪います。
しかし、第2ゲームから相手のショットに対応できず奪われます。第3ゲームも終始リードされてしまい敗退し、準優勝でした。
女子ダブルスは日本人同士の対決となりました。
第1ゲームは川島・齋藤ペアが奪い、第2ゲームは仲井・小野ペアが奪いファイナル勝負となります。第3ゲームは仲井・小野ペアが序盤からリードを保ち勝利し、優勝しました。

これをもちまして全日程が終了致しました。おご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表: 山田 和司)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター