公益財団法人日本バドミントン協会

結果

グアテマラフューチャーシリーズ

開催地グアテマラ市
期間2022年11月8日~2022年11月13日

男子シングルス

final
  • 菊地裕太(琉球ブルファイツ)
2
  • 21-13
  • 21-16
0
  • Daoudal Tino(フランス)


上記大会 4 日目の結果を報告します。
本日は決勝戦でした。相手はフランスのDaoudal Tino選手との対戦となりました。
1ゲーム目は序盤競り合いになりましたが、中盤から突き放しにかかり21-13と先取しました。
2ゲーム目も点差を開きつつあったものの、21-16と粘り勝ち。
標高1500mということやコートマットの固さなど不慣れな環境での試合でしたが、環境に適応する難しさがあったと思います。これで全ての日程が終了しました。

(日本選手団代表 橋本 暁人)

男子シングルス

Semi final
  • 菊地裕太(琉球ブルファイツ)
2
  • 21-14
  • 21-15
0
  • Ma Justin(アメリカ)


上記大会 3日目の結果を報告します。
本日は準決勝が行われました。
対戦相手は第一シードのアメリカ選手、ジャスティン・マー選手。
序盤は7-7と競りましたが、そこから点差を広げ1ゲーム目は21-14で先取。
2ゲーム目は終始リードを保ちながら21-15と安定のゲーム運びでした。
明日は決勝戦でフランスの選手と対戦します。

(日本選手団代表 橋本 暁人)

男子シングルス

Quarter final
  • 菊地裕太(琉球ブルファイツ)
2
  • 21-8
  • 21-10
0
  • Lai Victor(アメリカ)


上記大会 2日目の結果を報告します。
準々決勝の相手はアメリカの長身選手。
1ゲーム目は序盤から落ち着いた試合運びで相手にペースを握られることなく21-8で先取。
2ゲーム目も相手を圧倒し相手の戦意を喪失するほどの実力差を見せつけ21-10と圧勝
高地での試合ということもあり、先日からのスマッシュのコントロールに苦しみながらも次の試合に
向け、調整を兼ねたゲームコントロールを行いました。
明日は準決勝で全米2位の選手と対戦となります。

(日本選手団代表 橋本 暁人)

男子シングルス

Round32
  • 菊地裕太(琉球ブルファイツ)
  • 棄権
  • Rodriguez Carlos(エルサルバドル)
Round16
  • 菊地裕太(琉球ブルファイツ)
2
  • 21-6
  • 21-8
0
  • Li John(カナダ)


上記大会 1 日目の結果を報告します。
初戦はエルサルバドルのRodriguez Carlos選手が棄権をしたため試合はありませんでした。
2回戦はカナダのLi John選手。序盤から差をつけて5-0と勢いに乗り、終始相手にペースを握らせることもなく1ゲーム目を21-6と余裕のある試合運び。2ゲーム目も相手を寄せ付けることなく21-8と圧勝。
標高が1500mという条件と天井が低い中でコントロールに苦しむかと思いましたが、それらの影響を見せることはありませんでした。
しかし試合後に本人の感覚としてヘアピンが思った以上に伸びることや、スマッシュのコントロールに苦しんだとのことです。
明日は準々決勝でアメリカの長身選手との試合になります。

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター

日本協会未来世代応援パートナー

日本協会オフィシャルサポーター