公益財団法人日本バドミントン協会

観戦記 12月23日

令和2年度 第74回 全日本総合バドミントン選手権大会

日程 種目 1コート 2コート 3コート 4コート
12月22日(火) 男子ダブルス・女子ダブルス1回戦 第1日目 1コート 第1日目 2コート 第1日目 3コート 第1日目 4コート
12月23日(水) 男子・女子シングルス 混合ダブルス1回戦 第2日目 1コート 第2日目 2コート 第2日目 3コート 第2日目 4コート
12月24日(木) 全種目2回戦 第3日目 1コート※ 第3日目 2コート 第3日目 3コート 第3日目 4コート
12月25日(金) 全種目準々決勝 第4日目 1コート※ 第4日目 2コート 第4日目 3コート -
12月26日(土) 全種目準決勝 第5日目 1コート※ 第5日目 2コート - -
12月27日(日) 全種目決勝 NHKBSで放送 - - -
※ NHKBSの生放送終了後にLIVE配信開始となります。

12月23日(水)

世界トップレベルの選手が登場。どの試合も見逃せない。

男子シングルス

2020年12月22日町田市立総合体育館にて、日本一を決める全日本総合が開幕した。

桃田賢斗(NTT東日本)、常山幹太(トナミ運輸)、西本拳太(岐阜県バドミントン協会)ら
世界トップランカーは危なげない試合で二回戦進出を果たした。桃田と対戦した森口航士朗(埼玉栄高校3年)は試合後、
「一つ一つのショットが違う。オーラやタッチの速さが違う。同じフォームから打ってくるので、ショットがわからなかった」
と世界ランキング1位を肌で感じつつ、次に向けて気持ちを新たにしていた。

社会人1年目の秦野陸(トナミ運輸)の長身ながらコートを素早く動くプレーには、今後の成長を期待せずにはいられない。
また、常山明良(三菱自動車京都)が社会人ルーキーの川本拓真(日本ユニシス)をファイナルゲームの接戦で退け、どの試合も目が離せない。


桃田賢斗(NTT東日本)
森口航士朗(埼玉栄高校3年)
武井凛生(ふたば未来学園高校2年)
奈良岡功大(IMG)
小本大佑(NTT東日本)
五十嵐優(日本ユニシス)
西本拳太(岐阜県バドミントン協会)
山澤直貴(法政大学)
渡邉航貴(日本ユニシス)
牧野桂大
(日立情報通信エンジニアリング)
緑川大輝(早稲田大学)
小野寺裕介(日本ユニシス)
花田彬(八代東高校3年)
常山幹太(トナミ運輸)
女子シングルス

第8シードまでの選手が順当な勝ち上がりを見せた。

2019年の世界ジュニア選手権シングルス優勝と期待の高校生、郡司莉子(八代白百合学園高校3年)が
池内萌絵(七十七銀行)をストレートで下し、第1シードの山口茜(再春館製薬所)と対戦する。
「(自分は)向かっていく立場、ぶつかっていきたい」と郡司が話せば、
「相手は意識せず、挑戦を受ける側ではなく、対等な選手として戦いたい」と山口が話した。


山口茜(再春館製薬所)
上杉杏(明治大学)
池内萌絵(七十七銀行)
郡司莉子(八代白百合学園高校3年)
佐川智香(筑波大学)
水井ひらり(NTT東日本)
下田菜都美(広島ガス)
海老原詩織(日本ユニシス)
香山未帆(筑波大学)
大堀彩(トナミ運輸)
高橋沙也加(日本ユニシス)
中静朱里(ふたば未来学園高校3年)
佐藤冴香(ヨネックス)
林樂(ACT SAIKYO)
十河茉由(昭和電工マテリアルズ)
川上紗恵奈(北都銀行)
杉野文保(七十七銀行)
奥原希望(太陽ホールディングス)
ミックスダブルス

注目はミックスダブルスに専念した松友美佐紀と金子祐樹(ともに日本ユニシス)のペアは、山澤直貴/山口萌(法政大学)と対戦した。
1ゲーム目序盤は「相手のショットにうまく対応できず焦った」と金子が振り返ったように追いかける展開となる。
対応力と自力の勝る金子/松友が17-19から逆転し、22-20で奪う。
接戦を制した流れで金子/松友が連続ポイントなどで危なげなく奪い、2回戦への駒を進めた。

また、小野寺雅之/吾妻咲弥(早稲田大学)、仁平澄也/上杉夏美(明治大学)の大学生ペアが勝ち上がった。
生き生きした元気のよいプレーに期待したい。


岡村洋輝/星千智(日本ユニシス)
緒方友哉(NTT東日本)/
池内萌絵(七十七銀行)
小林優吾(トナミ運輸)/
志田千陽(再春館製薬所)
鈴木利拓/香山未帆(筑波大学)
金子祐樹/松友美佐紀(日本ユニシス)
山澤直貴/山口萠(法政大学)
村本竜馬/田代愛妃(日本体育大学)
仁平澄也/上杉夏美(明治大学)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター

日本協会オフィシャルサポーター