公益財団法人日本バドミントン協会

結果

バドミントンインドネシアマスターズ2018

開催地インドネシア・パンカルピナン
期間2018年9月18日~2018年9月23日

男子シングルス

1回戦
  • 内 藤 浩 司(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-16
  • 21-19
0
  • KARONO Karono(インドネシア)
  • 丸 尾 亮 太 郎(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-10
  • 21-9
0
  • LIANG Hua Chun(チャイニーズタイペイ)

内藤選手は地元インドネシアの選手と対戦。2ゲーム目終盤の競った勝負所で積極的に攻撃しストレート勝利。丸尾選手はチャイニーズタイペイの選手に対し落ち着いた試合運びで2-0で勝ち、ともに2回戦進出を決めました。

明日は男子シングルス2回戦、女子シングルス、男女ダブルス1回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:廣瀬栄理子)

男子シングルス

2回戦
  • 内 藤 浩 司(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 18-21
  • 21-12
  • 21-18
1
  • ZULKIFFLI Zulhelmi(マレーシア)
  • 丸 尾 亮 太 郎(日立情報通信エンジニアリング)
0
  • 7-21
  • 13-21
2
  • THAMMASIN Sitthikom(タイ)

女子シングルス

1回戦
2
  • 21-9
  • 21-19
0
  • WULANDARI Silivi(インドネシア)
2
  • 14-21
  • 21-19
  • 21-12
1
  • MONINGKA Gabriera Meilani(インドネシア)
  • 山 本 紗 椰(岐阜トリッキーパンダース)
2
  • 21-11
  • 21-9
0
  • BATARI Maharani Sekar(インドネシア)

男子ダブルス

1回戦
  • 竹 内 義 憲(日立情報通信エンジニアリング)
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 25-23
  • 16-21
  • 21-12
1
  • PRIHARDIKA Ghifari Anandaffa(インドネシア)
  • RIYANTO Pramudya Kusumawardana(インドネシア)
  • 塚 本 好 喜(日立情報通信エンジニアリング)
  • 高 野 将 斗(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 棄権
0
  • Vaibhaav.(インド)
  • RAJ Prakash(インド)

女子ダブルス

1回戦
2
  • 21-5
  • 21-13
0
  • KUSUMAH Tania Okutaviani(インドネシア)
  • SUKOCO Vania Arianti(インドネシア)
2
  • 22-20
  • 21-16
0
  • MAHARANI Ayu Gary Luma(インドネシア)
  • RUTRI Aldira Rizki(インドネシア)
2
  • 21-14
  • 21-16
0
  • CINDIANI Metya Inayah(インドネシア)
  • GANI Febby Valencia Dwijayanti(インドネシア)
2
  • 21-11
  • 21-5
0
  • BUDIANI Denisa Dwisyawaliah(インドネシア)
  • ULHAQ Nahla Aufa Dhia(インドネシア)
  • 川 島 美 南(ACT SAIKYO)
  • 松 田 蒼(ウィルソン)
2
  • 21-11
  • 21-19
0
  • FITRIANI Dian(インドネシア)
  • MELATI Nadya(インドネシア)
  • 川 島 里 羅(NTT東日本)
  • 尾 﨑 沙 織(NTT東日本)
2
  • 21-16
  • 21-12
0
  • KUSUMAWATI Lisa Ayu(インドネシア)
  • PUTRI Virni(インドネシア)
  • 今 井 莉 子(岐阜トリッキーパンダース)
  • 荒 木 茜 羽(岐阜トリッキーパンダース)
2
  • 18-21
  • 21-19
  • 22-20
1
  • BERNADET Pia Zebadiah(インドネシア)
  • NURAIDAH Tiara Rosalia(インドネシア)

男子シングルス内藤選手はマレーシア選手と対戦。ファイナルゲームも両者譲らない展開が続きますが、15点以降抜け出し21‐18で勝利しました。丸尾選手は第2シードのタイ選手に、ラリーを展開するものの鋭いショットに崩され惜しくもストレート敗退となりました。

女子シングルス三谷選手は粘る相手選手に対し正確にショットを沈めストレート勝利。山本選手はインドネシア選手に11本、9本で快勝。齋藤選手は1ゲームをとられるも2ゲーム目勝負所を19本で奪うとその後21‐14で勝利をおさめました。

男子ダブルス竹内松居ペアは競った展開になるもファイナルゲームの末勝利。塚本高野ペアはインドペア棄権の為2回戦進出を決めました。

女子ダブルス今井荒木ペアはスタートから一進一退の攻防が続きますが、激戦を制しファイナルゲーム22‐20で勝利しました。櫻本髙畑ペア、新玉渡邉ペア、志田松山ペア、加藤柏原ペア、川島松田ペア、川島尾﨑ペアは、インドネシア選手にストレート勝利をおさめ、2回戦進出を決めました。

明日は男子シングルス3回戦、女子シングルス、男女ダブルス2回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:廣瀬栄理子)

男子シングルス

3回戦
  • 内 藤 浩 司(日立情報通信エンジニアリング)
0
  • 15-21
  • 12-21
2
  • RUMBAY Ikhsan Leonardo Imanuel(インドネシア)

女子シングルス

2回戦
2
  • 21-17
  • 22-20
0
  • PAN Crystal(アメリカ)
2
  • 21-11
  • 21-16
0
  • WARDANI Putri Kusuma(インドネシア)
  • 山 本 紗 椰(岐阜トリッキーパンダース)
2
  • 21-14
  • 21-8
0
  • KUDARAVALLI Sri Krishna Priya(インド)

男子ダブルス

2回戦
  • 竹 内 義 憲(日立情報通信エンジニアリング)
  • 松 居 圭 一 郎(日立情報通信エンジニアリング)
0
  • 17-21
  • 10-21
2
  • KO Sung Hyun(韓国)
  • SHIN Baek Cheol(韓国)
  • 塚 本 好 喜(日立情報通信エンジニアリング)
  • 高 野 将 斗(日立情報通信エンジニアリング)
1
  • 21-23
  • 21-18
  • 13-21
2
  • DHANRIANO Reinard(インドネシア)
  • GUSTIAWAN Hendra(インドネシア)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 19-21
  • 21-11
  • 21-16
1
  • GIOVANI Maretha Dea(インドネシア)
  • MAHMUDIN Masita(インドネシア)
1
  • 21-13
  • 14-21
  • 19-21
2
  • KUSUMA Febriana Dwipuji(インドネシア)
  • SUGIARTO Ribka(インドネシア)
2
  • 21-13
  • 21-9
0
  • MARWAH Nita Violina(インドネシア)
  • SYAIKAH Putri(インドネシア)
2
  • 21-18
  • 21-15
0
  • CHANG Ching Hui(チャイニーズタイペイ)
  • YANG Ching Tun(チャイニーズタイペイ)
  • 今 井 莉 子(岐阜トリッキーパンダース)
  • 荒 木 茜 羽(岐阜トリッキーパンダース)
2
  • 15-21
  • 21-16
  • 21-13
1
  • 川島 美南(ACT SAIKYO)
  • 松田 蒼(ウィルソン)
  • 川 島 里 羅(NTT東日本)
  • 尾 﨑 沙 織(NTT東日本)
2
  • 21-18
  • 18-21
  • 21-17
1
  • AMITRAPAI Savitree(タイ)
  • CHOCHUWONG Pacharapun(タイ)

本日は男子シングルス3回戦、女子シングルス、男女ダブルス2回戦が行なわれました。

男子シングルス内藤選手は、序盤から持ち味である攻撃ショットを繰り出し攻めていきますが、インドネシア選手の粘り強いプレーにリードを奪われ、ストレートで敗退しました。

女子シングルス三谷選手はラリーをする展開になりますが、相手選手を前後に動かし勝利。山本選手、齋藤選手は、スタートから攻撃する展開で2‐0で勝利しベスト8進出を決めました。男子ダブルス竹内松居ペアは、序盤からスピードを上げ攻撃しますが、ミスのない韓国ペアにストレートで敗退。塚本高野ペアはファイナルゲームの末インドネシアペアに敗れました。

女子ダブルス櫻本髙畑ペアはインドネシアペアとの対戦。ファイナルゲーム16‐14とリードされますが、逆転するとその勢いのまま16本で勝利しました。新玉渡邉ペアは1ゲームをとるものの、2ゲーム目に入り勢いのあるインドネシアペアに逆転され、19本で敗退となりました。川島尾﨑ペアは第4シードのタイペアと対戦。ファイナルゲームに入っても積極的に攻撃を重ね、17本で勝利しました。今井荒木ペア対川島松田ペアの対戦では、競った展開の中、ファイナルゲームは今井荒木ペアがリードし13本で勝利をおさめました。志田松山ペア、加藤柏原ペアは安定した試合運びでストレート勝利し、準々決勝進出を決めました。明日は各種目準々決勝が行われます。(日本選手団コーチ:廣瀬栄理子)(日本選手団コーチ:廣瀬栄理子)

女子シングルス

準々決勝
2
  • 21-16
  • 16-21
  • 21-18
1
  • CHOIRUNNISA Choirunnisa(インドネシア)
2
  • 15-21
  • 21-18
  • 21-12
1
  • HARTAWAN Ruselli(インドネシア)
  • 山 本 紗 椰(岐阜トリッキーパンダース)
0
  • 7-21
  • 16-21
2
  • DENG Joy Xuan(ホンコンチャイナ)

女子ダブルス

準々決勝
2
  • 21-14
  • 21-4
0
2
  • 14-21
  • 21-19
  • 21-11
1
  • BARKAH Yulfira(インドネシア)
  • SUGIARTO Jauza Fadhila(インドネシア)
  • 今 井 莉 子(岐阜トリッキーパンダース)
  • 荒 木 茜 羽(岐阜トリッキーパンダース)
2
  • 21-19
  • 21-17
0
  • 川島 里羅(NTT東日本)
  • 尾崎 沙織(NTT東日本)

女子シングルス三谷選手はインドネシア選手にファイナルゲーム17-13とリードを離されますが、その後長いラリーを制すると、連続してポイントを重ね逆転。見事18本で勝利しました。山本選手は第4シードの香港選手と対戦。積極的に動いてラリーを展開しますが、相手選手の長身から繰り出す正確なショットにおされ、2-0で敗退となりました。齋藤選手はミスのないインドネシア選手に対しラリーに持ち込み、ファイナルゲームは落ち着いた試合運びで、粘る相手選手を振り切り12本で勝利。準決勝に進みました。

女子ダブルス志田松山ペアは、パワーのあるインドネシアペアに1ゲームを奪われますが、2ゲーム目を21-19で取るとその勢いのまま21-11で勝利しました。櫻本髙畑ペア対加藤柏原ペアの対戦は、櫻本髙畑ペアが緩急つけた攻撃展開でリードすると、14本、4本でストレート勝利し準決勝進出を決めました。今井荒木ペア対川島尾﨑ペアの対戦は、スタートからスピードを上げ攻撃的な今井荒木ペアが、1ゲーム17-19から逆転しこのゲームをとると、2ゲーム目も17本で勝利しました。明日は各種目準決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:廣瀬栄理子)

女子シングルス

準決勝
2
  • 18-21
  • 21-16
  • 21-19
1
  • DENG Joy Xuan(ホンコンチャイナ)
2
  • 21-18
  • 21-9
0
  • SUSANTO Yulia Yosephin(インドネシア)

女子ダブルス

準決勝
2
  • 21-10
  • 21-12
0
  • 今井 莉子(岐阜トリッキーパンダース)
  • 荒木 茜羽(岐阜トリッキーパンダース)
2
  • 21-14
  • 21-10
0
  • KUSUMA Febrina Dwipuji(インドネシア)
  • SUGIARTO Ribka(インドネシア)

女子シングルス三谷選手は第4シードの香港選手と対戦しました。スタートからお互い厳しいコースにショットを出し合う展開になりますが、ファイナルゲームになり更にスピードを上げた三谷選手が接戦をものにし、19本で勝利。決勝進出を決めました。齋藤選手はインドネシア選手と対戦。粘る相手選手に1ゲーム目は競った展開になりますが、18本でとると2ゲーム目は8本でストレート勝利をおさめました。

女子ダブルス櫻本髙畑ペア対今井荒木ペアの対戦は、1ゲーム目から櫻本髙畑ペアが攻守ともに安定した試合運びで21-10、21-12で勝利しました。志田松山ペアはインドネシアペアと対戦。序盤からミスのない落ち着いた試合運びで、終始リードする展開。2-0で勝利し決勝に進みました。

明日は各種目決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:廣瀬栄理子)

女子シングルス

決勝
2
  • 21-16
  • 21-12
0

女子ダブルス

決勝
2
  • 11-21
  • 21-19
  • 22-20
1

本日は女子シングルス、女子ダブルス決勝が行なわれました。女子シングルス三谷選手と齋藤選手の対戦では、序盤から齋藤選手が緩急つけたショットを厳しいコースに出し、11-8とリードします。そこから三谷選手がスピードを上げ逆転し、その後は正確な配球で16本、12本で勝利。見事優勝を飾りました。

女子ダブルス櫻本髙畑ペア対志田松山ペアの対戦は、志田松山ペアが積極的に攻撃をする展開でリードし、1ゲームを11本で奪います。2ゲーム目に入り、櫻本髙畑ペアがレシーブから攻撃につなげ19本でこのゲームをとると、ファイナルゲームも15点以降一進一退の攻防が続きます。志田松山ペアが先にマッチポイントを握りますが、櫻本髙畑ペアが粘りのプレーで逆転。最後は22-20で接戦をものにし、優勝を遂げました。

本日の試合をもちまして、今大会における日本選手団全ての試合が終了しました。ご声援ありがとうございました。

(日本選手団コーチ:廣瀬栄理子)


日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー