公益財団法人日本バドミントン協会

結果

インドネシアインターナショナルシリーズ2022

開催地ジョクジャカルタ市
期間2022年9月20日~2022年9月25日

男子シングルス

2回戦
  • 嶺岸 洸(日立情報通信エンジニアリング)
0
  • 17-21
  • 20-22
2
  • YANG Yang (チャイニーズタイペイ)
  • 牧野 桂大(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-15
  • 21-15
0
  • PUTRA Mikael Dwi (インドネシア)
2
  • 18-21
  • 21-19
  • 21-12
1
  • TAN Jia Jie(マレーシア)

男子ダブルス

2回戦
  • 霜上 雄一(日立情報通信エンジニアリング)
  • 野村 拓海(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-11
  • 10-21
  • 21-18
1
  • GUTAMA Sabar Karyaman(インドネシア)
  • ISFAHANI Moh Reza Pahlevi(インドネシア)


「インドネシアインターナショナルシリーズ2022」大会2日目の試合結果を報告します。
本日は各種目の2回戦が行われました。
男子シングルス牧野選手は本日も快勝でした。
小本選手は1ゲーム目終盤の連続ミスで先取されたものの、2,3ゲーム目はスピードを上げ押し切り勝利しました。
嶺岸選手は積極的に攻撃が仕掛けられず、残念ながらストレートで敗退しました。
男子ダブルス霜上・野村ペアは、第1シードのインドネシアペアに、2ゲーム目サービス回りでリズムを奪われましたが、ファイルゲームは落ち着きを取り戻し勝利しました。
明日は、各種目2回戦が行われる予定です。

(日本選手団代表:ハルモノ ユウォノ)

男子シングルス

1回戦
  • 嶺岸 洸(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-13
  • 15-21
  • 21-16
1
  • PAR Tien Ann (マレーシア)
  • 牧野 桂大(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-15
  • 21-15
0
  • CHEN Shao-Hsuan(チャイニーズタイペイ)
2
  • 19-21
  • 21-18
  • 21-13
1
  • MAYANG Muhammad Sultan Nurhabibu (インドネシア)


「インドネシアインターナショナルシリーズ2022」大会1日目の試合結果を報告します。
本日は各種目の1回戦が行われました。
男子シングルス嶺岸選手、牧野選手、小本選手は、序盤こそ風の影響がありコントロールに苦戦しましたが、落ち着いてラリーを展開し3選手ともに勝利しました。
男子ダブルス霜上・野村ペアは、1回戦不戦勝となりました。
明日は、各種目2回戦が行われる予定です。

(日本選手団代表:ハルモノ ユウォノ)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター

日本協会オフィシャルサポーター