公益財団法人日本バドミントン協会

結果

タイマスターズ2019

開催地タイ・バンコク
期間2019年1月8日~2019年1月13日

男子シングルス

予選1回戦
2
  • 21-17
  • 18-21
  • 21-13
1
  • LEELAVECHABUTR Kantawat (タイ)
予選2回戦
2
  • 21-12
  • 21-12
0
  • BRACKE Elias (ベルギー)

混合ダブルス

予選1回戦
2
  • 19-21
  • 22-20
  • 21-15
0
  • VIRIYANGKURAT anupat (タイ)
  • SUDJAIPRAPARAT Kwanchanok (タイ)

男子シングルスの渡邉航貴選手、混合ダブルスでは久保田、松山組が予選の試合となりました。男子シングルの渡邉選手は危なげなく予選の1・2回戦を突破いたしました。

混合ダブルスの久保田・松山組はタイの選手と試合しました。1ゲーム目の序盤から点数を離され苦しい試合になりましたが2ゲーム目16-19の劣勢な点数から松山選手がネット前を制し久保田選手の強打に繋げ逆転勝ちをしました。

明日は各種目本選1回戦が行われます。

(日本選手団代表:早川 賢一)

男子シングルス

1回戦
1
  • 17-21
  • 21-17
  • 19-21
2
  • KHOLIK Firman Abdul (インドネシア)
2
  • 12-21
  • 21-18
  • 21-13
1
  • SOONG Joo Ven (マレーシア)

女子シングルス

1回戦
2
  • 21-9
  • 21-13
0
  • JAKKA Vaishnavi Reddy (インド)
2
  • 21-19
  • 21-13
0
  • JAQUET Sabrina (スイス)

男子ダブルス

1回戦
2
  • 21-15
  • 21-10
0
  • KAN Chao Yu(チャイニーズ・タイペイ)
  • LIAO Chi-Hung (チャイニーズ・タイペイ)
0
  • 10-21
  • 15-21
2
  • LIN Chia Yu(チャイニーズ・タイペイ)
  • YANG Ming-Tse(チャイニーズ・タイペイ)
1
  • 21-12
  • 11-7
  • 棄権
0
  • MAK Hee Chun (ホンコン・チャイナ)
  • TANG Chun Man(ホンコン・チャイナ)
  • 竹内 義憲(日立情報通信エンジニアリング)
  • 松居 圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 23-21
  • 11-21
  • 24-22
1
  • GICQUEL Thom (フランス)
  • LABAR Ronan (フランス)
  • 高野 将斗(日立情報通信エンジニアリング)
  • 塚本 好喜(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 21-19
  • 21-16
0
  • LANE Ben(イングランド)
  • VENDY Sean (イングランド)

女子ダブルス

1回戦
2
  • 21-10
  • 18-21
  • 21-16
1
  • DELRUE Delphine(フランス)
  • PALERMO Lea(フランス)

混合ダブルス

1回戦
0
  • 11-21
  • 9-21
2
  • LANE Ben(イングランド)
  • PUGH Jessica (イングランド)

男子シングルの渡邉選手はマレーシアの選手と対戦しました。1ゲームから相手の早い攻撃に対応できず取られますが2ゲーム以降相手の足をしっかりと止め逆転勝利しました。

男子ダブルスでは古賀・齋藤組と対戦した香港選手の棄権により明日の2回戦に駒を進めた。竹内・松居組はフランスの選手と対戦しました。3ゲームマッチポイイントを取られながらも最後まで諦めずに攻撃を仕掛け逆転勝利しました。

女子ダブルスの志田・松山組は1ゲーム簡単に選手しますが2ゲームは風下になり相手の攻撃をレシーブできず取られますが3ゲームは相手に攻撃させないプレーをし勝利しました。

明日は各種目本選2回戦が行われます。

(日本選手団代表:早川 賢一)

男子シングルス

2回戦
0
  • 21-23
  • 17-21
2
  • LU Guangzu(中国)

女子シングルス

2回戦
2
  • 21-17
  • 21-17
0
  • CAI Yanyan(中国)
1
  • 6-21
  • 21-13
  • 10-21
2
  • LI Michelle(カナダ)

男子ダブルス

2回戦
1
  • 21-19
  • 14-21
  • 16-21
2
  • ARIF Mohamad Arif Ab Latif(マレーシア)
  • AZRIYN Nur Mohd Azriyn Ayub (マレーシア)
2
  • 21-17
  • 21-12
0
  • PANGKARYANIRA Wahyu Nayaka ARYA(インドネシア)
  • SANTOSO Ade Yusuf(インドネシア)
  • 竹内 義憲(日立情報通信エンジニアリング)
  • 松居 圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)
2
  • 28-26
  • 21-16
0
  • CHIA Aaron(マレーシア)
  • SOH Wooi Yik(マレーシア)
  • 高野 将斗(日立情報通信エンジニアリング)
  • 塚本 好喜(日立情報通信エンジニアリング)
0
  • 17-21
  • 13-21
2
  • GOH V Shem(マレーシア)
  • TAN Wee Kiong(マレーシア)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 21-13
  • 21-7
0
  • KOREPAP Chasinee(タイ)
  • SUDJAIPRAPARAT Kwanchanok(タイ)

女子シングルの川上選手は第4シードの中国選手と対戦しました。1ゲームはうまくロビングの高さを使い相手のミスを誘い先取します。2ゲームからは相手もミスせず粘り強くプレーしますが、最後は川上選手がスピードをあげ勝利しました。

男子ダブルスの古賀・齋藤組は第4シードのインドネシアペアと対戦いたしました。1ゲーム序盤から古賀選手が前で捕まえ齋藤選手の強打に繋げ先取すると2ゲームも流れが変わることなく勝利しました。

女子ダブルスの志田・松山組はタイの選手と対戦しますが危なげなく勝利しました。

明日は各種目準々決勝が行われます。

(日本選手団代表:早川 賢一)

女子シングルス

準々決勝
1
  • 17-21
  • 21-10
  • 13-21
2
  • ONGBAMRUNGPHAN Busanan(タイ)

男子ダブルス

準々決勝
2
  • 16-21
  • 21-12
  • 21-7
1
  • DI Zijian (中国)
  • WANG Chang(中国)
  • 竹内 義憲(日立情報通信エンジニアリング)
  • 松居 圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)
1
  • 21-16
  • 12-21
  • 14-21
2
  • LU Ching Yao(チャイニーズ・タイペイ)
  • YANG Po Han(チャイニーズ・タイペイ)

女子ダブルス

準々決勝
0
  • 22-24
  • 12-21
2
  • LI Wenmei(中国)
  • ZHENG Yu(中国)

女子ングルスの川上選手は、第8シードのタイの選手と対戦しました。1ゲームずつ取り合い迎えた3ゲ―ム9-9から決め急ぎ連続ポイントを取られ敗退しました。

男子ダブルスの古賀・齋藤組は中国のペアと対戦しました。1ゲーム相手の早い攻撃についていけず取られますが2ゲーム以降スピードを上げ先に攻撃をしかけリズムをつかみ逆転で勝利しました。

明日は各種目準決勝が行われます。

(日本選手団代表:早川 賢一)

男子ダブルス

準決勝
0
  • 12-21
  • 10-21
2
  • GOH V Shem(マレーシア)
  • TAN Wee Kiong(マレーシア)

男子ダブルスの古賀・齋藤組は第1シードのマレーシア選手と対戦しました。1ゲームからサーブ周りで優位にたたれ攻撃を無理やり仕掛けミスを連続でしてしまい取られると、2ゲ―ムに入っても流れが変わらず攻撃を先にされ敗退しました。

本日をもちまし全日本選手団の試合が、終了いたしました。

ご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表:早川 賢一)


日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー