公益財団法人日本バドミントン協会

結果

バドミントンインドジュニア2019

開催地インド・プネー
期間2019年8月29日~2019年9月1日

女子シングルス

決勝
  • 郡司 莉子(八代白百合高)
1
  • 19-21
  • 21-18
  • 21-23
2
  • AIMSAARD Benyapa(タイ)

男子ダブルス

決勝
  • 川本 拓真(埼玉栄高)
  • 河村 翼(埼玉栄高)
1
  • 21-17
  • 16-21
  • 21-23
2
  • OOI Jhy Dar(マレーシア)
  • YAP Roy King(マレーシア)

女子ダブルス

決勝
  • 大澤 佳歩(埼玉栄高)
  • 鈴木 陽向(埼玉栄高)
2
  • 13-21
  • 21-15
  • 21-14
1
  • CHOEIKEEWONG Pornpicha(マレーシア)
  • SUWATNODOM Pornnicha(マレーシア)


上記大会 4 日目の結果を報告します。

女子単の郡司は第1シードのタイの選手と対戦しました。
序盤から一進一退の攻防が続き、第1ゲームを19本で落とし、第2ゲームは18本で取り返しました。
第3ゲームに入っても、お互いに譲らず、11-9で折り返しました。後半に入り20-17としましたが、逆転を許して21-23で敗退しました。
男子複の川本/河村組はマレーシアのペアと対戦しました。第1ゲームを先取しましたが、
第2ゲームに入り、サーブ場面での失点が多く、中々自分たちのリズムでプレーできずに最後はファイナル21-23で敢え無く敗退しました。
女子複の大澤/鈴木組はタイのペアと対戦し、第1ゲームを先取されましたが、
第2ゲーム以降は攻撃が上手くかみあい、15本、14本で勝利して優勝しました。

結果、金メダル1個、銀メダル2個、銅メダル2個を獲得しました。
シャトルコントロールに苦しみながら、選手たちは大健闘しました。
ご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表   友金幸雄)

男子シングルス

準々決勝
  • 稲光 翔太郎(ふたば未来学園高)
2
  • 21-17
  • 21-19
0
  • SUBRAMANIAN S.Sankar Muthusamy(インド)
準決勝
  • 稲光 翔太郎(ふたば未来学園高)
0
  • 19-21
  • 19-21
2
  • ONG Ken Yon(マレーシア)

女子シングルス

準々決勝
  • 髙橋 美優(青森山田高)
0
  • 18-21
  • 16-21
2
  • AIMSAARD Benyapa(タイ)
  • 郡司 莉子(八代白百合高)
2
  • 21-11
  • 21-13
0
  • JOLLY Treesa(インド)
準決勝
  • 郡司 莉子(八代白百合高)
2
  • 21-12
  • 21-18
0
  • POVANON Atitaya(タイ)

男子ダブルス

準々決勝
  • 川本 拓真(埼玉栄高)
  • 河村 翼(埼玉栄高)
2
  • 21-12
  • 21-16
0
  • ONG Ken Yon(マレーシア)
  • W M ARIF Shaharuddin Junaidi(マレーシア)
準決勝
  • 川本 拓真(埼玉栄高)
  • 河村 翼(埼玉栄高)
2
  • 21-16
  • 18-21
  • 22-20
1
  • KHWIRAKPAM Manjit Singh(インド)
  • KONTHOUJAM Dingku Singh(インド)

女子ダブルス

準々決勝
  • 大澤 佳歩(埼玉栄高)
  • 鈴木 陽向(埼玉栄高)
2
  • 21-13
  • 21-9
0
  • GO Pei Kee(マレーシア)
  • TEOH Le Xuan(マレーシア)
  • 郡司 莉子(八代白百合高)
  • 髙橋 美優(青森山田高)
0
  • 20-22
  • 15-21
2
  • BHATT Aditi(インド)
  • CRASTO Tanisha(インド)
  • 大澤 佳歩(埼玉栄高)
  • 鈴木 陽向(埼玉栄高)
2
  • 21-19
  • 21-15
0
  • JOLLY Treesa(インド)
  • VISWANATH Varshini(インド)

混合ダブルス

準々決勝
  • 河村 翼(埼玉栄高)
  • 鈴木 陽向(埼玉栄高)
2
  • 21-13
  • 21-9
0
  • SUBRAMANIAN S.Sankar Muthusamy(インド)
  • SUBRAMANIAN S.S.Lakshmi Priyanka(インド)
  • 川本 拓真(埼玉栄高)
  • 大澤 佳歩(埼玉栄高)
0
  • 9-21
  • 10-21
2
  • MAKKASASITHORN Ratchapol(タイ)
  • AIMSAARD Benyapa(タイ)
準決勝
  • 河村 翼(埼玉栄高)
  • 鈴木 陽向(埼玉栄高)
1
  • 21-18
  • 17-21
  • 14-21
2
  • BHATNAGAR Ishaan(インド)
  • CRASTO Tanisha(インド)


上記大会 3 日目の結果を報告します。

男子単の稲光は準々決勝で地元の選手に2-0で勝利しました。
準決勝でマレーシアの選手に善戦しましたが、接戦の末に敗退しました。
女子単の郡司は準々決勝、準決勝を安定した力を発揮して勝利しました。
髙橋は準々決勝で第1シードのタイの選手と対戦しました。
長身からのショット苦戦してミスが目立ち、0-2で敗退しました。

男子複の川本/河村組はマレーシアペアに2-0で勝利し、準決勝ではインドのペアに一時は流れを持っていかれましたが、
第3ゲームの17-19から逆転し、勝利しました。
女子複の大澤/鈴木組はマレーシアのペアを圧倒して勝利すると、続くインドのペアにも2-0で勝利して決勝進出を決めました。
郡司/髙橋組はインドのペアに第1ゲームを逆転されて20-22で落とし、第2ゲームに入り、
中々調子が上がらないまま15点で取られて敗退しました。
混合複の川本/大澤組はタイのペアと対戦しましたが、相手のスピードに翻弄され0-2で敗退。
河村/鈴木組はインドのペアに快勝し、準決勝ではインドのペアと対戦し、第1ゲームを先取しましたが、
第2、第3とミスが目立って敢え無く敗退しました。

明日は各種目の決勝が行われ、女子単の郡司、男子複の川本/河村組、女子ダブルスの大澤/鈴木組が出場します。
引き続き、応援よろしくお願いいたします。

(日本選手団代表   友金幸雄)

男子シングルス

1回戦
  • 稲光 翔太郎(ふたば未来学園高)
2
  • 22-20
  • 21-13
0
  • R.Vikash Prabhu.(インド)
2回戦
  • 稲光 翔太郎(ふたば未来学園高)
2
  • 22-20
  • 21-13
0
  • GURBANI Rohan(インド)

女子シングルス

1回戦
  • 髙橋 美優(青森山田高)
2
  • 21-17
  • 21-9
0
  • SINGH Deepshikha(インド)
  • 郡司 莉子(八代白百合高)
2
  • 21-14
  • 21-12
0
  • MOTAPI Keyura(インド)
2回戦
  • 髙橋 美優(青森山田高)
2
  • 17-21
  • 21-18
  • 21-18
1
  • MIR Tasnim(インド)
  • 郡司 莉子(八代白百合高)
2
  • 21-9
  • 21-10
0
  • SRIVASTAVA Likhita(インド)

男子ダブルス

2回戦
  • 川本 拓真(埼玉栄高)
  • 河村 翼(埼玉栄高)
2
  • 21-17
  • 21-17
0
  • HARI Arunesh(インド)
  • S. Gokul(インド)

女子ダブルス

2回戦
  • 大澤 佳歩(埼玉栄高)
  • 鈴木 陽向(埼玉栄高)
2
  • 21-6
  • 21-5
0
  • NAHAR Tina(インド)
  • YADAV Anushka(インド)
  • 郡司 莉子(八代白百合高)
  • 髙橋 美優(青森山田高)
2
  • 21-5
  • 21-6
0
  • BHATT Ranjana(ネパール)
  • RAJBANSHI Sima(ネパール)

混合ダブルス

1回戦
  • 河村 翼(埼玉栄高)
  • 鈴木 陽向(埼玉栄高)
2
  • 21-17
  • 21-18
0
  • ONG Ken Yon(マレーシア)
  • TEOH Le Xuan(マレーシア)
  • 川本 拓真(埼玉栄高)
  • 大澤 佳歩(埼玉栄高)
2
  • 21-1
  • 21-3
0
  • KUSAL Guna(ウガンダ)
  • CHETAN MODI Diya(ウガンダ)
2回戦
  • 河村 翼(埼玉栄高)
  • 鈴木 陽向(埼玉栄高)
2
  • 21-16
  • 19-21
  • 21-17
1
  • H.V. Nithin(インド)
  • GURAZADA Srivedya(インド)
  • 川本 拓真(埼玉栄高)
  • 大澤 佳歩(埼玉栄高)
2
  • 21-12
  • 24-22
0
  • KONTHOUJAM Dingku Singh(インド)
  • YATHEESH Drithi(インド)


上記大会 2 日目の結果を報告します。

本日は各種目の2回戦までが行われました。
苦しい場面もありましたが、出場選手全員が勝ち上がり、ベスト8入りを果たして、
明日の準々決勝に挑みます。

引き続き、ご声援よろしくお願いいたします。

(日本選手団代表   友金幸雄)

男子ダブルス

1回戦
  • 川本拓真(埼玉栄高)
  • 河村翼(埼玉栄高)
2
  • 21-14
  • 21-9
0
  • PANDEY Bhawesh(インド)
  • THAKUR Akash(インド)

女子ダブルス

1回戦
  • 郡司莉子(八代白百合高)
  • 髙橋美優(青森山田高)
2
  • 21-9
  • 21-13
0
  • GURAZADA Srivedya(インド)
  • YANAMANDRA Sai Shriya(インド)


上記大会 1 日目の結果を報告します。

本日より9/1までインド共和国プネー市で上記大会が行われます。
プネー市は標高600mの高地にあり、気圧と空調の風の非常にシャトルコントロールの難しい中での大会となりました。
本日は各種目の予選と男女ダブルスの1回戦が行われました。
男子ダブルスの川本/河村組と女子ダブルスの郡司/髙橋組は共に1回戦を2-0で勝利しました。

(日本選手団代表  友金幸雄)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター