公益財団法人日本バドミントン協会

結果

世界ジュニア選手権2019

開催地ロシア・カザン市
期間2019年9月30日~2019年10月13日

準決勝

  • 日本
×
  • 2-3
  • 中国

混合ダブルス

準決勝
  • 熊谷 翔(聖ウルスラ英智)
  • 宮崎 淳美(埼玉栄)
0
  • 6-21
  • 6-21
2
  • FENG Yan Zha(中国)
  • LIN Fang Ling(中国)

女子シングルス

準決勝
  • 郡司 莉子(八代白百合)
2
  • 21-12
  • 21-15
0
  • ZHOU Meng(中国)

男子シングルス

準決勝
  • 川本 拓真(埼玉栄)
2
  • 21-16
  • 14-21
  • 21-12
1
  • LIU Liang(中国)

女子ダブルス

準々決勝
  • 大竹 望月(青森山田)
  • 廣上 瑠依(ふたば未来)
1
  • 12-21
  • 21-17
  • 23-25
2
  • LI Yi Jing(中国)
  • TAN Ning(中国)

男子ダブルス

準決勝
  • 熊谷 翔(聖ウルスラ英智高)
  • 藤澤 佳史(聖ウルスラ英智高)
1
  • 21-15
  • 18-21
  • 15-21
2
  • DI Zi Jian(中国)
  • WANG Chang(中国)


世界ジュニア選手権大会団体戦(5日目)準決勝の試合結果をご報告いたします。
本日は中国との対戦となりました。試合の流れは昨日同様、混合からのスタートでした。
混合ダブルスでは、熊谷・宮崎組が初戦で出場するが、相手の長身からのショットに対応出来ず敗退。
女子シングルスでは、郡司が序盤から自分のペースでゲームを進め、攻守ともに完璧なゲームで勝利。
男子シングルスでは、川本が切れ味の良いショットで相手を翻弄して1ゲーム目を奪う。
2ゲーム目ではミスが続いてしまい落としてしまうが、3ゲーム目でリズムを取り戻し、混戦をものにした。
王手をかけた日本チームは、続く女子ダブルスで大竹・廣上組が出場した。1ゲーム目は、
相手のアタックに対応出来ず落としてしまうが、2ゲーム目から自分達のリズムで相手を崩し奪い返す。
3ゲーム目の中盤までラリーで流れを掴み17-13でリードをするも後半追いつかれてしまう。その後
3回のマッチポイントを取るが勝ち切れず敗退した。2-2で迎えた男子ダブルスでは熊谷・藤澤が出場し、
得意のコンビネーションと藤澤の果敢な前衛で相手を翻弄し、1ゲームを逆転勝ちで先行する。
第2ゲームでは攻防戦になるが、相手のサーブ周りで失点してしまい惜しくも落としてしまう。
第3ゲームの前半は自分たちのテンポゲームを進め11-6と引き離すが、後半14-12から
相手の猛攻を受け、連続失点で流れを失ってしまい残念ながら敗退してしまった。
昨年に引き続き、中国にあと一歩及ばず第3位の結果となりました。
個人戦で、さらに多くのメダルが獲得できるようチーム一丸となり臨みますので、引き続き応援のほど宜しく
お願いいたします。

(日本選手団代表: 本多 裕樹)

準々決勝

  • 日本
  • 3-0
×
  • 韓国

混合ダブルス

準々決勝
  • 熊谷 翔(聖ウルスラ英智)
  • 宮崎 淳美(埼玉栄)
2
  • 21-11
  • 21-15
0
  • JO Min Seong(韓国)
  • KIM Ju Yun(韓国)

女子シングルス

準々決勝
  • 郡司 莉子(八代白百合)
2
  • 21-14
  • 21-15
0
  • SEO Bo Hyun(韓国)

男子シングルス

準々決勝
  • 武井 凜生(ふたば未来)
2
  • 21-16
  • 21-16
0
  • KIM Byung Jae(韓国)

女子ダブルス

準々決勝
  • 大竹 望月(青森山田)
  • 廣上 瑠依(ふたば未来)
  • JEONG Da Yeon(韓国)
  • KIM Ae Lin(韓国)

男子ダブルス

準々決勝
  • 川本 拓真(埼玉栄)
  • 河村 翼(埼玉栄)
  • AN Yun Seong(韓国)
  • LEE Yoo Jun(韓国)


世界ジュニア選手権大会団体戦(4日目)準々決勝の試合結果をご報告いたします。
本日は韓国との対戦となりました。試合の流れは昨日同様、混合からのスタートでした。
熊谷・宮崎は序盤から自分のペースでゲームを進めることができ確実な1ポイントを先取しました。
続く女子シングルスでは、郡司が積極的なゲームで試合を先行し勝利しました。
男子シングルスでは武井が終始自分のペースでラリーを続け勝利しました。
結果として3-0で勝利し準決勝に駒を進めることができました。
明日は中国戦になります。全身全霊で臨み、勝利を勝ち取れるようチームジャパンが一致団結し戦ってきたいと思います。
明日もご声援よろしくお願いします。

(日本選手団代表: 本多 裕樹)

グループリーグ4回戦

  • 日本
  • 4-1
×
  • インド

混合ダブルス

グループリーグ4回戦
  • 熊谷 翔(聖ウルスラ英智)
  • 宮崎 淳美(埼玉栄)
0
  • 18-21
  • 18-21
2
  • BHATNAGAR Ishaan(インド)
  • CRASTO Tanisha(インド)

女子シングルス

グループリーグ4回戦
  • 郡司 莉子(八代白百合)
2
  • 21-9
  • 21-12
0
  • MIR Tasnim(インド)

男子シングルス

グループリーグ4回戦
  • 川本 拓真(埼玉栄)
2
  • 21-17
  • 17-21
  • 23-21
1
  • LUWANG Meiraba(インド)

女子ダブルス

グループリーグ4回戦
  • 鈴木 陽向(埼玉栄)
  • 大澤 佳歩(埼玉栄)
2
  • 21-12
  • 24-22
0
  • JOLLY Treesa(インド)
  • VISWANATH SRI Varshini(インド)

男子ダブルス

グループリーグ4回戦
  • 熊谷 翔(聖ウルスラ英智)
  • 藤澤 佳史(聖ウルスラ英智)
2
  • 21-16
  • 21-14
0
  • KHWAIRAKPAM Manjit Singh(インド)
  • KONTHOUJAM Dingku Singh(インド)


世界ジュニア選手権大会団体戦(3日目)の試合結果をご報告いたします。
本日はインドとの対戦となりました。決勝トーナメントをかけた試合であったため、両国ともに初戦から激しい攻防となりました。
初戦の混合複では、序盤リードされるも攻めの展開で追いつくがミスによる失点で1ゲームを奪われ、2ゲームもリードすることができず敗退。
女子単では、郡司が序盤から積極的に攻め、ストレートで勝ちチームに活力を与えた。
続く男子単では川本のアタックが決まり、1ゲームを先取するが、2ゲームではネットミスが目立ち落としてしまう。
3ゲームは相手に先行され9-14まで離されてしまうが、諦めず攻め続け、大逆転の金星をあげた。
続く女子複では、2ゲーム目の後半追いつかれてしまうが、なんとか突き放し勝利した。
男子複では、序盤こそリードされるが冷静な試合運びでストレートで勝利し、4-1で勝ち切った。
明日は、準々決勝で韓国との試合になります。ご声援のほどよろしくお願いします。

(日本選手団代表: 本多 裕樹)

グループリーグ2回戦

  • 日本
  • 5-0
×
  • アメリカ

混合ダブルス

グループリーグ2回戦
  • 河村 翼(埼玉栄)
  • 廣上 瑠依(ふたば未来)
2
  • 23-21
  • 18-21
  • 21-7
1
  • ZHANG Jacob(アメリカ)
  • WANG Jessica(アメリカ)

女子シングルス

グループリーグ2回戦
  • 郡司 莉子(八代白百合)
2
  • 21-9
  • 21-10
0
  • NGO Katelin(アメリカ)

男子シングルス

グループリーグ2回戦
  • 川本 拓真(埼玉栄)
2
  • 21-8
  • 21-9
0
  • ZHENG Alexander(アメリカ)

女子ダブルス

グループリーグ2回戦
  • 鈴木 陽向(埼玉栄)
  • 大澤 佳歩(埼玉栄)
2
  • 21-15
  • 21-14
0
  • CHI Natalie(アメリカ)
  • NGO Katelin(アメリカ)

男子ダブルス

グループリーグ2回戦
  • 熊谷 翔(聖ウルスラ英智)
  • 藤澤 佳史(聖ウルスラ英智)
2
  • 21-13
  • 21-12
0
  • HU William(アメリカ)
  • YUAN Joshua(アメリカ)

グループリーグ3回戦

  • 日本
  • 5-0
×
  • オーストラリア

混合ダブルス

グループリーグ3回戦
  • 熊谷 翔(聖ウルスラ英智)
  • 宮崎 淳美(埼玉栄)
2
  • 21-15
  • 21-14
0
  • YU Jack(オーストラリア)
  • HE Victoria(オーストラリア)

女子シングルス

グループリーグ3回戦
  • 内山 智尋(ふたば未来)
2
  • 21-5
  • 21-10
0
  • TEOH Kai Qi(オーストラリア)

男子シングルス

グループリーグ3回戦
  • 武井 凜生(ふたば未来)
2
  • 21-8
  • 21-12
0
  • AGUSTINO Rio(オーストラリア)

女子ダブルス

グループリーグ3回戦
  • 大竹 望月(青森山田)
  • 廣上 瑠依(ふたば未来)
2
  • 21-14
  • 21-16
0
  • EA Kaitlyn(オーストラリア)
  • YU Angela(オーストラリア)

男子ダブルス

グループリーグ3回戦
  • 川本 拓真(埼玉栄)
  • 河村 翼(埼玉栄)
2
  • 21-8
  • 21-10
0
  • TANG Ricky(オーストラリア)
  • ZHAO Otto Xing De(オーストラリア)


ロシア カザン市において開催されております、世界ジュニア選手権大会2日目の試合結果をご報告いたします。

本日はグループリーグで第2戦目のアメリカと第3戦目のオーストラリアとの対戦でした。
アメリカ戦では、初戦の混合ダブルスで苦戦するも、ファイナルゲームをものにし勝利しました。
その後の試合も確実にポイントを奪い勝利しました。
オーストラリア戦では、終始ゲームを先行する展開で進めることができ、全種目ストレートで勝利しました。
明日は、グループリーグの最終戦(インド戦)になります。
勝利したチームが決勝トーナメントへ進むことができるので、万全の準備をして臨みたいと思います。

(日本選手団代表: 本多 裕樹)

グループリーグ1回戦

  • 日本
  • 5-0
×
  • アルメニア

女子シングルス

グループリーグ1回戦
  • 栗原 あかり(西武台千葉)
2
  • 21-2
  • 21-4
0
  • MAMAJANYAN Gayane(アルメニア)

男子シングルス

グループリーグ1回戦
  • 稲光 翔太郎(ふたば未来)
2
  • 21-7
  • 21-7
0
  • VARDANYAN Arman(アルメニア)

女子ダブルス

グループリーグ1回戦
  • 宮崎 淳美(埼玉栄)
  • 内山 智尋(ふたば未来)
2
  • 21-6
  • 21-6
0
  • MAMAJANYAN Gayane(アルメニア)
  • TIRATURYAN Elen(アルメニア)

男子ダブルス

グループリーグ1回戦
  • 柴田 拓実(埼玉栄)
  • 西 大輝(乙訓)
2
  • 21-4
  • 21-3
0
  • HARUTYUNYAN Mikayel(アルメニア)
  • VARDANYAN Arman(アルメニア)

混合ダブルス

グループリーグ1回戦
  • 河村 翼(埼玉栄)
  • 廣上 瑠依(ふたば未来)
2
  • 21-4
  • 21-5
0
  • HARUTYUNYAN Mikayel(アルメニア)
  • TIRATURYAN Elen(アルメニア)


ロシア カザン市において開催されております、世界ジュニア選手権大会1日目の試合結果をご報告いたします。

本日はグループリーグ1回目の試合でアルメニアとの対戦でした。
全試合とも危なげなく勝ち、5-0で勝利しました。
会場の雰囲気や風・照明などを確かめたりしながら取り組むことができ、明日に繋がるゲームができたと思います。
明日は、アメリカとオーストラリアとの対戦となります。引き続き最善を尽くしながら試合に臨んでいきたいと思います。
なお、グループリーグは合計4試合をして、1位通過のみが決勝トーナメントへ出場となりますので、ご声援のほどよろしくお願いします。

(日本選手団代表: 本多 裕樹)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター

日本協会オフィシャルサポーター